こんな私は嫌だ!フケの原因、誰か教えて!

C-56

黒いジャケットでピシッと決めたのに、肩を見てみれば白い粉がパラパラ落ちている。フケだと分かるとその日のテンションはだだ下がりです。「肩に白いのがついてるよ」とも言いにくくて、友達の肩を見て見ぬフリしてしまう私・・・。

「頭が汚いのかな」と自己流の治療に走っていませんか?自己流で治そうとすることは、逆効果になる恐れもありますよ。今女性でフケに悩んでいる人が増えています。

決して自己流のやり方で解決しようとせず、原因から考えて正しい対処法を実践してみて下さい。今、フケに悩んでいないあなたも、知っておいて損はないですよ。いつもの習慣が「フケ」の原因になっているかもしれません。

【原因】フケは頭皮からのSOS

まず、フケが出ること自体は正常なことです。頭皮のサイクルとして定期的に角質が剥がれ落ちるようになっています。健康な頭皮であれば剥がれ落ちた角質は目に見えないほど小さいものです。

C-54

頭皮の表面は皮脂、つまり「油の膜」で覆われて雑菌などから頭皮を守ってくれています。皮脂の下には頭皮があるのですが、頭皮とは「角質がつらなっている角質層」のこと。細胞を守る皮が角質です。下から新しい角質が生まれると上から古い角質を剥がして頭皮は新品のキレイな角質で包まれて清潔な環境を守ることができます。これが正常な角質のサイクルといえるのです。

C-55

ですが、あるキッカケで頭皮のサイクルが狂うことがあります。そのキッカケのひとつが、皮脂の量が急激に減るということです。皮脂の少なくなっている場合と、皮脂が多すぎる場合とでは頭皮はこんな状況になっています。

【皮脂が少なくなっている場合】頭皮の皮脂が少なければ、頭皮はとても無防備な状態。紫外線や汚れや雑菌は無防備になっている頭皮に付着して炎症を起こしやすくなってしまうのです。皮膚で炎症が起きれば角質のサイクルがうまくまわらず、剥がれ落ちる角質のカケラ「フケ」が大きく目立つようになるでしょう。

【皮脂が多すぎる場合】皮脂が多すぎるということは「余分な油が頭皮を覆っている」という状態です。余分な皮脂には雑菌が繁殖しやすくなるので、あとは「皮脂が少なくなっている場合」と同様です。雑菌が頭皮に炎症を起こして、角質のサイクルがうまくまわらなくなりフケが目立ってしまいます。

→【あなたの頭、臭ってるかも】臭い問題、解決しましょう。詳しくはこちら

フケで悩んでいる方は「痒み」と「頭皮の赤み」にも悩んでいる場合が多いです。重度になると「脂漏性皮膚炎」という皮膚炎を引き起こしますことにもなるでしょう。フケが気になり始めたということは、頭皮がSOSの信号を出し始めたと思って下さい。また、既に頭皮の痒みと赤みがひどい場合には早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

【プチまとめ】フケは頭皮からのSOS信号とも言える。頭皮を守ってくれる皮脂が足りていないか過剰に出すぎている可能性がある。正しい頭皮のサイクルを作ろう。

フケが多くなる!?こんなことしてませんか?

最近フケの量が多くなったという方は、こんな行為に心当たりはありませんか?

うーんゆか

・シャンプーを変えてみた。
・頭皮を清潔にしようと、一日に2回以上は洗髪している
・最近食生活に偏りがある。コンビニ飯やインスタント食品を食べることが増えた。
・寝不足が続いている。
・環境の変化などでストレスが増えた。

いかがでしょうか。これら全てフケがひどくなる原因になります。実は「皮脂を取り除きすぎること」と「栄養バランス」「ホルモンバランスの変化」ととても関係しているのです。

【皮脂を取り除きすぎる】一日に複数回洗髪すると頭皮に必要な皮脂まで取り除かれてしまいます。特に洗浄力の強すぎるシャンプーには注意が必要です。適度な皮脂で頭皮を守っているので「適度な洗浄力」で洗髪することが大切でしょう。

【栄養バランス】新しい角質を作るにはビタミンやタンパク質が必要です。ですが、インスタント食品やコンビニ飯ばかり食べているとビタミンやタンパク質が不足しやすくなります。頭皮のサイクルに必要な栄養分が足りていないと、新しい角質を作れない=頭皮のサイクルの乱れに繋がってきてしまいます。

【ホルモンバランスの変化】ストレスを受けると、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが乱れてきます。女性でも、ストレスによって男性ホルモンの方が多くなってしまうことがあるのです。そして男性ホルモンは元々「皮脂分泌を多くする」という特徴があるので頭皮にとっては男性ホルモン優位な状況は良くありませんね。

【プチまとめ】過剰な洗髪やストレスは頭皮に悪影響!適度に皮脂を残して、必要な栄養を摂取しよう。

【フケ予防】生活を見直してみよう

【シャンプー編】まずは気になる「シャンプー選び」から考えてみます。よく「シャンプーを使っていたけど、髪に優しい石鹸に変えてみた」という方がいます。ですが、元々石鹸は洗浄力が強いので頭皮にとっては刺激が強すぎる場合もありますよ。

→【その知識、間違ってるかも】フケには石鹸シャンプーがベスト?詳しくはこちら

B-82

B-83

そして、市販のシャンプーでも洗浄力が強すぎるものがあります。シャンプー選びが難しいという方はシャンプーの成分表を見て「ラウレス硫酸」「スルホン酸」という成分が入ってないか見てみてください。この二つはかなり洗浄力の高い界面活性剤だといわれているので、フケに悩む方には向いてないかもしれません。

「ラウレス硫酸」「スルホン酸」のような洗浄力の高い界面活性剤を避けるだけでも、頭皮への刺激は低くなるでしょう。フケが目立つということは頭皮が弱っているということですから、頭皮にはあまり刺激を与えないようにしたいですね。洗い方も、指の腹を使うように優しく洗うとよりGOODです。

「もういろんなシャンプー試してみたけどどれもいまいちだった」という方は、「ベビーシャンプー」も試してみませんか?赤ちゃんにも使える位なので洗浄力や頭皮への刺激は弱いので、弱っている頭皮にはベビーシャンプーが合っているかもしれませんね。中には家族全員共有でベビーシャンプーを使っているよ、という家庭もあるようです。

【食生活編】次に食生活です。栄養バランスが整えば頭皮にも栄養分が行き渡り、健康な角質を作りやすくなります。もちろんホルモンバランスも整いやすくなり、男性ホルモンは減少し過剰な皮脂の分泌も改善されるでしょう。例えばこんな一般的な朝食にも、頭皮を元気にする食品が入っていますよ。

C-53

【大豆製品】大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンの働きを助ける成分のひとつです。納豆、油揚げ、お豆腐などは、女性なら積極的に食べたい食品です。ホルモンバランスを整える手助けをしてくれるでしょう。

【タマゴ】【乳製品】ビタミンB2が不足すると肌荒れや頭皮の傷みに繋がるといわれています。頭皮が弱っているときこそ摂取したい栄養素です。タマゴや牛乳、ヨーグルトなどに多く含まれていますよ。

【魚】【バナナ】魚では特にマグロやカツオ、果物ではバナナにはビタミンB6が豊富に含まれています。このビタミンB6は脂肪・皮脂の代謝を促してくれる栄養素です。何より皮膚炎の予防にも効果的なので、ぜひぜひたくさん摂取したいですね。

ちなみに写真は、私のテッパン朝食メニューです(笑)忙しい方は朝にバナナとヨーグルトだけでも効果的かもしれませんね。夜に納豆や豆腐をプラスするなど、少しずつ工夫して生活に取り入れてみませんか?

まとめ

いかがでしたか?

いえーいゆか

・適度な量の皮脂は頭皮のガードマン。清潔な頭皮でフケとおさらばしよう!

・洗浄力の強すぎるシャンプー使っていませんか?頭皮にとっては刺激が強すぎ!

・栄養バランスを整えて、清潔な頭皮を取り戻そう!

心と体は繋がっているとよく言いますが、ストレスを抱えれば必ずどこかにガタが来ますよね。休みの日は思う存分寝て、栄養満点な食事で体も充電しましょう。私のように午後3時まで寝て、一日を終えてしまうのもちょっと問題ですけどね(笑)