【ぺしゃんこ】【毛量が少ない】細い髪にボリュームを!

雑誌に載っているような「ふんわりガーリーなスタイリング」って憧れますよね。フワフワ感のある女の子らしい髪型は、今大人気。

えーんゆか

ですが、元々髪の量が少ない、髪質も細い、猫っ毛だという場合、ボリュームを出すのも一苦労です。細い髪でもボリュームアップさせたい、そんな悩みを抱えている女子は多いでしょう。



生まれつき髪が細いと、ボリュームを出すことは無理だと思っていませんか?実はそんなことはありません。スタイリング術、パーマ、シャンプーなどなど、見直すべきポイントはたくさんあるんですよ。いろんな商品を試したけどダメだったという方も、大丈夫。今日からできる、簡単テクニックも満載です。

【今すぐできる】細い髪をフワフワにさせるスタイリング術!


まず、一番簡単に髪のボリュームをアップさせる方法は「ブロー」です。ドライヤーの使い方ひとつで髪のボリュームはまったく変わってきます。ブローのコツをつかめば、髪が細くてもボリュームが出しやすくなるのです。

細い髪でもボリュームが出やすくなるコツとは「根元を立ち上げながら温風で乾かして冷風で固める」ということ。髪のボリュームは根元の立ち上がりで決まります。ドライヤーの温風でしっかりと根元を立ち上げて、冷風で素早く髪の熱を取ることができれば、細い髪でもふんわりと仕上げることができますよ。


ブロー方法は簡単で、2ステップ。まず髪を乾かすときにしっかり分け目を変えながら、根元を中心に温風をあてていきましょう。ここでのポイントは「色んな分け目に変えながら根元をめがけて温風をあてる」ということ。かき上げてみたり、いつもと全く違う分け目にしてみたりしながら根元を乾かしていってみて下さい。


2ステップ目は、髪の熱を冷風で冷ましていくということ。最終的に決めたい分け目に髪をセットして、やっぱり根元を中心に冷風をあててみましょう。軽く髪をかき上げるようにしながら髪を冷ましていくと、更にボリュームがでてきますよ。髪に熱が残っているとまたぺしゃんこに戻りやすくなるので、しっかりと髪を冷やしてくださいね。

夜のブローでももちろん効果的ですが、朝のスタイリングでもこのブローをするだけでボリュームが出やすくなります。朝、髪をセットする前に髪全体を霧吹きで湿らせてブローをすれば寝癖も直せて一石二鳥なのです。

いえーいゆか

とにかくポイントは髪の分け目を細かく変えながら、根元を中心に乾かすことです。

髪の根っこって、いつも同じ方向ばかり向いていると、髪が立ちあがりにくくなります。そこで、根元を細かく変えていくことで、髪の根元がいつもと違う方向になりますよね。

これって髪の根元が立ち上がりやすくなってボリュームアップにつながりやすくなるということなんですよ。毎日毎日同じ分け目にするのではなく、ブローの時に分け目を変えることがボリュームの出やすいスタイリング作りになるのです。

例えば、いつもと同じ分け目ばかりにしていると、髪の根元が「寝る」状態になりぺしゃんこになりがち。ですが、その分け目を無くしていつもと違う分け目に変えてみる、もしくは分け目を目立たなくさせてみると一気に髪の根元が立ち上がりボリュームがアップするのです。



ちなみに、毎朝コテで髪をセットしている女子って多いですよね。ですが、コテだけで髪のボリュームを出すってけっこう難しいと思いませんか。地肌にコテがあたると熱いですし、扱いにくいですよね。

いえーいゆか

そんな時は、コテ以外のスタイリングアイテムを使ってみてはいかがでしょう。髪質が細く、ボリュームの出にくい髪であればコテよりもホットカーラーの方がGOOD。根元からしっかりとボリュームをつけやすくなりますよ。


→【今更聞けない疑問】ホットカーラーって何?使い方から特徴まで、こちらで詳しく解説中!


ホットカーラーは通常のカーラーに熱を加え、よりカールがつきやすくなるというスタイリングアイテム。台座にカーラーを載せて温め、温かくなったカーラーに髪を巻き付けて使います。コテ程の高温にはならないため、極度に髪を傷める心配もありません。じっくりと髪を巻いていくのでしっかりと根元を立ち上がらせることができますし、火傷することも無いので使いやすいでしょう。


【パーマでボリュームアップ】細い髪にはエアウェーブでふんわり感を出せ!


毎朝、毎晩、ドライヤーで一生懸命ブローするのも効果的ではありますがけっこう大変。不器用で、どうしても上手に髪のボリュームが出せないという方は他にも解決策がありますよ。それは「パーマをかける」ということです。


特に、髪にふわっとしたボリュームを出したいなら「エアウェーブ」という種類のパーマが人気です。根元からパーマをかけることができ、長持ちすることが特徴のパーマ。ボブやショートヘアの女性にも人気が高いですね。

→【人気上昇中】今アツい人気パーマのエアウェーブって、どんなパーマなの?詳しくはこちら。

他にもデジタルパーマといった長持ち系のパーマがありますが、髪にボリュームを出したいなら私はエアウェーブの方が合っていると思いますね。エアウェーブは、デジタルパーマでは出せないふんわり感を出すことができるからです。


最近はより長持ちするパーマが人気ですよね。デジタルパーマは最長で半年もパーマが持続するという人気のパーマ。ですが、かなりの高温での施術になるため、髪の根元へあてることは難しいと言われています。頭皮が火傷してしまう可能性があるのです。

ですが、エアウェーブなら「温風」を髪にあて続けるという特殊な方法でパーマをかけていくため、頭皮近くの根元までかけることができます。
いえーいゆか

つまり、エアウェーブなら髪の根元からしっかりと立ち上げて、ボリューム感を出しやすいということですね。



しかも、エアウェーブはデジタルパーマ同様長期間パーマが持つため、ショートヘアやぺしゃんこになりやすい髪質の女子にはぴったりなのです。毎日ブローで上手にボリュームが出せるか不安、パーマをかけたいけどふんわり仕上がるパーマをかけたいと考えている方はぜひ一度美容師さんに相談してみて下さいね。

そのシャンプーで大丈夫?細い髪質はシャンプーチョイスも慎重に


さて、セットの仕方、ブローも髪にボリュームを出すためには大切なこと。ですが、シャンプーも重要なアイテムです。


髪が細く、ぺしゃんこになりがちならシャンプーはよりマイルドで、洗浄力の強すぎないものをチョイスしましょう。サロン専売品を使うことがベストですが、リーズナブルに揃えるならアミノ酸シャンプーが良いですね。

がつんと、しっかり洗えるシャンプーはさっぱりとした仕上がりになり気持ちが良いですよね。ですが「細い髪質」「ぺしゃんこになりやすい髪」はあまり強いシャンプーで洗うと、更に元気がなくなってしまうかも。

つまり、ふんわりとした髪に仕上げるなら髪を洗う時もふんわりと洗いあげることが大切なのです。マイルドな洗浄力で、頭皮に必要な油分を残しながら洗えるアミノ酸シャンプーは、まさに細い髪質にぴったり。パーマヘアにも人気のあるシャンプーですね。


そして、もっと効果的にシャンプーを使うなら、手のひらで泡立ててから髪につけるとGOOD。泡で頭皮を包み込むように意識して、マッサージするようにシャンプーしていくと髪の負担も減らせます。マイルドなシャンプーで、泡を使って優しくシャンプーをすることがポイントということですね。

意外と大切!元気のない髪は食事と休養が必要


ちょっと意外かもしれませんが、食事や適度な休養も髪質に大きく影響してきます。特に、最近生理周期が乱れ気味など、女性特有の悩みを抱えている方は要注意です。


髪にボリュームが無い、髪質に元気がなくなってぺしゃんこになってきたという場合、ホルモンバランスが乱れている可能性があるのです。そんなときはまず、バランスのとれた食事を心がけ、心身ともに休養を取るようにしましょう。第一にホルモンバランスを整えることが大切なのです。

そもそも、髪がぺしゃんこになってくるのは年齢を重ねてくれば仕方のないこと。徐々に女性ホルモンのバランスが変わっていくことで髪や体にも変化が出てくるのです。


ですが10代、20代から髪のボリュームダウン、ぺしゃんこな髪に悩む女性が急増しています。それはストレスを抱える女性が体調を崩し、ホルモンバランスも乱れてくるためだと言われているんですよ。

ですから、髪のブローやシャンプーを工夫しながら、体調を整えることもとっても大切。体調の変化も感じているようなら、早めに婦人科などに相談したいですね。ホルモンバランスを整えれば、自然と女性らしい髪も戻ってくるかもしれません。

まとめ


いかがでしょう。

いえーいゆか

・細い髪でもボリュームが出やすくなるコツは「根元を立ち上げながら温風で乾かして冷風で固める」ということ。

・髪にふわっとしたボリュームを出したいなら「エアウェーブ」という種類のパーマが人気。根元からパーマをかけることができ、長持ちすることが特徴のパーマ。

・髪が細く、ぺしゃんこになりがちならシャンプーはよりマイルドで、洗浄力の強すぎないものをチョイスするべし。シャンプーをよく泡立てて、優しく洗いあげよう。



髪が細くてぺしゃんこだと、気分も上がりません。若々しく、女性らしいヘアスタイルにするなら適度なボリュームが必須。上手なブローやシャンプー、そして食生活で元気な髪を育てていきましょう。