切れ毛がひどい!なんとか治す方法って無いの!?

ちょっとブラッシングすると切れ毛がたくさん!あまりに多いと、髪全体の印象、シルエットも変わってしまいますよね。あちらこちらでプツプツ切れた跡があると、いかにもダメージヘアという印象になってしまいます。

治したいのは山々なんだけれど、一体何から始めればいいのでしょう。普段のケア、何が間違っていたのかも分からない!そんな方も多いと思います。

切れた髪を修復することはほぼ不可能です。切れ毛が多くなったからといって慌ててトリートメントをし始めても、残念ながら間に合いません。

切れ毛を治すにはもっと根本的なところを改善しなくてはいけません。効果が表れるのも時間がかかると思います。根気よく続けて、確実に切れ毛を減らしていくことが大切ですよ。

【原因】こんな習慣が切れ毛を生む!

切れ毛って実は何気ない習慣から生まれてしまうと言われています。特に「お風呂上りの髪の扱い」によって切れ毛になるかどうかが決まります。濡れた髪はとっても繊細です。濡れている髪をどう扱うかによって、ダメージになるのかケアになるのかが変わってきます。

特に、お風呂上りの髪は自然乾燥ですという方、それってただのダメージになってますよ。自然乾燥は髪にとって最大の敵です。今日からきちんとドライヤーで乾かすよう心掛けて下さい。

B-48

自然乾燥だけではありません。他にも濡れた髪にはしてはいけない行為がたくさん。強くタオルで髪を擦っていませんか?濡れた髪のまま寝転がっていませんか?濡れた髪にブラシを通していませんか?これ、全部NG行為。

特に自然乾燥が髪にとってダメージとなってしまうのか、その理由は髪の性質にあります。髪は濡れると、キューティクルというカバー、皮がもろくなってしまうのです。髪を守っているカバーがもろくなれば熱や摩擦など、ダメージが内部に伝わりやすくなってしまいますよね。

そしてダメージを受けやすくなると同時に、髪が持っている水分や栄養まで外へ漏れ出てしまうでしょう。お城の壁が破られれば敵が侵入しやすくなり、中にいた兵士も次々と捕まってしまいますよね。髪は城の中で大切に栄養を蓄え、キューティクルという外壁で守られているのです。

とにかくお風呂上りの髪は手荒に扱わず、できるだけ早めにドライヤーで乾かしましょう。一番ダメな例はゴシゴシとタオルドライして、そのまま寝てしまうことです。切れ毛だけでなく様々な髪トラブルに繋がってしまいますよ。

つまり濡れている時間が長いほど、髪はダメージを受けっぱなしという状態なのです。髪内部に直接ダメージを受けているのでどんどん傷みが蓄積されていきます。傷みが蓄積して一番もろくなったところから髪が切れてしまい「切れ毛」となるのです。

→【より時短・よりキレイに】ドライヤー選び&使い方はこちらで。

切れ毛のメカニズムが分かれば、対策も見えてくる!

髪は、頭皮の内側で栄養をたくさん蓄えてから伸びてきます。頭皮の下にはもちろん血管があって、血に含まれる栄養を吸って髪は栄養を蓄えていくのです。ですが、十分に栄養が与えられなかった髪はどうしてももろく、弱い髪のまま伸びていくことになりますよね。

栄養が足りていない髪はやはり伸びれば伸びるほど、弱い箇所が顕著に表れてきてしまいます。髪の栄養が足りていない、弱いところに衝撃が加われば切れてしまうのです。切れ毛は髪の中で一番弱いところ、ダメージが蓄積しているところで発生するということですね。

C-81

C-82

例えば太い綱をイメージしてください。外見は丈夫そうな綱でも、中身がスカスカであれば引っ張ると切れてしまいます。一方、ちょっと古めかしい綱でも中身がしっかりしていれば、引っ張っても切れない丈夫な綱になります。

そういえば、運動会で使われてた綱引き用の綱って、外見はボロボロでしたよね。でもしっかり編み込まれた丈夫な綱だったので、どんなに引っ張ても切れることはありませんでした。

つまり切れ毛の少ない髪は「栄養たっぷりに育てられた」「ダメージが蓄積されていない」髪ということなのです。栄養不足で弱々しく、日々ダメージが蓄積されれば弱いところから髪は切れてしまいます。「修復すること」に注目されがちですが「丈夫な髪を守ること」が切れ毛対策のポイントです。

切れ毛を治すために!当たり前のことからきちんとやってみよう

それでは本題です。切れ毛を治すために、防ぐためにしておきたいこととは一体なんでしょう。意外にもとっても当たり前のことをきちんと徹底するだけでも、切れ毛は治すことができます。

それは「ダメージを最小限にすること」と「食生活を整えること」です。この二つが切れ毛対策にはもっとも有効だと思います。根気よく、半年から1年は継続して実践していきましょう。

ひとつめの「ダメージを最小限にすること」ですが、これは特にドライヤーやヘアアイロンといった「熱」というダメージへの対処についてです。例えば、毎日行うドライヤーもやり方ひとつで髪へのダメージはかなり変わっていきます。

まずは、ドライヤー前の濡れた髪に洗い流さないトリートメントをつけて髪を保護してあげましょう。洗い流さないトリートメントを使う一番のメリットは「髪への熱ダメージを軽減してくれること」にあります。髪一本一本をトリートメントでラップしてあげているようなイメージですね。

C-8

よく「洗い流さないトリートメントで髪を補修している」と勘違いしている方がいます。私も以前はそう思っていました。ですが、洗い流さないトリートメントはあくまで「ダメージ予防」のためのアイテムです。熱を加える前に使うのがベストですよ。

→【パサパサがウルツヤに】洗い流さないトリートメントを使った方がいい理由&選び方、詳しくはこちら。

そして、ドライヤーの使い方にも注意が必要です。ドライヤーは至近距離で当て続けると100度近くまで温度が上がると言われています。ダメージが蓄積されて傷んでいる箇所に100度近い熱が加わるとどうなるでしょうか。当然、もろくなり切れやすくなってしまいますよね。

ドライヤーは距離を取れば取るほど、熱は上がりにくくなっていきます。10~15センチ以上離せば髪にダメージを与えにくくなるなると言われています。更に、ドライヤーの最後には冷風モードに切り替えて、髪全体を乾かすと良いです。つまり、急激に熱を加えすぎず、速やかに髪を乾かすことで髪へのダメージを最小限に抑えることができるのです。

ドライヤーだけでなくヘアアイロンも同じです。毎日ドライヤーとヘアアイロンでダブルの熱攻撃を加えているとどうしても髪は傷んでしまします。ですが、ヘアアイロンはとっても便利なアイテムです。いきなりアイロン無しというのは難しいでしょう。

今はドラッグストアでも「ヒートプロテクト剤」を購入することが可能です。ぜひヒートプロテクト剤で髪をコーティングしてからアイロンをかけるようにしましょう。ヒートプロテクト剤とは、熱から髪を守るスタイリング剤です。

D-23

D-18

スタイリング剤はワックスや、ヘアスプレー、ムースと様々です。髪を固めるために使うもの、まとめやすくするために使うものなどなど。中には「アイロンの熱から守る」「ヒートプロテクト処方」と書かれているスタイリング剤があります。

ヒートプロテクト剤はローションタイプやスプレータイプが多いかと思います。髪をヒートプロテクト剤でコーティングしてくれるためアイロンによる熱を軽減してくれます。更にヒートプロテクト剤の多くは、アイロンを1回通しただけで形をしっかり決めてくれるような効果もあるのです。

つまり、アイロンをあてる回数を最小限に抑えながら髪を熱のダメージから守ってくれるのがヒートプロテクト剤。アイロン前には欠かせないアイテムだと言えますね。

何事も「予防」は大切です。髪が熱にさらされることは、もはや避けて通れません。一度壊れたものを修復ことはとても大変です。ですが、予防してダメージを最小限に抑えておけば、修復作業も楽になりますよね。

【ポイントまとめ】ドライヤー前には洗い流さないトリートメントで髪を守ること。ドライヤーと髪の距離はできるだけ離すこと。アイロン前にヒートプロテクト剤をつけて髪を熱から守ること。

切れ毛予防は食生活から!ホルモンバランスを整えよう

A-39

食事を見直すことは、体の異変を改善させる上で一番大切なことかもしれません。それはもちろん、髪の悩みでも同じこと。特に女性の髪の悩みはホルモンバランスが大きく関係していることが多いです。

ホルモンバランスとは女性ホルモンと男性ホルモンのバランスのこと。女性ホルモンが多ければ、女性らしい体になります。ですが、ストレスや食生活の乱れによって女性ホルモンが減ってしまうことがあるのです。「突然抜け毛が増えた」「切れ毛が多くなった」という髪の悩みはこの女性ホルモンの減退が原因である可能性が高いと言われています。

髪が長い、豊富な髪の量、これはまさに女性のシンボルですよね。この女性のシンボルを支えているものこそが、女性ホルモンだということはご存知でしたか?「髪を増やせ」「髪を伸ばせ」と命令をしているのは女性ホルモンの役割なんですよ。

つまり、女性らしい髪を作るためにはホルモンバランスを整えることがとても大切なのです。そして、栄養が偏ったり不足すれば女性ホルモンの働きが弱くなってしまいます。

とはいえ、忙しいOLさんが自炊を増やそうとしてもなかなか厳しいものがありますよね。手軽に食事に加えられるもので女性ホルモンの働きを助けていきましょう。まずひとつめはやっぱり大豆食品。豆腐に味噌、納豆などなど。冷ややっこなどをちょっとプラスするだけでもいいでしょう。

次はです。焼き魚などは手間がかかってしまいます。お刺身を食生活に取り入れるだけでも栄養バランスは良くなりますよ。特に女性にとって必要だと言われているビタミンを多く含むのはマグロやカツオといった赤身の魚です。カルパッチョにして食べるとおいしいですよね。

最後はやっぱりフルーツ。ビタミンはストレスに強い体を作ってくれます。女性は特にストレスによってホルモンバランスが崩れてしまうことが多いです。ミカンやリンゴ、朝ごはんにグレープフルーツを食べるのもいいですね。積極的にフルーツを食べると身も心も元気になりますよ。

【ポイントまとめ】あなたの切れ毛はホルモンバランスの乱れが原因なのかも。大豆や魚、フルーツを積極的に摂取してホルモンバランスを整えることが大切。

まとめ

いかがでしょうか。

いえーいゆか

・切れ毛とはは日々のダメージが蓄積して、髪が切れやすくなってしまう現象。

・切れ毛予防には洗い流さないトリートメントなども活用して、正しくドライヤー・ヘアアイロンをすることが大切。

・食生活も改善させてホルモンバランスを整えることも切れ毛予防には大切。


書かれていることはもしかすると、当たり前のことなのかもしれませんね。でも意外と「ちゃんと髪を乾かす」「ちゃんと栄養のある物を食べる」って毎日徹底しようと思うと難しいものです。ついついさぼって、生乾きのまま寝てしまったり。気づいたら毎日コンビニ弁当だったり。髪は今の体調、心が反映されやすいものなのかもしれません。切れ毛などのヘアトラブルに悩んだ時には生活を見つめ直した方がいいかもしれませんね。


【あなたの髪の悩みを解決】
【ヘアケアシャンプーランキング2019】

パーマ・カラーをきれいに長持ち♪
きれいな髪と頭皮はシャンプーから!