私の心を癒してくれる美容師さんとパーマに挑戦



28歳女性事務員です。いつも通っている美容院で、ヘアカタログを見て髪形を選んでいました。

髪はショートボブでいつもはまっすぐなスタイリングですが、ヘアカタログのふんわりとした髪の女の子たちがかわいらしく思えて、ショートでゆるいふわふわの髪って素敵かな?と美容師さんに相談しました。

指名している美容師さんは有名な方でかなりの実力を持っていますから、いつだって髪のことは信頼して相談しています。彼の手にかかりますと、なんだか癒されているような心地になり、美容師というよりも医者ではないかしら、という心地がいたします。髪をきれいにしてもらうだけでなく、なんだか心も癒されてきれいになって帰れるような気がするのです。

ヘアカタログのモデルもショートボブで、毛先がふわふわとウエーブがかかっている髪形です。美容師さんは、「君の髪は柔らかいから、パーマは当たりやすくて取れにくい髪質だけどいいかな?」と言っていましたが、とりあえずヘアカタログのモデルさん風のウエーブを当てることに決めました。

いつものカットよりもパーマですから時間は一時間以上かかりますが、その間にもハーブティーやお茶菓子を出したり、雑誌を変えたりともてなしてくださいますので苦痛にはなりません。

そして、毛先がウエーブで動く、柔らかいスタイリングができあがりました。ふわっとしていてかわいらしいです。友人の結婚式もありましたから、素敵な時期に可愛い髪形になれたと思います。自分ではとっても満足していました。

→ストレスフリーな美髪を手に入れよう!ヘアケアシャンプーランキングはこちら

自力でスタイリングをする術を学びました(笑)

しかし、職場では、なんだかもともとのほうがいいよ、という声もあったのです。その後、美容師さんの想像以上にパーマは持たず、ゆるいウエーブは一か月もしないうちに取れてしまいました。

信頼していた美容師さんですから、少し残念な気もしましたが、100%などないということでしょう。このような失敗?があっても、私は彼を信じております。

私はもともと髪が柔らかいですから、パーマなどかけなくても、ちょっとの時間、カーラーなどを巻いておくだけで十分だということが実はこの時にわかりました。以後、ウエーブのパーマをかけることはありません。

その代わりにカーラーやアイロンやコテなどをそろえて自分なりにスタイリングすることにいたしました。パーマをかけてもすぐに取れますが、扱いやすい髪だということが分かったのです。

人生初めてのゆるいウエーブの髪形は、友人の結婚式のドレスという晴れやかな姿で写真に収められています。ウエーブはカワイらしい仕上がりになりますので、これからもチャレンジしていきたいです。