美容院のシャンプーとドラッグストアのシャンプー、何が違うの?


女性なら誰しもシャンプー選びに苦労した経験があるのではないでしょうか。私も自分に合ったシャンプーが選べない「シャンプージプシー」でした。

・ドラッグストアで買うか、美容院で買うか悩む。美容院のシャンプーがいいのは何となくわかるけど、何がそんなに違うの?

・美容師さんにサロンシャンプーをすすめられた。別にドラッグストアのシャンプーで満足してるんだけど・・・ドラッグストアにシャンプーを使い続けちゃダメなの?


でもぶっちゃけドラッグストアのシャンプーの方が安くて気軽に買えますよね。ですが、実際は「美容院のシャンプー」と「ドラッグストアのシャンプー」ではものすごい違いがあったのです。

もくじ



1.【成分の違い】美容院のシャンプーは洗浄成分にこだわりあり
2.【仕上がりの違い】すぐにサラサラ&ツヤツヤ=良いシャンプーではない
3.【目的の違い】ドラッグストアは量産型・美容院のシャンプーはアフターケア型
4.ノンシリコンシャンプー・ボタニカルシャンプーなら安心?
5.自分に合ったシャンプーを見つけるにはどうしたらいい?
6.まとめ

【違いその1・成分の違い】美容院のシャンプーは洗浄成分にこだわりあり


ドラッグストアのシャンプーと美容院のシャンプーを比べると一番違いが出るのは洗浄成分です。美容院のシャンプーは「頭皮にとってちょうど良い洗浄力」を重視して作られています。ドラッグストアのシャンプーは「泡立ちがよく汚れを一回で洗い流せる」ような洗浄成分で作られているのです。

そもそも、髪の土台であり髪に栄養を送る「頭皮」は常に適度な皮脂を必要としています。顔も洗いすぎたり、洗浄力の高すぎる洗顔石鹼を使うとつっぱったり、カサカサになりますよね。頭皮も顔と同じ皮膚ですから、洗いすぎると乾燥してコンディションが悪くなってしまうのです。

ですから、シャンプーは「頭皮にとってちょうどよい洗浄力」がベスト。特に美容院で売られているようなサロンシャンプーはその「洗浄力」にものすごいこだわりがあります。一方ドラッグストアのシャンプーは「誰でも簡単に泡立てられる」「汚れをすっきり洗い流すこと」を重視していることがほとんど。幅広い年代の女性に使ってもらうために、見た目(泡立ち)が良くさっぱり感のあるシャンプーを作ることが大切になってしまうんですね。


ちなみに、ドラッグストアのシャンプーの成分表を見ると大抵の場合「ラウレル硫酸~」「ラウレス硫酸~」「スルホン酸~」といった洗浄成分が使用されています。ぜひ成分表をじっくり見てみて下さい。これらは洗浄力と泡立ちはバツグンなのですが、髪に刺激を与えることが多い洗浄成分なのです。

一方、美容院のシャンプーはベビーシャンプーにも使用されるようなマイルドな洗浄成分ばかり。特に最近はアミノ酸シャンプーが主流ですね。通常の洗浄成分にアミノ酸などを配合することで髪にとってちょうど良い洗浄力を実現させています。

【プチまとめ】ドラッグストアのシャンプーと美容院のシャンプーでは洗浄成分がまったく違う。髪にとってちょうどよい洗浄力で洗えるのは美容院のシャンプー。

【違いその2・仕上がりの違い】すぐにサラサラ&ツヤツヤ=良いシャンプーではない


次に仕上がりの違いですが、短期間でサラサラ・ツヤツヤになりやすいのは「ドラッグストアのシャンプー」だと思います。「すぐにサラサラになるならドラッグストアのシャンプーがいいじゃん」と思ってしまいますよね。実は「サラサラ・ツヤツヤ」=「良いシャンプー」ではないのです。

ではどうしてドラッグストアのシャンプーはすぐにサラサラ・ツヤツヤな髪になるのでしょう。それはコンディショニング剤・仕上がりをよく見せる成分がたっぷり使われているから。先ほども書いたように美容院のシャンプーは洗浄力のバランスを重視しているため、ジワジワと髪質がキレイになっていくのです。


ドラッグストアのシャンプーのほとんどはツヤを出すためのシリコンや、サラサラ感をアップさせるためのアルコールが使用されています。他にもトリートメントに柔軟剤の役割をする界面活性剤をたっぷり使っていることも多いですね。

洗濯ものもそうですが、柔軟剤を入れれば手触りは圧倒的によくなります。ですが、柔軟剤を使うことをやめてしまえばあっという間にパサパサに元通りです。髪も同じで、ドラッグストアのシャンプー・トリートメントの使用をやめるとまたパサパサな髪になってしまうでしょう。

つまり、ドラッグストアのシャンプーがすぐにサラサラ・ツヤツヤになるのは「美髪に見せるための成分」をたっぷり使用しているだけ。根本的な髪質は変わっておらず、むしろ悪くなっている場合もあるのです。

【プチまとめ】ドラッグストアのシャンプーはすぐにサラサラ・ツヤツヤになったように感じるが、界面活性剤やシリコンの力でそう見えるだけ。使わなくなればまたすぐにパサパサに戻ってしまうので注意。

【違いその3・目的の違い】ドラッグストアは量産型・美容院のシャンプーはアフターケア型

最後にシャンプーの目的の違いをチェックしていきましょう。ドラッグストアのシャンプーは「すぐにサラサラ・ツヤツヤになる安価なシャンプー」を作ることが目的で、美容院のシャンプーは「パーマ・カラー・縮毛矯正・カットを長持ちさせるシャンプー」であり「髪質をちょっとずつキレイにさせること」が目的なのです。


ドラッグストアのシャンプは言うまでもなく量産型ですよね。大量に作ってCMを流し、幅広い年代の女性に使ってもらうことがドラッグストアのシャンプーの大きな目的です。そのためにはすぐにサラサラでツヤツヤな髪になってもらはなくてはいけないので、手触りがよくなるシリコン・アルコール・界面活性剤を使用することとなります。

ですが美容院のシャンプーは「今日の施術(パーマやカラー)をキレイに長持ちさせる」「カットが映えるようなキレイな髪になってもらう」ということが大きな目的です。つまり自分のお客さんにキレイな状態をキープしてもらうために、正しいホームケアを続けてもらうために開発しているシャンプーなのです。


パーマやカラーといった美容院での施術を長持ちさせるには髪をちょうどよい洗浄力のシャンプーで洗い、刺激を最小限に抑えることが大切。刺激の強いシャンプーを使うと長持ちするはずのパーマやカラーもすぐに落ちてしまうのです。ですから美容院のシャンプーは洗浄成分にこだわり、刺激の強い界面活性剤やアルコール・シリコンは使用されないことが多いというわけ。

【プチまとめ】美容院のシャンプーはちょうどいいシャンプーで洗うことによりパーマやカラーが長持ちしやすくなる。ドラッグストアのシャンプーはすぐに髪の手触りや質感を向上させることが大きな目的。

ノンシリコンシャンプー・ボタニカルシャンプーなら安心?ドラッグストアのシャンプーの落とし穴


ドラッグストアのシャンプーでもこだわりを感じる商品名・キャッチコピーが並んでいますよね。最近すっかり主流になった「ノンシリコンシャンプー」や「ボタニカル系シャンプー」も人気。ノンシリコンなら髪に優しそうですし、ボタニカルという言葉もオーガニックに似た響きがあります。


ですがノンシリコンもボタニカル系シャンプーも、ドラッグストアのシャンプーだということに変わりはありません。成分表を見てみると意外と刺激の強い界面活性剤を使用していたり、シリコンよりも刺激の強い成分が使用されている場合もあります。ボタニカル系のシャンプーといっても天然成分はほんの少ししか使われていないなんてことも珍しくはありません。ボタニカルやオーガニックという言葉を使うにあたって、明確なルールはないのです。

先ほども書いたように、髪を根本的にキレイにするためには一時的に手触りをよくさせるだけではダメ。髪や頭皮にとってちょうどいい洗浄力で洗い、刺激を最小限に抑えることが欠かせません。ボトルのデザインや商品名で判断するのではなく、成分の刺激の強さや洗浄力でシャンプーを選ぶようにしましょう。

【プチまとめ】「ノンシリコン」「ボタニカル」という言葉だけではシャンプーの質は分からない。成分・洗浄力がシャンプーを見極めるためのポイント。

高品質なシャンプーが欲しい!自分に合ったシャンプーを見つけるにはどうしたらいい?

ここまで読んでいただくと「ドラッグストアのシャンプーは一時的な効果しか得られない」「美容院のシャンプーは使い続けることで髪をキレイにする」ということがお分かりいただけたかと思います。これからもパーマやカラーを楽しんだり、年を重ねれば白髪染めをするのであれば、美容院のシャンプーで長期的なヘアケアをしていった方が良いということです。

とはいえ自分に合うシャンプーを探すのはやっぱり大変。どうやって自分の髪とシャンプー相性を見極めればよいのでしょうか。答えは簡単で、シャンプーを試してしまえばいいのです。サロン品質のシャンプーを試せるような、そんなお店やネットショップから取り寄せることがシャンプージプシーを抜け出す近道だといえます。

今の時代、ネットでもサロン品質のシャンプーを手に入れられるようになりました。特にオンラインストアで購入できるシャンプーには、美容院のシャンプーと同等の成分でありながら「返品・返金可能」というものもあるのです。確かに、デパ地下のお総菜屋さんのように試食ができれば納得してシャンプーを使い続けられますよね。


最近私は有名な美容師ブロガーさんなどが猛プッシュしていた「ハーブガーデン」を愛用しています。決め手は子供も使えるような安心の成分であることと、返品保証がついていたことでした。やはり自分の髪でシャンプーを確かめてから「マイシャンプー」を使いたいですからね。

ハーブティーで作ったシャンプー「ハーブガーデン」を実際に使ってみました。私のゴワゴワ・パサパサ髪はサラサラになるのか、詳しくはこちら。

まとめ

いかがでしょうか。

いえーいゆか

・ドラッグストアのシャンプーと美容院のシャンプーでは洗浄成分がまったく違う。髪にとってちょうどよい洗浄力で洗えるのは美容院のシャンプー。

・ドラッグストアのシャンプーはすぐにサラサラ・ツヤツヤになったように感じるが、界面活性剤やシリコンの力でそう見えるだけ。使わなくなればまたすぐにパサパサに戻ってしまうので注意。

・美容院のシャンプーはちょうどいいシャンプーで洗うことによりパーマやカラーが長持ちしやすくなる。ドラッグストアのシャンプーはすぐに髪の手触りや質感を向上させることが大きな目的。


よく考えてみれば、シャンプージプシーって負のループを繰り返していますよね。ドラッグストアでいいシャンプーを試してみる→すぐサラサラにはなるがちょっとしたことでパサパサに元通り→またシャンプーを変える・・・。これでは確かに自分に合ったシャンプーには巡り合えません。まずはプロも認めるようなシャンプーを試して、自分の髪に合うかじっくり使ってみることがとても大切なのです。