若白髪が生えてきた!?将来の白髪予防のためにやりたいことって?

20代、30代のうちから白髪が増えてきてしまっている人が最近増えているようですね。白髪は老けてみえる要因のひとつでもあります。一日でも早く白髪を減らし、予防につとめたいものです。

・白髪をこれ以上増やしたくない!予防に効くものってあるの?

・白髪予防のためのケアって何をしたらいいんだろう・・・。

今ある白髪を減らすだけではだめ。これから生えてくる白髪を「予防」しなくてはなりません。白髪を増やさない・予防するための方法をチェックしていきましょう。

もくじ


1.食べ物編!白髪の予防に効く食べ物・サプリメントってあるの?
2.対処法編!白髪予防につながる対処法とは
3.シャンプー編!白髪を予防するためのシャンプーがあるってホント?
4.まとめ

食べ物編!白髪の予防に効く食べ物・サプリメントってあるの?

白髪予防に効く食べ物やサプリメントがあったら毎日でも摂取したいですよね。
ですが、残念なことに白髪を予防できるような栄養素まだ判明していないのです。ですから白髪予防のサプリメントも探すのは難しいでしょう。

白髪になるメカニズムは科学的に判明してきたものの、「白髪を減らす」「白髪を生えないようにする方法」はまだはっきりとは分かっていないということ。とはいえ、あきらめるのはまだ早いです。全く手の打ちようが無いわけではなく、白髪のメカニズムを知れることで白髪を減らすための食べ物やケア方法がちょっとずつ見えてきます。

そもそも白髪とは、髪を黒く染める機能が弱くなってきて起こるのが原因で起こります。髪の毛は頭皮の下で育っている段階ではまだ透明に近い色をしており、栄養を吸収しながら育っていく段階で黒く染まり伸びていくのです。

そっかーゆか

そしてどの程度髪が黒くなるかは「メラニン色素の量で変わる」ということも分かってきており、西洋人と東洋人の髪の毛の色の違いはこのメラニン色素の違いからきているともいわれているんですよ。

ですから、白髪を予防するためには髪を育てるときにしっかりと黒く染められればよいということ。

ですが、加齢とともにこのメラニン色素を作り出す能力が衰えていき、白髪が増えていってしまうのです。

「加齢とともに髪を黒く染めることができなくなる」ということなら、アンチエイジングケアを頑張ることで白髪予防にもつながるかもしれませんよね。特に、女性で若白髪に悩んでいる場合、女性ホルモンのバランスが崩れている可能性もあります。女性ホルモンは女性らしい黒髪・美髪を育てる手助けをしてくれる力があります。

例えば、女性ホルモンの乱れを整えるためには大豆製の加工食品を積極的にとるとよいといわれていますよね。納豆や豆腐を食事に一品足すところからスタートしてみてはいかがでしょうか。

他にも「黒ゴマ」が綺麗な髪を育てるということも話題になっています。黒ゴマには良質なビタミンやたんぱく質がたっぷり、更にはこう酸化作用つまり「アンチエイジング」に必要不可欠なセサミンも含まれてるのです。

白髪を予防するためにはまずホルモンバランスを整えることに注目し、女性に必要な大豆食品や黒ゴマを上手に食事にとりいれるところから始めてみましょう。

【プチまとめ】白髪予防の完全な解決方法・食べ物ははっきりしていないが、アンチエイジングケアやホルモンバランスを整えることで白髪予防にもつながる可能性大。

→ビューティーヘアラボラトリ
最新シャンプーランキングはこちら。

対処法編!白髪予防につながる対処法とは

白髪を減らす・予防するためには正しい「白髪対処法」が欠かせません。間違った白髪の対処をしていると、白髪予防どころか髪や頭皮を傷めることになるのです。

白髪を見つけたとき、多くの人が「白髪を抜く」「白髪を切る」という方法ととっているかと思います。ですが、白髪を抜くことは頭皮に大きなダメージをあたえることになりますし、白髪を切っても白髪は減りません。特に白髪を抜くと次に髪が生えてくるまでに半年程度かかるともいわれており、頭皮を傷つけたり、髪を抜くのが癖になってしまう場合もあるのです。髪を抜きすぎることで薄毛に悩んでしまう人もいます。

では白髪を見つけたらどうすればいいのでしょう。正しい白髪対処法、それは「染める」ということ。美容院で自分の髪質にあった染め方をしてもらうことがベストですが、ヘアマニキュアで髪を染めることも正しい対処法のひとつです。

自宅でできる白髪染めでもよいのですが、市販の髪を染める薬剤は髪にとって刺激が強過ぎる場合があります。誰でも簡単に染められるよう、髪にダメージをあたえてしまうような、自分の髪に合わない成分が使用されているかもしれません。白髪を染めるためにヘアカラーをして髪にダメージを与えてしまうとボリュームダウンにもつながります。

ですから可能であれば美容院などで白髪をできるだけダメージの少ない方法で染めて、ヘアケアをしながら黒髪を育てることが「白髪予防」となっていくのです。コツコツと地道な作業になりますが、正しい対処とケアで白髪を予防しつつ黒髪を育てていきましょう。

【プチまとめ】白髪は「抜く」「切る」よりも染めることがベストな対処法であり、ダメージを少なく白髪を染めることが後の白髪予防にもつながってくる。

→ビューティーヘアラボラトリ
最新シャンプーランキングはこちら。

シャンプー編!白髪を予防するためのシャンプーがあるってホント?

さて、「ヘアケアをしながら~」と書きましたが、自分でできるヘアケアの代表といえばやはりシャンプーです。

そっかーゆか

白髪予防のためにもシャンプー選びはとっても重要だと言えます。

白髪予防をしたいならダメージレスなシャンプーを選ぶことが重要で、最近ではアミノ酸シャンプーが注目されています。アミノ酸シャンプーはドラッグストアにあるようなシャンプーよりも「あえて」洗浄力をマイルドにしたシャンプーのこと。

洗浄成分に「ココイルグルタミン酸TEA」「ココイルメチルアラニンNa」といった成分が配合されていればアミノ酸系のシャンプーだと言えるでしょう。アミノ酸シャンプーを使ってまずはダメージヘアをケアしながら、生えてきたばかりの髪をダメージから守ることが大切ということなのです。

そして白髪を予防するための成分が配合されているものに注目してください。白髪ケアのシャンプーには「ヘマチン」「アセルチルテトラペプチド-3」といった成分が入っていることが多く、これから生えてくる白髪を減らすためにはぜひこういった白髪ケアの成分の入ったシャンプーを使いたいですね。

→【白髪ケアの第一候補!】
ヘマチン配合アミノ酸シャンプー「haru黒髪スカルプケア」、私が実際に取り寄せて使ってみました。レビュー記事はこちら。

特に「ヘマチン」ですが、使用することで髪を黒く染める成分を作りやすくしてくれるといわれています。白髪がたくさん生えてきてしまってから使用し始めるのではなく、白髪が気になり始めた人が「ヘマチン」などが入ったアミノ酸シャンプーを使い続けることで白髪予防になるということです。

一度生えてしまった白髪は何にも頼らず自力で黒くすることは無理です。これから生えてくる白髪を100%減らす方法もいまのところありません。白髪予防で大切なことは早めのケアと、そのケアを続けること。髪へのダメージを最小限にしながら、ヘマチンなど白髪予防に効果的といわれているシャンプーなどで髪を黒く染める力を高めていくことがポイントだといえます。

【プチまとめ】白髪予防のためにはアミノ酸シャンプーを使ってダメージを最小限にし、髪を黒く染める力を高めるような成分が入ったシャンプーを使うとGOOD。

→【白髪ケアの第一候補!】
ヘマチン配合アミノ酸シャンプー「haru黒髪スカルプケア」、私が実際に取り寄せて使ってみました。レビュー記事はこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・白髪予防の完全な解決方法・食べ物ははっきりしていないが、アンチエイジングケアやホルモンバランスを整えることで白髪予防にもつながる可能性大。

・白髪は「抜く」「切る」よりも染めることがベストな対処法であり、ダメージを少なく白髪を染めることが後の白髪予防にもつながってくる。

・白髪予防のためにはアミノ酸シャンプーを使ってダメージを最小限にし、髪を黒く染める力を高めるような成分が入ったシャンプーを使うとGOOD。

白髪は「老けた印象」「老け髪」に直結します。一日も早く白髪を減らしたいと考えてしまいますが、白髪予防は一日でできるものではありません。白髪を正しく対処し、今ある黒髪を守りながら美髪を育てるためのケアを続けることが大切だということですね。