C-28

母が髪の毛を切ってくれる本当の理由は?

小学生低学年あたりまで母が私のヘアカットをしていた記憶があり、もっと幼い頃の写真を見ると、ショートカットで前髪だけ結んだり、可愛い髪留めで留めたりしている写真が多くありました。物心がついてきた頃にはおかっぱで前髪を眉上まで切り、少しでも前髪が伸びたら切られていました。

そんな私ですが、小学校の高学年からは美容院に行っていました。特に行きつけはなく、人見知りな私は毎回ドキドキ緊張していた記憶があります。でも中学3年生までは同じくおかっぱだったので、今思うと母がカットすればよかったのではないかと思ってしまいます。

スポンサーリンク


母が私に、人見知り対策の為の授業料を払ってくれていたと思えば、なんだか泣けてきます。無理矢理すぎですかね。子供の頃の苦手は克服しておくに越したことはありませんよね。

オシャレな私、大海を知らず

高校に入ると、髪型に厳しい校則ではなくなったので髪を伸ばしてみました。とは言え肩までは二つ結び、それ以上は三つ編み。黒か紺色など暗い色のゴムやリボンで結う。と、まあ厳しい部類だとは思いますが。

ですが私はリボンをつけられるだけでも嬉しく思っていました。多少模様が入っていたり透けていてふわふわしたようなリボンなど、怒られない程度にオシャレを楽しみながら、好きな人が見てくれているかなあなどと、淡い青春を送っていたのです。

なぜか高校2年生ぐらいで急に校則が緩くなり、ポニーテールやひとつ結びが良くなり、更にオシャレを楽しめるようになりました。編み込みをしたり、毎日違う髪型にして学校に行くと、友達が私を「オシャレの最先端!」みたいな感じで持ち上げ、一緒に楽しんでくれました。高校在学中に彼氏はできませんでしたが、母の幼い頃からの人見知り改善塾のおかげで、今でも仲の良い友達ができたことは私にとっての大きな財産です。

先日、実家の片づけをしていたらその高校時代のリボンが大量に見つかりました。今は流行らないような黒いテカテカした生地の物や、白字で英文が書いてあるリボンなど、時代を感じ懐かしく感じました。こういうものって、どうも捨てられなくて。我が家に持ち帰ってしまいましたよ。

私の髪を再利用!?「ヘアドネーション」って何?

最近、友人に誘われた美容院で、形状記憶のパーマを提案されました。「髪を切らなければパーマ戻しの液などでパーマが戻るよ」と言われ、試してみました。元々美容院には行かなくていいのであれば行かないくらいのスタンスだったので、好都合だと思ったのです。

今は「ギネス目指してんの」と聞かれるほどに長く伸び、腰を余裕で超えてます。座る時に自分のお尻で踏んだりしてますし、トイレに至っては和式だけではなく洋式でも気をつけないと大変な事態になります。母や仲のいい友人には「貞子」とか言われますし、何より不便なことも多いのでいい加減に美容院に行こうかと考えてます。

せっかく長く伸びた髪なので、何かに利用できないかと考えていたところ、「切った髪を病気で髪をなくした方へ寄付出来る」という話を耳にしました。「ヘアドネーション」というそうです。私の髪を使うことができればですが、寄付しようかな。それを目標に重い腰を上げ、美容院に近々行ってくるとします。

スポンサーリンク