薬用?医薬部外品?そういえば何が違うの?

D-21

ドラッグストアで増えている薬用シャンプー。なんだかとっても効果が高そうですね。フケやかゆみ、薄毛、育毛などなど。

様々な悩みを解決してくれそうな薬用商品。でも「医薬部外品」という言葉もCMでよく耳にします。あれ?薬用と医薬部外品って何が違うんだっけ?

医薬品、医薬部外品、薬用と並べてみると差がよく分からなくなってきます。ちょっとヘアトラブルに悩み始めて薬用シャンプーを買ってみようかなという方、今一度違い・効果を考えてみましょう。

医薬部外品=薬用!分かりやすくするためのキャッチコピーが「薬用」

まず「医薬部外品のシャンプー」と「薬用シャンプー」の違いはご存知でしょうか。私は知りませんでした。薬用って言う位だから「薬のように治療できる商品なのかな」程度の認識でした。

実は「医薬部外品」と「薬用」は同じ意味で使われていることがほとんどです。「薬用」は俗語で「医薬部外品」の方が専門用語として使われていることが多いような気がしますね。「薬用」と表記されている商品のほとんどが「医薬部外品」である場合が多いです。

医薬部外品の定義とは、具体的に言うとこんな感じ。「厚生労働省が認めた有効成分が一定量含まれている商品」が医薬部外品と呼べる定義。医師からの処方は必要が無いという点も医薬部外品の特徴でしょう。反対に医師からの処方箋が必要な薬は「医薬品」と呼ばれています。このように、医薬部外品には「有効成分」という欄が必ずあります。

B-9

つまり、国が効果を認めている有効成分がある程度入っているが病院に行かなくても手に入るのが医薬部外品というわけ。ですが「これは医薬部外品のシャンプーです」と言われてもピンときませんよね。そこで「薬用シャンプー」と宣伝されることが多いのです。

意外かもしれませんが、「薬用」と表記することに明確な定義は無いようなのです。素人にも「効果が高そう」とイメージしてもらいやすいように生まれたのが「薬用」という言葉なのかもしれませんね。確かに「医薬部外品」って「なんだ医薬品じゃないのか、効果が低いのかな」という印象を受けます。言葉って不思議ですね。

フケで悩んだらとりあえず薬用シャンプー?本当に効果的なの?

ヘアケア関係の商品で「医薬部外品」の商品といえば何を思い浮かべますか?やっぱり「フケ・かゆみに効く薬用シャンプー」でしょうか。最近はフケ専用のシャンプーも種類が増えてきました。

ただ、ドラッグストアのフケ・かゆみ用のシャンプーを手に取る前にもう一度考えてみましょう。フケやかゆみで悩んでいる場合、シャンプーだけで本当に解決できるのでしょか。「医薬部外品」の意味を思い出してみて下さい。

「厚生労働省が認めた有効成分が一定量含まれている商品」が医薬部外品です。効果を証明しているという意味ではなく「医薬部外品=治療ができる」わけではありません。やはり原因についてしっかり調べ症状に合わせて処方してもらえる「医薬品」の方が効果は大きいはずですよね。

一言に「フケ」と言っても原因は様々です。頭皮が脂っぽくなってしまうタイプ、頭皮がカサカサになってしまうタイプ、頭皮が真っ赤になってかゆみが強いタイプなどなど。たまたま相性の良い商品と出会う方もいるようですが、自己判断と医薬部外品だけで治療することはとても難しいでしょう。

特に「フケがひどく、頭皮が赤くなっている」ような症状が出てしまっているのであれば、皮膚科を受診することが先決です。皮膚科を受診するべき理由としては皮膚炎を発症している可能性が高いから。内服薬も併用して治療をすることが改善への近道だと言えます。

「じゃぁ、医薬部外品を使う効果的なタイミングって?」と疑問に感じるかもしれませんね。医薬部外品、薬用シャンプーは予防策として活用するのが正しいでしょう。乾燥肌でフケが出やすいという場合、症状が出ないように医薬部外品を活用するのがベスト。症状がひどくなってしまっている場合はぜひ医療機関を受診して「医薬品」で治療するようにしましょう。

薄毛で悩んだら薬用スカルプシャンプー?若い女性のスカルプケアには要注意

また、最近は「薬用スカルプケア」という商品も流行っていますね。「スカルプ」と聞くとなんだか頭皮のケアができそうなイメージ。ちょっと髪の元気がない、髪にボリュームが無くなってきたという方に人気のようです。

以前は男性向けのスカルプケア商品が多かったものの、女性用も増えてきました。スカルプとは頭皮という意味なので頭皮のサイクルを整えて、髪を土台から元気にしようという趣旨の商品だということでしょう。なるほど、健康な髪は健康な頭皮からということですね。

ですが、「髪にコシがない」「ボリュームがない」という理由でまずスカルプ系の商品を試すのはちょっと遠回りかもしれませんよ。特に女性の髪の悩みは、頭皮だけの問題でない場合が多いのです。実は女性特有の体の悩みが髪の悩みと密に関係しているんです。

女性なら誰もが経験したことある「月経」に関する悩み。月経のリズムが狂うとイライラしたり、体が重くなってしまったり、仕事に支障をきたす程体調を崩してしまう方もいます。男性にはなかなかこの痛みや悩みは伝わりにくいですよね。

そんな女性ならではの悩みは「女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れること」が原因となっています。ストレスや食生活の乱れ、休養が十分でないなどの理由で女性ホルモンの分泌量・リズムが狂ってしまうことがあるのです。そんなホルモンバランスの乱れは髪にも影響してきます。

女性ホルモンは髪に元気を与えたり、発毛を促す力を持っています。発毛・育毛にとっても重要な役割を果たしている女性ホルモンが減ってしまっては、髪に元気がなくなるのは当然のこと。男性と女性で発毛・育毛に対するケアが違うのはこの発毛のメカニズムがちょっと違うからなんですよ。

では女性が髪の元気を取り戻すためにまず行うべきことは何でしょう。それは「女性ホルモンと男性ホルモンのバランスを正す」ということでしょう。スカルプケア商品を試してみる前に、もっと根本的なところを改善してみませんか?

例えば、普段の食事に大豆食品を一品えてみる。夜は湯船にゆっくりつかるようにする。リラックスできるよう、アロマを焚いてみる。これら全部、ホルモンバランスを整えるために有効な方法です。

大豆食品に含まれているイソフラボンやたんぱく質は女性ホルモンの働きを助けてくれる効果があります。コンビニ弁当についつい頼ってしまいがちですが、そこに納豆や豆腐を加えるところから始めてみるといいかもしれませんね。

また、女性の体は冷えに弱く、腰やお腹はよく温めておくことが必須。一日の最後には湯船につかってしっかり体を温めることはとっても大切ですよ。そしてしっかりリラックスして休めるよう工夫してみましょう。なんだか女子力も上がりそう!

髪の悩みというと、どうしても「頭皮」や「髪」のケアをしなくてはと思いがちですよね。ですが女性らしい体づくりには、ホルモンのバランスが関係していたんですね。ちょっとした体の不調、髪からのSOSを感じたら、まずは普段の生活を振り返ってみると改善のヒントがあるかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしょうか。

いえーいゆか

・「薬用○○」という商品はほとんどが医薬部外品。医薬部外品とは「有効成分が一定量含まれている商品」のこと。
・頭皮の悩みは医薬部外品を試す前に、皮膚科などに相談することが改善への近道
・女性の髪の悩みはスカルプケア系の医薬部外品でも解決できないことがある。まずはホルモンバランスを整えるように工夫してみて

頭皮や髪の悩みってちょっと人には相談しにくいこともありますよね。ネットで口コミを調べて、色々な商品を試している女子は多いと思います。ですが、やっぱりきちんと治したいのであれば病院で原因に合わせた治療を受けるのが一番なんですよね。時間もお金もかかりますが、多くの薬用商品を試すより早く効果を実感できるかもしれませんよ。


【あなたの髪の悩みを解決】
【ヘアケアシャンプーランキング2019】

パーマ・カラーをきれいに長持ち♪
きれいな髪と頭皮はシャンプーから!