頭皮の乾燥がやばい!荒れた頭皮、どうケアする?


乾燥の季節になると、気になるのがお肌のカサカサ・髪のパサパサですよね。そして頭皮も皮膚の一部、乾燥にトラブルも多いです。

・乾燥肌のせいなのか、頭皮の乾燥がひどい。フケが出てきて困っている。

・清潔にしているのに頭皮の乾燥のせいでフケが出る。


毎日お風呂に入っていても、頭皮が過度に乾燥しているとフケやかゆみが起きることはあります。頭皮の乾燥の原因をしっかり理解して、正しいお手入れをスタートさせましょう。

もくじ



1.頭皮の乾燥の原因は?
2.毎日やるべきお手入れ&対策
3.頭皮保湿ができるシャンプー
4.まとめ

フケ&かゆい!頭皮の乾燥、なにが原因?

頭皮が乾燥するとこんなトラブルが起きてしまいます。


・パラパラ、カサカサと乾燥したフケが出る。

・かゆくなってくる

・抜け毛が増えた

・頭皮にニキビができる


元々乾燥肌だったりアトピーの症状が出やすいと、頭皮も乾燥しやすくなります。ですが、頭皮が乾燥してしまうには体質だけが原因ではありません。日常のこんなことが頭皮の乾燥に繋がってしまうのです。


・乾燥した空気、湿気が少ない環境

・紫外線

・シャンプーの強すぎる洗浄力・髪の洗いすぎ

・ホルモンバランスの乱れ


いかがでしょう。けっこう何気ないことで頭皮ってカサカサに乾燥してしまうのです。

そもそも、頭皮や肌は「適度な湿気」と「適度な皮脂・常在菌」が潤いを保つポイント。秋になると空気が乾燥してお肌が乾燥しやすくなりますよね。私も秋・冬になるとお肌がパサパサ、化粧水や保湿クリームが手放せなくなります。そんな状態が頭皮でも起きているのですが、実は肌や頭皮は60パーセント以上の湿気が必要だといわれているのです。

乾燥した空気で弱っている肌に紫外線があたればダブルパンチ。頭皮だって髪だって日焼けによるダメージは大きいんですね。

そしておうちでのケアですが、パラパラのフケが出るからと一生懸命洗いすぎると逆効果になります。フケって「汚いから出る」「不潔」というイメージが強いため、ゴシゴシと髪を洗いたくなりますよね。頭皮が乾燥してフケが出始めると一日に二回はシャンプーするという人も少なくありません。


ですが「洗いすぎ」はまったくの逆効果で、頭皮の潤いをキープするための皮脂や常在菌まで洗い流されてしまうのです。肌や頭皮にはある程度の「油」つまり皮脂があり紫外線や乾燥から守ってくれています。常在菌という潤いを保つために必要な「良い菌」も常に頭皮には存在しており、皮脂や常在菌のバランスが崩れると過度に乾燥したり、油ギッシュな頭皮になってしまうのです。

また、ドラッグストアで売られているようなシャンプーだと洗浄力が強すぎることが多いため、一回のシャンプーでも「洗いすぎ」になる可能性大。気づかない間に保湿に必要な皮脂などを洗い流してしまっているかもしれません。ではどんなシャンプーがいいのか?これについては詳しく後述します。


最後は「ホルモンバランス」ですが、女性らしい髪や頭皮環境を保つためには重要なポイントになります。ホルモンバランス、特に女性ホルモンの一種である「エストロゲン」は女性らしいツヤツヤな髪、豊かな髪、潤いのある頭皮を育てるために必要不可欠。ですが、食事のバランスが崩れていたり睡眠不足が続くと徐々にエストロゲンの働きが弱くなってしまうのです。

おさらいしますと、頭皮が乾燥している大きな原因は乾燥した空気や紫外線といった「外からのダメージ」と洗いすぎなどによる「間違ったヘアケア」、更にホルモンバランスの乱れ。ということになります。

※過度な抜け毛や頭皮が赤くなり炎症を起こしている場合には速やかに医療機関へ相談することをおすすめします。

【プチまとめ】「適度な湿気」と「適度な皮脂・常在菌」が頭皮の潤いを保つポイント。紫外線や乾燥、髪の洗いすぎには要注意。

頭皮の乾燥を防ぐために毎日やるべきお手入れ&対策

パラパラとフケが落ちたりかゆくなる「乾燥頭皮」にはどんなお手入れをするべきなのでしょう。今すぐできる対策としては「適度に洗い、正しくブローすること」です。更に「紫外線対策」「食事バランスを整える」ということをプラスすれば更に頭皮環境を整えやすくなります。


まず「シャンプーはしっかり泡立てて、ぬるま湯で洗う」ということを心がけましょう。熱いお湯でゴシゴシ洗い、シャンプーをたっぷり使って髪を洗うのは乾燥の原因となります。ぬるめのお湯で優しく頭皮をマッサージするように濡らし、手でシャンプーを泡立ててから頭にのせて優しく洗っていきましょう。そうすることで頭皮への無駄なダメージを防ぎ、頭皮の潤いをキープするための「皮脂」なども洗い流すのを防ぐことができるのです。

「しっかり洗えていないような気がしてついついゴシゴシ洗いたくなる」という気持ちもよくわかります。ですが、ぬるめのお湯をしっかり頭皮に浸透させることで余分な汚れは流れやすくなります。シャンプーを泡立てておくことで髪や頭皮に余計な摩擦・ダメージを加えなくて済みますし、シャンプーの界面活性剤の力で汚れもきちんと洗い流せるんですよ。もちろん、一日に何度も洗う必要もなし。一日一回で余分な汚れは十分の落とすことができるのです。


さて、お風呂から出たら「ブロー」です。ドライヤーの熱で頭皮が乾燥しやすくなるような気もしますが、ブローはヘアケア・スカルプケアの基本。正しく行えば、頭皮も髪も乾燥を最小限に抑えることができます。

ポイントは頭皮とドライヤーの距離感。できるだけ腕を曲げないようにしてドライヤーを持ち、熱よりも「風の勢い」で水分を飛ばすようにしてブローしていきましょう。

ドライヤーの熱ではなくて風の勢いで水分を飛ばしていくことによって頭皮が熱くなることを防ぎます。髪へのダメージも軽減されるため、ブロー後もしっとりなりますよ。注意としては毛先から水分がかなり落ちるので、肩にはタオルをのせて、途中で乾いたタオルへ変えることをおすすめします。


最後は紫外線対策と食事に関する対策ですね。紫外線対策としては、毎日決まった分け目にセットしないこと。毎日同じ髪型・同じ分け目だと、頭皮の同じところに紫外線が当たり続けダメージが集中します。髪の根本も同じ方向にいつも引っ張られているとボリュームが出にくくなってしまうので、あまりいいことはありませんね。

ですから、分け目は日によって変えることで紫外線のダメージを分散させることができます。しかも、分け目をこまめに変えることで頭皮の血行も促進されて栄養がいきわたりやすくなるので一石二鳥なのです。


そして、食事ですが頭皮にしっかりと栄養を届けて潤いをキープさせるためには上手にたんぱく質を摂取しましょう。特に大豆製品は欠かせません。食事に豆腐や納豆をプラスするといいですね。ちなみに最近注目の食材はゴマ。たんぱく質を吸収する手助けをしてくれると注目されているので、ごはんにかけてみたり、胡麻和えにしてみたりして食事に加えてみて下さいね。

【プチまとめ】乾燥しやすい頭皮はぬるま湯で優しく髪を洗い、ドライヤーを上手に使って乾かそう。食事にたんぱく質の豊富な食品をひとつプラスすると更にGOOD。

シャンプー選び!頭皮の保湿もできる万能シャンプーは要チェック!


ヘアケアといえば「シャンプー」ですが、髪だけではなく頭皮の潤いを保つためにもシャンプーは重要です。先ほどドラッグストアのシャンプーだと洗浄力が強すぎると書きました。シリコンやオイルがたっぷり入っているシャンプーが多いためツヤは出やすいのですが、強い洗浄成分が含まれており、頭皮や髪へダメージを与えてしまう場合があるのです。

ではどんなシャンプーが良いのかというと「ダメージにならない程度のちょうど良い洗浄力」のシャンプー。最近ではアミノ酸シャンプーが「髪も頭皮も潤うようになった」と話題です。

私も色々とアミノ酸シャンプーを試してみたのですが、ハーブガーデンは頭皮の保湿もしたい方にはぴったりだと思います。


ハーブガーデンは「洗浄力が強すぎないこと」「刺激の少ない成分で赤ちゃんにも使えるシャンプーであるということ」「ヘッドスパができること」が大きな特徴。特にコンディショナーを頭皮につけてマッサージすることでヘッドスパができるというのは大きなポイントですよね。


頭皮の保湿用のローションやスカルプケア用品も多数ありますが、相性が悪いと頭皮にはダメージ・刺激となる場合も多いです。ですがハーブガーデンはシャンプーもコンディショナーもハーブを煮出した「ハーブティ」を主成分とするなど、天然成分にこだわっているため低刺激。赤ちゃんにも使えるくらいマイルドな成分なので安心して使えますよね。

それに乾燥肌で頭皮に合うか心配という場合でも「返品・返金保証」がついているので気軽に試せます。頭皮が乾燥して弱っているときには低刺激でマイルドなアミノ酸シャンプーを選ぶようにして、自分の頭皮とあっているかしっかり見極めましょう。

【プチまとめ】頭皮が乾燥しやすいタイプはアミノ酸シャンプーがぴったり。頭皮の保湿もできる低刺激のものを使って、自分に合うか試してみよう。

→ハーブガーデンのレビュー記事をチェックする。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・「適度な湿気」と「適度な皮脂・常在菌」が頭皮の潤いを保つポイント。紫外線や乾燥、髪の洗いすぎには要注意。

・乾燥しやすい頭皮はぬるま湯で優しく髪を洗い、ドライヤーを上手に使って乾かそう。食事にたんぱく質の豊富な食品をひとつプラスすると更にGOOD。

・頭皮が乾燥しやすいタイプはアミノ酸シャンプーがぴったり。頭皮の保湿もできる低刺激のものを使って、自分に合うか試してみよう。


頭皮の乾燥が原因でフケがでてしまったら、女性としてはすごく悲しいですよね。でも、そうなってしまった場合でもしっかりと正しい知識でヘアケアをしていけば改善できるので落ち込み過ぎないで頑張りましょう。ハーブガーデン、しっかりチェックしてくださいね。↓「アミノ酸シャンプー総力特集」でももちろんピックアップしています。