C-38

前髪は女の命!前髪カットには自信あり

女性にとっての髪の悩みトップ3に入るものといえば、何を思い浮かべますか?私は「前髪事情」だと思います。ベストな前髪をキープし続けられたらベストですよね?

私は学生時代から自分で前髪をカットしていたので、正直腕前には自信がありました。どちらかといえば、前髪カットは楽しい時間でもあります。

スポンサーリンク


社会人になったある日、忙しくてつい前髪カットを疎かにしていたのです。「さすがにそろそろ切らないと前髪が目に入るな」と思い、出勤前にハサミを握りました。

今思えば、数秒で終わらせてやると意気込んで切り始めたのがいけなかった。どうして出勤前の忙しい時間に前髪カットなんてしたのか、今となっては悔やまれるばかり。

久しぶりの前髪カットに大失敗!なんじゃこりゃ

そうです、この日の前髪カットは大失敗。久しぶりの前髪カットに腕が落ちてしまったのでしょう。いくら慎重に切っても前髪のガタガタが直らなくてさらに悪化していく一方でした。こんなにアシンメトリーな前髪初めてお目にかかります。

そんなこんなで家を出る時間となってしまい泣く泣く前髪を分けて出かけた私。勤務中は極力自然に、平静を装っていました。私の演技力が高かったのか午前中は誰にも、何も指摘されずに終了。ほっと胸を撫で下ろしお昼休憩となりました。

でも、午後に入ると髪型って崩れていくんですよね。案の定、お昼休憩が終わる頃には私の大失敗アシンメトリー前髪が露わになってきたのです。

お願いだから私を見ないで!穴があったら入りたい

そして、ついに職場の先輩に「前髪どうしたの!?」と指摘された私。一気に職場内は私の前髪のことで持ちきりになりました。職場は爆笑の渦に包まれ、もう恥ずかしくて顔を上げることもできません。

するとそこへ救世主の登場。優しい、器用な先輩がハサミを持ってきてくれて私の前髪を整え始めました。

ありがたいやら、恥ずかしいやら。先輩に髪を切ってもらっている間、本当に穴があったら入りたかったです。

あっと今に左右対称に私の前髪は整えられ、午後の業務にもみんな集中する事ができました。髪をきってくれた先輩には本当に感謝しています。

ただ、一番短く切ってしまった部分に長さを合わせるしかなかったため、全体的にずいぶん短い前髪になってしまいました。失敗したアシンメトリーな前髪よりは何倍もましなのですが、童顔に見られることが多くなったのです。

結果的に良かったのか悪かったのか。とにかく、しばらくは前髪を伸ばすことに専念したいと思います。皆様も久々の前髪カットにはご注意を。

スポンサーリンク