C-36

ロングヘアに自信あります!

小学校の頃からもうかれこれ20年以上、ロングヘアが私のヘアスタイルです。どんなに湿気の多い梅雨も、汗かく暑さの夏も、乾燥と静電気に悩まされる秋冬も、ロング。とにかくロング!で過ごしてきました。しかも自然な黒髪が私のこだわりです。

純日本人顔の私には、黒髪ロングが一番似合うという自負のもと、この20年を過ごしてきました。一番長いときは腰の上5センチほど、「ちょっと切りすぎたかな~?」という時ですら肩した5センチでした。段も作らず、強い髪質のためか毛先が痛むこともなくなので、ヘアサロンなんて1年半行かなかったこともありました。

スポンサーリンク


でも決して「伸ばしっぱ」にしていたわけではありません。週一のトリートメントは蒸しタオルで包みシャワーキャップまでかぶるこだわりよう。素肌に付けるようなミネラル美容オイルで髪の保護した後は、マイナスイオン付きドライヤーでブロー。寒い夜もキューティクルを引き締めるために冷風を当てることも忘れません。

ヘアスタイルは髪を傷めないことが大前提。細いヘアゴムでギュッとくくることは避け、オシャレアイテムとして持てはやされるず~っと昔からシュシュを愛用していました。「きれいな髪はきれいな地肌から」とテレビCMが言えば、さっそくスカルプケア用のシャンプーも購入しました。

バチンと頭の中で何かスイッチが変わりました。

そんなロングヘア派の私が、なんのためらいもなくバッサリと髪を切ることがありました。肩につくかつかないかくらいのギリギリ結べる長さです。周囲は本当に驚いていました。でも大失恋をしたわけでも、実験に失敗してチリチリになったわけでもありません。

20年ものこだわりを一瞬にして覆したもの、それは子供です。妊娠が発覚し、これからは一人の体ではないと思ったとき、貴重なたんぱく質を長い髪へ当てることが無意味に思われたのです。長い髪は出産や育児の時に邪魔になるというのも理由の一つでした。

でも最近はまた伸ばしたくなってきました。子供にかかりっきりになればなるほど、自分へかけてあげる時間は無くなります。それが最近ちょっとだけストレスです。「母であると同時に女でもありたい」という感じです。

もう少し髪を伸ばして、でも扱いやすいように量を少なくしたり、段を入れてもらったりしようかなと思っています。子供の髪が伸びたら、お揃いのヘアスタイルにしてお出かけしたいな、なんていう夢も持っています。このさきの20年、自分がどんなヘアスタイルを選択していくのか楽しみです。

スポンサーリンク