汗で髪がベタベタ&汗臭い・・・そんなときの対策は?

暑いと全身汗でベタベタ、髪まで汗でベタベタになってしまいますよね。しかも汗臭いような気がして、せっかくの夏レジャーも楽しめないという方も多いでしょう。

うーんゆか

・髪が汗臭いときって、まず何をしたらいい?

・どうしてすぐに髪が汗臭くなるんだろう、原因や対策を知りたい。

汗をかくのはみんな同じ、でも髪のにおいレベルは人によって違います。「髪の臭いが気になる」「他の人より髪が汗臭い」という方は正しい対策とケアを続けていきましょう。今すぐできる対策や原因をまとめてみました。

もくじ


1.緊急!髪が汗臭い。まずやるべき応急処置、ポイントは頭皮
2.間違ったケアが髪を汗臭くさせる!?正しい洗い方&ケア方法
3.ヘアケアだけじゃない!汗臭いと感じたら栄養バランスの改善&マッサージを
4.まとめ

緊急!髪が汗臭い。まずやるべき応急処置、ポイントは頭皮

外出しているときに汗をかいて髪の臭いが気になるとき、すぐにできる対策ってあるのでしょうか。間違った対策・応急処置をするとかえって逆効果になってしまうので要注意ですよ。

まず、汗で髪がベタベタというときには、こまめに汗をふき取ることが必要となります。特に頭皮からジワジワと出てくる「皮脂」。この油分が汗臭い原因となるため、タオルで頭皮をやさしく拭うようにしましょう。

最近では髪の汗をふき取るシートや汗臭さを軽減させるスプレーも人気のようです。こういったシートを活用して頭皮の皮脂を取り除くのも良い対策だと思います。

頭皮の皮脂をとったら、頭全体の通気性をよくすることも汗臭さを軽減させることにつながります。それから髪をブラシや手ぐしでブラッシングしてチリやほこりを払うとGOOD。髪の表面についた汚れはブラッシングだけでも取り除くことができますよ。

髪が汗臭いというときには、ドライヤーで髪全体の湿気をとばすのがベスト。ですが、難しい場合には扇風機の風やうちわで扇いで髪全体に風をおくってあげましょう。

髪の汗臭さは湿気によって雑菌が繁殖することでより一層ひどくなります。汗臭さが気になるときには原因となる「皮脂」をとりのぞき「通気性」をよくすることがポイントということですね。

ちなみに「汗でベタベタになった髪はベビーパウダーでサラサラにする」という応急処置もあります。髪にベビーパウダーをつけることでベビーパウダーがベタベタ感を軽減させてくれるというのですが、ベビーパウダーをつけすぎるとフケのようにだまになってしまうので注意が必要です。もし使用するのであればまずは頭皮の汗や皮脂をふき取った上で、少量使用するようにするとよいと思います。

【プチまとめ】髪が汗臭いときにはタオルや髪のふき取りシートなどで「皮脂」をふきとり、髪全体の風通しをよくすることが大切。

間違ったケアが髪を汗臭くさせる!?正しい洗い方&ケア方法

汗をかいたときの応急処置も大切ですが、毎日の正しいケアが髪の汗臭さを軽減させてくれます。人よりも髪が汗臭いと感じる人は、普段行っているケアが間違っている可能性もあるのです。

汗臭い髪を予防するためのポイントは「頭皮の皮脂バランスを整える」「頭皮を傷つけないようにする」「髪全体の通気性をよくする」の3つ。洗い方や乾かし方も、この3つを意識すると汗臭さが軽減されていくでしょう。

まずは髪を洗う頻度ですが、汗っかきな人でも「一日一回」で十分。夜にしっかり髪を洗えば髪の汚れや皮脂・汗は洗い流すことができるのです。もし翌朝「髪が汗臭い」と感じるときにはお湯で頭皮を洗い、しっかりとブローするだけでも良いでしょう。いわゆる「湯シャン」ですね。

髪が汗臭いという人は「朝と夜にシャンプーしないと臭い気がする」と感じている人が多いですよね。ですが、過度なシャンプーは逆効果になる場合があり、より一層汗臭さの原因「皮脂」が増えてしまう可能性大。そしてシャンプーの使いすぎも頭の臭いをきつくす原因のひとつとなります。シャンプーでゴシゴシしているのと同じくらいの時間をかけてすすぎましょう。

そもそも頭皮は皮膚を守るために一定の量の皮脂を出すようになっているのですが、何度も皮脂を洗い流すと「もっともっと皮脂を出して皮膚を守らなくては」と頭皮が勘違いしてしまうのです。

つまり、汗臭い髪が気になるのであればまずは皮脂のバランスを整えることが大切。一日一回のシャンプーで余分な皮脂を洗い流し適度な皮脂バランスを保っていきましょう。

それから、シャンプーブラシを使ってゴシゴシと髪を洗っている人も要注意。汗臭さが気になる人は指先の一番柔らかいところでマッサージするようにシャンプーするのがベストですよ。

頭皮は皮膚の中でも柔らかくデリケートにできています。毛穴の皮脂汚れをとろうとブラシで力を入れると頭皮は傷ついてしまうかもしれません。頭皮は傷がつくと雑菌が繁殖しやすくなりフケやかゆみ、臭いといったトラブルを引き起こしてしまうでしょう。

最後はブローですが、汗臭い髪が気になるという人は毎日髪を乾かすことが最も重要なケアとなります。お風呂上りは早めに髪を乾かし、特に頭皮に湿気・水分を残さないようにしましょう。もし髪の湿気が残ったまま寝ると、寝ている間に雑菌が繁殖しやすくなり髪の臭いがもっときつくなってしまうかもしれません。

髪を乾かすときにはまず頭皮から乾かすことが鉄則。手ぐしで整えながら髪の根元にしっかりと風をあてるよう意識してみてください。頭皮がきちんと乾いていれば髪全体も乾くのが早くなります。一石二鳥ですね。

【プチまとめ】汗臭い髪を予防するためのポイントは「頭皮の皮脂バランスを整える」「頭皮を傷つけないようにする」「髪全体の通気性をよくする」の3つ。シャンプーは一日一回、髪をマッサージするように行おう。ブローは必須。

ヘアケアだけじゃない!汗臭いと感じたら栄養バランスの改善&マッサージを

髪の汗臭さがなかなかとれない、すぐに髪が汗臭くなるという場合は髪以外にも原因があるのかもしれません。特に、急に汗臭い感じが強くなったという場合にはホルモンバランスの乱れも関係している可能性があります。

なぜなら、女性はホルモンバランスの乱れが髪のコンディションにも影響してくるから。年齢を重ねれば女性ホルモンが少なくなっていきますが、それと同時に髪が細くなったり皮脂の量が増えてしまうことがあるのです。

ですから、正しいヘアケアと同時に気をつけたいのが「食事」と「睡眠」。バランスのとれた食事をとりしっかりとした睡眠をとることで体全体のバランスが整い、皮脂の量も適切な量に戻ってくるかもしれません。

食事にも気をつけたら全身と頭皮の血行をよくするとGOOD。髪は頭皮の下で血流にのってきた栄養で育っていきます。美しい髪は血行のよい頭皮で育つといっても過言ではありません。

頭皮の血行をよくするためのマッサージは難しくありません。指先で頭皮全体を動かすようないイメージでマッサージをすればよいのです。頭皮がかたく、血行が悪くなっていると分け目を変えるときにも痛みを感じたり、頭皮を指で動かそうとしてもあまり動きません。

血行のいい頭皮は指でグリグリすると動く感覚があります。頭皮が凝り固まっている人はまずちょっとずつ頭皮をほぐすところからはじめましょう。

【プチまとめ】髪の汗臭さがきつい場合にはホルモンバランスを整えること、頭皮の血行改善することもこころがけてみよう。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・髪が汗臭いときにはタオルや髪のふき取りシートなどで「皮脂」をふきとり、髪全体の風通しをよくすることが大切。。

・汗臭い髪を予防するためのポイントは「頭皮の皮脂バランスを整える」「頭皮を傷つけないようにする」「髪全体の通気性をよくする」の3つ。シャンプーは一日一回、髪をマッサージするように行おう。ブローは必須。

髪の汗臭さがきつい場合にはホルモンバランスを整えること、頭皮の血行改善することもこころがけてみよう。

女性にとって臭いの問題はかなりショッキングですよね。髪は女の命ともいわれていますが、そんな髪から汗の臭いがするなんてつらいと思います。ですが「頭皮の皮脂を取り除く・バランスを整える」「通気性をよくする」ということを心がければ少しずつ臭いも軽くなっていくでしょう。コツコツと対策・ケアを続けていきましょうね。