可愛い人に聞いたんだから間違いない、デジパだ!



私は現在26歳の女性です。私が人生で初めてパーマをかけたのは20歳の時でした。

仕事の関係で、肩に髪がつく場合は結ばなくてはならない決まりがあり、結んでしまうと解いた時に癖がついてしまい面倒だなと思っていました。思いきって切ってしまおうか・・・と思ったのですが、同じ職場の方がパーマをかけていてとても可愛らしかったのでまずは話を聞きいてみました。

私はパーマをかけたことがなかったのですが、話を聞いているうちにデジタルパーマに興味が沸き、色々と調べているうちにデジパは持ちがいいということも分かったので早速予約をしました。

仕事のため仕方なくですが、肩に髪がつかない長さまで切ることになりました。ずっと胸元まであった髪の毛を肩につかないほどまで切るのは小学生ぶりくらいのことでとても緊張しましたが、同じ職場の方みたいに可愛くなると信じドキドキしていました。

そして完成。鏡を見た時、自分じゃないみたいにくるくるの髪の毛を見て驚きました。でも、決して嫌いじゃなく、変とかいうわけでもなく、慣れたら似合うのではないか?と自分では思っていました。みんなの反応がとても気になりましたが、きっと似合うと言ってくれるだろうと期待して一夜を明かしました。

→今よりもっときれいな髪を手に入れたいならここをチェック!ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

不評。嵐のように不評が飛び交いました。

翌日、友達から、「おばさんみたいになってどうしたの!?」と言われてしまいました。かなりの不評。私の周りの人たちは、お世辞とかは全く言わないのでさらっと本音で言ってくれましたが、私は自分では似合ってるなと少し思っていたので心の中ではとてもショックでした。その時にはまだ友達関係だった今の旦那にも不評でした。

私が今でも髪を切ろうかな、またパーマかけようかなと言うと「あの時は本当におばさんみたいでやばかったからやめた方がいいよ」と言われてしまうほどです。後ろ姿だと、同じ職場の可愛らしいパーマの人と同じようになっていたはずなのに。なぜ私だけこんなに似合わないのだろうか。

結局いまだに答えは分かりません。デジタルパーマをかけたときは持ちが良いのでなかなか元には戻らず、髪の毛も短く切ってしまったのでしばらくは皆に何を言われようと耐えていることしか出来ませんでした。でもだんだん、見慣れてくるんでしょうかね。髪が伸びてきたことでおばさん感がなくなったねと言われるようになってパーマが残ってる間は髪の手入れは特に何もしなくても出来上がっていたのでとても楽でした。

そのような感じで、人生初めてのデジタルパーマは良いんだか悪いんだか分からなかったですが、とにかく心が傷ついたことは間違いありません。もうかけないんだろうなぁ・・・