ホットカーラー、ヘアアイロン、コテ・・・どれが天然パーマに使える?猫っ毛にも使える?

E-16

キレイな巻き髪って女子力の象徴って感じですよね。巻き髪にする方法はパーマだけでなく、自宅で簡単にセットできるようにもなりました。巻き髪アイテムであるヘアアイロンやコテは一家に一台置いてあると言っても過言ではないかもしれませんね。

ですが、カーラーやホットカーラーというアイテムもちょっと気になりませんか?「アイロンってコツがいるから難しい」という女子にとってはカーラーは簡単そうに見えるかもしれません。巻いて放っておくだけというのは魅力的ですよね。

でもそういえば普通のカーラーとホットカーラーって何が違うの?アイロンとカーラーってどっちがより使いやすいの?知ってそうで意外と知らないホットカーラーのメリット・デメリット。ホットカーラーについて知ると、アイロンよりもホットカーラーが良いなと感じる方もいるのでは?

【カーラーと何が違うの?】ホットカーラーってどんなもの?基本的な使い方

中には「ホットカーラーなんて初耳なんだけど」と思った方もいると思います。ホットカーラーってどんな形のアイテムでどんな使い方なのかちょっとご説明しますね。一般的には百均などで売っている「カーラー」の方がメジャーですよね。

C-15

これは2個100円位で売られている普通のカーラー。前髪をセットするときなどに使用するのが一般的でしょうか。カーラーに髪を巻き付けて、ドライヤーをかけることでふんわりと髪を巻くことができます。寝る前に髪に巻き付けてそのまま寝るという使い方もあります。

一方ホットカーラーは、カーラー本体が熱くなるのです。ドライヤー要らずのカーラーというイメージですね。充電器となっている台座にカーラーを差し込むと、カーラそのものーが温かくなります。機械にもよりますが1~2分程度で温まるものが多いようです。

E-13

そして、温まったカーラーと髪を付属のクリップで固定すれば作業はほぼ完了です。カーラーが徐々に冷めてくるので10~15分程度したらカーラーを外すとキレイな巻き髪ができているというわけ。ちなみに、カーラーは持てる程度の熱です。火傷の心配はありませんよ。

値段は多少幅がありますが3,000円程度のセットがメジャーみたいです。台座と、クリップ、サイズの違うカーラーがいくつか入って1セットという感じ。どうでしょうか、なんとなくホットカーラーの使い方はイメージできましたか?

【ホットカーラーは猫っ毛向き】トップにボリュームを出すにはもってこいのアイテム

E-17

カーラーそのものが温かくなり、しかも火傷しない程度の熱でスタイリングできるというのがホットカーラーの最大の特徴ですね。扱いやすい温かさであれば不器用さんにもチャレンジしやすそう。他にもメリットはあるのでしょうか。

そう、ホットカーラーの魅力はそれだけではありません。注目は「優しいふんわり巻き髪が作れる」というところ。コテやアイロンは高温であるために、カールが少々きつくなりがちです。一方、ホットカーラーであれば、低温だからこそふんわりとした自然な巻き髪にセットすることができるのです。

→コテ・アイロンのより詳しい解説記事はこちら

E-12

髪質が硬い、頑固なくせ毛だという場合はアイロン・コテはパワーが強く効果も出やすいでしょう。反対に髪質が柔らかい、細いという方の「トップがぺしゃんこになりやすい」という悩みにはホットカーラーがぴったりですね。ふんわりと、自然にボリュームアップが作りやすいようですよ。

しかも、コテでトップや後ろ髪を巻こうとしてもなかなかうまくいかないものです。ですが、ホットカーラーであれば、毛先からくるくるカーラーに巻き付けるだけ。あとは放置しておけば自然とキレイに巻くことが可能。コテの使いにくいトップ・後ろ髪・前髪にもホットカーラーは使いやすいと思います。

【ホットカーラーまとめ】ホットカーラー最大のメリットは低温で扱いやすいアイテムであること。仕上がりがふんわりと自然にできること。低温だからこそ、根元もカールしやすく髪のボリュームアップをしたい方にはぴったりなアイテム。

コテとホットカーラーのいいとこ取り!それがロールブラシ付アイロン

とはいえ、ホットカーラーにもいくつか欠点があります。まず「時間がかかる」こと。コテであれば、スイッチを入れ、数十秒で温かくなります。ですがホットカーラーは温めるだけでも時間がかかり、巻いていく、放置しておくと、工程も多いです。

ちなみに「ホットカーラーはダメージが少ない」とよく聞きます。ですが、低温であれ10分程度髪に巻き付けておくのですから、特別ダメージレスなアイテムというわけではないでしょう。熱を利用するアイテムである以上、ダメージは避けられないと考えたほうが良いです。

派手な巻き髪じゃなくて、ボリュームアップに使いたい、前髪だけ少し巻きたいという場合にホットカーラーは便利アイテムですがデメリットが多いのも事実です。そこで最近はホットカーラーとコテのいいとこ取りのような商品も増えています。

B-63

例えばロールブラシ付きアイロンってご存知ですか?コテのように高温にもなるのですが、ブラシ部分は熱くありません。だから、本体に触ることができます。ブラシ部分と髪に直接触れて巻くことができるという新・巻き髪アイテム。コテ初心者にとってはありがたいですよね。

そして、私もロールブラシ付きアイロンの愛用者。私はとても不器用、でも超頑固な天然パーマなのでアイロンは使いたいと悩んでいました。そんな私に美容師さんがおすすめしてくれたのがロールブラシ付きアイロンでした。現在も、このアイロンでスタイリングの特訓中です(笑)

C-16

C-75

超絶不器用&初心者でもこロールブラシアイロンなら簡単に巻き髪ができます!硬くて頑固な髪質であれば、ロールブラシ付きアイロンが合っているかもしれませんね。色々なメーカーからどんどん販売されていて種類もかなり豊富になりました。

【ロールブラシ付きアイロンまとめ】コテはうまく扱えないという不器用さんにぴったりなアイテム。アイロンに直接触れるため初心者でも簡単に巻き髪が作りやすい。現在人気も上昇中?

【画像付】寝ている間に巻き髪完成!カーラーが一番楽?

アイロンもコテもホットカーラーもとにかく嫌!とにかく楽をしたいの!そんな方は一番シンプルで安いカーラーを使うという選択もありますよね。

C-17

使い方としては、寝る前に髪をカーラーに巻き付けるだけ。一晩経てば、自然と巻き髪ができているというのがカーラーの良いところですよね。手軽な巻き髪アイテムナンバーワンかも。そして最近はこんなおもしろい形のカーラーも登場しているみたいで、思わず買ってしまいました。

C-18 C-19

切れ込みに髪を挟み込んで留めておくだけという、ちょっと新しいタイプのカーラーです。目新しい感じがしたので購入してみました。確かにこの方がカーラーよりも解けにくそうでいいですね。

それに、使うカーラーの個数が少なくて済みそうなのが嬉しいなと思いました。私は髪の量が多いので普通のカーラーだと何個も使わなきゃいけなくて面倒なんですよ。さぁ、とにかく使ってみました。

C-21

切れ目に髪をまとめて挟み込んだら一気に根元へ向かって巻き付けていきます。けっこう髪の量は多めにとっても問題ないですね。

C-22

C-23

根元付近まで髪を巻き上げたら、穴にカーラーの先っぽを入れて完成。このカーラーを4つほど使って髪全体を巻き上げていきます。

C-24

C-25

髪全体にしたら、なんだか卑弥呼様みたいになっちゃいました。このまま寝転がると寝返りが打てないのですが、果たして大丈夫だろうか。様々な不安がわいてきます。そして、髪を挟み込み一晩そのままの状態で出来上がったのがこちら。

C-27

なんじゃこりゃ。左右差がものすごい。更には極度なチリチリパーマになってしまっている部分もありとても不自然な仕上がりになったことに驚いてしまいます。このような仕上がりになってしまったことはいくつか原因があると思います。

まず原因その一、私の寝相が悪いこと。私はかなり寝返りをうつため、どうしても巻いていた髪が崩れてしまうのです。新しいタイプのカーラーでもやっぱり駄目でしたね・・・。原因その二、細かく髪を分けすぎたこと。4つのパーツに分けて巻き付けてみたのですがそれが細かい巻き髪になってしまった原因だったのかなと考えております。

寝相によって巻き髪の程度が変わってしまうのはかなり大きい欠点ですね。静かに寝られる方は良いのかもしれませんが・・・。やっぱり巻き髪作りの最強アイテムであるアイロンには敵わないのかもしれません。

【カーラーまとめ】熱も使わず、巻くだけで朝にはスタイリングが完了しているというのがカーラーの魅力。だが仕上がりにムラがでてきてしまう。仕上がりによっては余計に手間がかかる可能性大。寝返りをよくうつ人にはあまり向いていないアイテムかも。

まとめ

いかがでしょうか。

いえーいゆか

・ホットカーラーは根元もカールしやすいため髪のボリュームアップをしたい方にはぴったりなアイテム。

・コテが苦手そしてホットカーラーも面倒という方はロールブラシ付きアイロンが使いやすいかも!

・寝ている間に巻き髪が作れるタイプのカーラーは仕上がりにかなりムラがあるため、かえって面倒かも?


ついつい楽に済ませたくなるスタイリング。でも、手軽さだけを追求すると、どうしてもうまくいかないところが出てきてしまうものです。かわいい髪型を作りたいならやっぱり練習あるのみだと思います!お休みの日、ちょっと早起きできた日に何度かアイロンやコテの練習をするだけでぐっと女子力が上がりますよ。今からでも遅くない、自分に合ったアイテムでかわいくなりましょう。