人気シャンプーを見極めるために私は「口コミの数」をチェックしています。今だと

●ロレアルパリクレンジングシャンプー
●ハニーチェ


などが人気ですね。前者は割りと最近出たシャンプーで、後者は少し前に出たシャンプーで長く人気があるシャンプーです。

うーんゆか

この二つのシャンプーってようするに「多くの人に支持されている」ってことだと思うんですけど、ヘアケア的にはどうなんですかね?両方ともドラッグストアで手に入り、価格は900円~1600円程で手が出しやすいシャンプーです。

私が現在愛用中の「ハーブガーデン」よりも髪や頭皮の悩みがちゃんと解決できるのであれば、乗り換えても良いと思ってはいるのですが。

使用感や仕上がりを厳しい目でチェックし、実際にそれぞれのシャンプーを使用した後の髪の写真を載せてみました。そして、「ヘアケアをするためのシャンプー選び」において最も重要な
「成分」
についてはより詳しく比較してみることにしました。

シャンプーを実際に使ってみた使用感・仕上がりは?

まず、今回の撮影時の私の状況はこんな感じ。


というわけで、早速見ていきましょうか。

■ハニーチェを試してみた

(3日間検証。うち1日は朝からスタイリング剤を使用。)
  • 後からパシャリ

※写真はスライドできます

【使用感】
ハニーチェを使って、まず思ったのはハチミツの香りはあまりしないなということ。どちらかというと甘いフローラルな香り。

泡立ちはバツグンによく、ほどよいとろみ・粘り気があり、頭皮をしっかり洗える感じがしました。また、水切れもよかったです。ワックスはきれいに洗い流せた感じがしましたね。

【仕上がり】
しかし、すすいだ直後から髪がキシキシ。これは気になりました。ドライヤー後もチリチリ、パサパサ感がかなり出てしまったなという印象を持ちましたね。乾かした後のシャンプーの香りはかすかに香る感じでした。


うーんゆか

日を追うごとに髪がキシキシ、パサパサしてきたのを実感。「3日間使っているのがしんどかった」というのが本音です。毎日ガンガンにハードなスタイリング剤を使うならこういうシャンプーも良いけど…

【プチまとめ】髪の傷みは改善されなかった。

■ロレアルパリを試してみた

(3日間検証。うち1日は朝からスタイリング剤を使用。)
  • ボリュームがおさまってきた

※写真はスライドできます

【使用感】
ロレアルパリの香りはデパートの化粧品売り場のような甘い香り。ワンプッシュで出てくるシャンプーの量が多いので、表記されている回数プッシュしなくても充分足りるなと思います。

頭皮に塗ってマッサージしているとメンソール・メンソレータムのような強烈な清涼感がありました。目がシパシパする程スースーします。

そして水切れがとにかく悪いですね。ぬるぬる感が長く続くため、いつまですすげばいいのかよく分からない。例えるならトリートメントをシャンプー代わりに使っている感じ。このせいか、ワックスが落ちたのか落ちてないのかさっぱりわかりません。ずっとぬるぬるしててサッパリ感はなく、洗った気は全くしません。

【仕上がり】
ですがブロー後のしっとり感はバツグン。するっと髪がまとまる感じがありますね。天使の輪がほんのりできたのもハニーチェより好印象。髪が乾くのも早い気がする…毛先の傷みはちょっと傷み過ぎですかね?大きな変化は見られませんでした。ブロー後もワックスがベタベタ残っていると感じることもなかったです。シャンプーの香りは強く残りました。


そっかーゆか

これが新ジャンルの「ノーシャンプー」なのかぁというのがほんとに率直な感想。ハニーチェよりも明らかな仕上がりの良さに満足も洗い心地が皆無で洗った気が全くしないのは気持ち悪いなって感じです。

【プチまとめ】仕上がりには満足できた。あとは成分しだい。

■ハーブガーデンを試してみた

(3日間検証。うち1日は朝からスタイリング剤を使用。)
  • しっとり感とツヤが大幅アップ

※写真はスライドできます

【使用感】
香りは爽やかなハーブの香り。ミント程強くない、柔らかな香り。泡立ちはまずまずで、セミロングだとワンプッシュでは足りないので2~3プッシュは必要。

フワフワな泡で包み込む、というよりは細かい泡が髪に密着しているような印象で、泡切れはとても良いですね。すっと洗い流せます。ワックスを使っても通常の量で充分洗い流せました。洗った後のサッパリ感も実感でき、キシキシ感はまったくないです。

【仕上がり】
仕上がりの印象はしっとりとした潤いが残るような感じです。一日目よりも二日目、二日目よりも三日目と、使えば使う程自然なツヤがアップしてくるなと感じました。そして、翌朝もしっとり感が持続している感じがよかったですね。とにかく潤っている感覚が続く、みたいな。お風呂場はハーブのいい香りでしたが、ブロー後にシャンプーの香りはあまり残らないです。


いえーいゆか

結構な傷み具合だった毛先部分のダメージケアもできました。仕上がりはロレアルパリよりもより自然な感じで、優しいしっとりふんわり感が実感できましたね。とにかく保湿力が高く、長時間持続するしっとり感がよかったです。シャンプーの香りが髪に残らないのは少し不満な場合もあるでしょうか。

【プチまとめ】仕上がりに満足できた。こちらもあとは成分しだい。

成分から分かる各シャンプーのほんとの実力は?

次に、ちゃんとヘアケアができるシャンプーを選ぶ上で最も重要な「成分」について見てみましょう。シャンプーの成分表は「成分の占める割合」が多い順に並んでいます。ほとんどが「水」ですね。

■ハニーチェの成分分析

まずは「ハニーチェ」の主成分をみてみます。正直どの成分も特別感はなく「ドラッグストアにありがちな普通のシャンプー」といった印象が強いです。リーズナブルなシャンプーのわりには刺激の強い界面活性剤ばかりというわけではありません。ですが、ダメージケアに適しているシャンプーだとは言いにくいですね。


【良い意味での注目成分】
●コカミドプロピルベタイン
●PEG-8
●ハチミツ

「コカミドプロピルベタイン」はベビーシャンプーにも使用されているような優しい洗浄成分。「PEG-8」も髪・頭皮への刺激は低い、泡立ちや粘度を高めてくれる補助的な成分だといえます。「ハチミツ」も他のシャンプーに比べれば多く配合されている方なのでハチミツの良い香りも楽しめます。このあたりは良いですね。

【悪い意味での注目成分】
●オレフィンスルホン酸Na
●クオタニウム
●イソプロパノール
●エタノール

洗浄成分についてみていくと「オレフィンスルホン酸Na」という界面活性剤が使用されているのがちょっと気になりますね。「オレフィンスルホン酸Na」は髪や頭皮を傷めるような成分ではないものの、パサパサ・キシキシ感が出てきてしまっているダメージヘアにとってはちょっと洗浄力が強すぎるのです。「クオタニウム」という界面活性剤も少量使用されているようですが、かなり洗浄力の高い成分なので更に髪がパサパサにならないか心配・・・。

防腐剤としては「セバシン酸ジエチル」「イソプロパノール」「エタノール」などの成分が含まれていますが、毒性や危険性の高い成分ではありません。ただエタノールといったアルコールは髪のキシキシ感が出てくる原因ともなるので、できればあまり使ってほしくないなぁと思います。

うーんゆか

「ずっとパサパサなダメージヘアに悩んでいる」「パーマやカラーが長持ちしなくて困っている」「髪の悩みを解決したい」という場合にはもっともっとマイルドな洗浄力のシャンプーを使うべきだと思います。

【プチまとめ】傷んだ髪には刺激が強すぎる成分が見受けられた。

■ロレアルパリの成分分析

次に、ロレアルパリのクレンジングクリームの成分をチェックしていきましょう。今回比べた三種類の中では特に変わっていて、成分表をチェックした印象としては「これって本当にシャンプーなの?」「これで毎日髪を洗っていて本当にヘアケアできるの?」という感じでした。


【これがシャンプー?注目成分】
●セテアリルアルコール
●ベヘントリモニウムクロリド
●ココベタイン

使用されている主成分「水」「セテアリルアルコール」「ベヘントリモニウムクロリド」「ココベタイン」と見てみても、トリートメント的な要素が非常に強いです。特に「セテアリルアルコール」「ベヘントリモニウムクロリド」はトリートメントでよく使用されている界面活性剤で、安全性もある程度高く柔軟剤のような役割を果たしてくれます。

なので髪の手触り、サラサラ感はすぐに感じられるでしょう。実際に私も仕上がりの良さは感じました。他にも「ジメチコン」というシリコンなども使用されているためツルツル感も出やすいですね。「トリートメント」として使用する分には特に問題ないような成分だといえます。

【悪い意味での注目成分】
●ベヘントリモニウムクロリド(使用方法に難あり)
●メントール
●フェノキシエタノール

気になったのが使用方法。頭皮につけてマッサージするように使うことを推奨しています。ですが、主成分のひとつである「ベヘントリモニウムクロリド」は毛先を中心にトリートメントとして使う分には問題ないものの、頭皮につけるような成分ではないのです。

「ベヘントリモニウムクロリド」は皮膚への刺激が強いため今までシャンプーには積極的に使用されていませんでした。ですので、「頭皮につけてマッサージするように洗う」というのはちょっとびっくり。「毎日使って本当にきれいな髪、悩みの無い髪になれるのかな…」という印象を受けてしまいました。

しかも「メントール」も入っているため頭皮がかなりスースーします。清涼感があって良いのですが、メントールはアルコールですから長く髪に使い続けているとキシキシ感が強くなってしまう可能性大。アルコールですから抗菌作用も高いのでしょうが、どうしても髪のダメージに繋がってしまうのが心配ですね。

※↑写真は「パラベン不使用」商品の例です。

「フェノキシエタノール」という成分ですが、これは防腐剤です。シャンプーの防腐剤といえば、有名なのがパラベン。パラベンという防腐剤はお肌に優しくないことから「パラベン不使用」のシャンプーが増えてきました。写真のような「パラベン不使用」「パラベン不使用で自然由来のシャンプー」というような宣伝文句は一度目にしたことがあるのではないでしょうか。

ところが、パラベンを使っていないから安心かというとそういうことでもありません。肌が敏感な女性・子供が気を付けるべきシャンプーの防腐剤はまだあるのです。そのひとつが今回使用されていた「フェノキシエタノール」です。

シャンプーはお風呂場に置いておくことから雑菌が繁殖しやすく、防腐剤を使うことは珍しいことではありません。ですが、頭皮や髪に刺激を与えるような防腐剤はできるだけ入っていない方が良いに決まっていますよね。

うーんゆか

成分から感じたのは「シャンプー」として発売されているのに、トリートメント感が強い。防腐剤もユーザーに誤解を与えかねない記載で「臭いものに蓋をしている感」がぬぐえませんね。使用方法もヘアケア的にはとても不安ですね。

【プチまとめ】シャンプーとしての成分や、メーカーに不信感。安心できない。

■ハーブガーデンの成分分析

最後に現在私が愛用している「ハーブガーデン」の成分をみていきましょう。ハーブガーデンは多くのシャンプーに使用されている石油系界面活性剤、シリコン、合成ポリマー、防腐剤、香料、着色料は不使用としています。また、「水ではなくハーブティを主成分としている」「徹底してアミノ酸系の洗浄成分を使用している」というのもポイントです。


【良い意味での注目成分】
●オーガニックハーブティー
●アロエベラ葉エキス
●ラウロイルメチルアラニンNa
●ココイルグルタミン酸Na
●ラフィノース

普通のシャンプーでは「水」が一番多く使用されているのですが、ハーブガーデンは頭皮・髪に良い7種類の阿蘇のハーブを煮出した精製水を使用しています。そこへ「アロエベラ葉エキス」というアロエから抽出されるエキスも入れて、抗菌作用を高めており「ラウロイルメチルアラニンNa」「ココイルグルタミン酸Na」「ココアンホプロピオン酸Na」というアミノ酸系の界面活性剤も配合。

天然の成分と界面活性剤がバランスよく配合されいるため、傷んだ髪にとっては優しくてちょうど良い洗浄力ですね。頭皮に必要な成分や皮脂を洗い流さないので、頭皮の環境を正常に整えてくれることも期待できます。

保湿成分は「グリセリン」「ヒアルロン酸Na」「加水分解シルク」「ラフィノース」といった化粧水やベビーシャンプーにも使用される成分や植物系のオイルなどを配合。「グリセリン」はシャンプーに使用されていることは珍しくありませんが「ラフィノース」が使用されているシャンプーはほとんどドラッグストアでは手に入りません。ハーブガーデンが頭皮からしっとりとさせてくれるのは、「ラフィノース」のような高品質保湿成分のおかげなのでしょう。

もう成分表をパッと見ただけで普通のシャンプーと違うことが分かりますよね。果実エキスや種子油、ハーブにアロマオイル・・・天然成分のオンパレード状態です。難しいカタカナばかりの成分も、調べてみるとほとんどが肌に優しい洗浄成分や保湿成分でした。

【悪い意味での注目成分】
えこひいきしているわけではないのですが・・・特にありませんでした。

いえーいゆか

化学成分に頼らずにサラサラな仕上がりを作り上げるのですから驚きますね。シャンプーのことを本気で分析している多くのサイトが「ハーブガーデンの成分はすごい」と言ってますが、成分からメーカーの「女性を美髪へするぞ」っていう執念を感じますよね。

【プチまとめ】髪の悩みを解決してくれそうな優しい成分。

→ハーブガーデンのお取り寄せはこちら

髪の悩みを解決したいならシャンプーは大事

ここまで見てきて、やはり成分にこだわりを感じないシャンプーでは使用感も仕上がりも満足がいかないものとなりましたね。パーマで髪が傷んでいる、パサパサでゴワゴワの剛毛を髪や頭皮を健康にしながら改善したいという私の悩みを、ハニーチェやロレアルパリでは達成できませんでした。

あなたにも髪の悩みがあるのなら、まずシャンプーにこだわってみるのはいいと思います。毎日使うだけで効果を感じられますし、何より簡単じゃないですか。お風呂でいつも使っているシャンプーを「変えるだけ」なのですから。

他にもヘアケア方法はたくさんあります。ドライヤーのブロー方法、洗い流さないトリートメントの活用、健康的な生活を送る、食事にこだわる…などなど、言い出したらきりがないのですが、一番効果的なヘアケアが一番簡単なのですからまずは「やってみる」ということがとても大事なことですよね。



私がハーブガーデンを使ってみようと決断したのは、
「定期購入キャンペーン」

があり、とても安心かつお得に試せる機会があったからです。実はこのキャンペーン、2018年3月現在もまだやってますので最後にこのキャンペーンについて詳しくポイントをまとめておきますね。私の愛用ヘアケアシャンプーを試してみたくなった場合はぜひチェックしてみてください。

まとめとハーブガーデンの詳細

というわけで、乗り換えならず!今回の3つのシャンプーの中では、ハーブガーデンが文句なしで「ベストオブ髪に優しいシャンプー」だということになりました。口コミの数や話題性というのは選ぶきっかけにしかなりませんね。



 ハーブガーデンの特徴



・普通の水ではなく、ハーブを煮だした「オーガニックハーブティ」が使用されている
天然系シャンプーの中でも抜群の泡質で、しっとり感を実現
・洗浄力の強すぎない「アミノ酸系洗浄成分」を使用している
ノンシリコンなのにキシキシしない、しっとりサラサラな仕上がりになる

 こんな人はハーブガーデンを試してみる価値あり♪



・パサパサで髪のダメージが気になる
・パーマやカラーをしようと思っている
・パーマやカラーをきれいに長持ちさせたい
・健康な頭皮を維持・取り戻したい
・頭がかゆい、くさい
・髪にはりやコシが欲しい
・指通りのよいサラサラな髪になりたい
・いろんなシャンプーを使ってきたけど、なかなかいいのに巡り合えていない
・家族みんなで使いたい

 こんな人にはハーブガーデンを勧めません



・ハーブの香りが苦手
毎日ハードなワックスやヘアスプレーを大量に使っていて、洗浄力の高いシャンプーで髪を洗いたい
・髪にしっかりシャンプーの香りが残ってほしい方

 定期購入キャンペーンがお得



ハーブガーデンは定期購入キャンペーンを利用するととてもお得にお求めできますので、キャンペーン詳細をまとめておきます。

①ずっと半額
普通に購入しようとすると、シャンプー・コンディショナーセット(各300ml、たっぷり使いで約2か月分)が8000円(税抜)もするような高価なシャンプーですが、定期購入を選択すると初回はもちろん、その後もずっと半額の4000円(税抜)で購入できます。

②いつでも休止・解約OK
定期購入はいつでも休止・解約することができるので、気にならないでしょう。その際の問い合わせもメールでOKです。定期購入は「〇ヶ月は購入し続けなきゃダメ!」という縛りがあるものも多いですから、これはありがたいですね。

③15日間の返金保証付き
初めて商品が届いてから15日間の間は、返金保証がありますので気軽に試すことができますね。身体に合わない、気に入らない場合は15日以内に判断し、返品の手続きをするといいですね。ただし、この特典は下記の赤いボタン(メーカー公式サイト)からのみ適用される特典ですのでご注意ください。

ちょっと試してみたい、本気で髪の悩みを解決したいというあなたは、このお得なチャンスを利用してください。


商品詳細もご覧いただけます↑



最終更新日:2018年3月18日