産後抜け毛がやばい!大量の抜け毛、いつまで続く?

私の周りにもママが増えてきたのですが、みんな口をそろえてこう言います。

・産後の抜け毛がやばい。排水溝が真っ黒になるくらい抜ける。

・産後になって急に抜け毛が増えたんだけど、このままだとはげちゃうよ!

・産後抜け毛っていつまで続くんだろう。何か対策をした方がいいのかな。


産後って怖くなるくらい抜け毛が増えるそうですね。何か良い対策はないのか、いつまで産後抜け毛は続くのか、産後抜け毛の原因は何なのか、ヘアケアマニアな私が調べてみました。

もくじ



1.産後抜け毛のピークは「産後半年まで」が多数
2.産後に抜け毛が増える原因とは
3.産後抜け毛の対策・ポイント
4.産後に使いたいシャンプーとは
5.まとめ

産後抜け毛のピークは「産後半年まで」のママが多数


ずばり、産後の抜け毛のピークは「産後二か月~半年」にやってくるというママが多いです。それから徐々に落ち着いてきて産後一年経つころにやっと抜け毛が収まり、以前の髪の量に戻ってくることがほとんど。

中には抜け毛が落ち着いても髪質が変わってしまったというママもいるようですが、抜け毛は自然と収まってくるようですね。「このままはげてしまうんではないかと心配になるくらい抜け毛がやばい」というママはそこまで悩み続けることはないでしょう。

ただし、産後半年~一年経ってもまったく抜け毛の量が変わらない、ひどくなっているという状態なら、一度医療機関に相談してみてもよいかもしれません。手で軽く髪の毛を引っ張ってごっそりと抜けるような状態はちょっと注意しましょう。

【プチまとめ】産後の抜け毛は「産後二か月~半年」がピークとなり、産後一年経つ頃に落ち着くというママが多数。

大量の抜け毛!なんで産後は抜け毛が増える?


とにかく「産後の抜け毛は数か月続く」ということですが、急激に抜け毛が増えてしまう原因は一体何なのでしょう。それはやっぱり「女性ホルモン」「ホルモンバランスの急激な変化」が関係していました。

そもそも髪の毛の成長には「エストロゲン」という女性ホルモンが深く関係しており、エストロゲンの働きによって抜けにくい髪の毛が育ちます。そんな髪の毛にとって重要な「エストロゲン」が産後急激に減ってしまうことで「ごっそりと毛が抜ける」という現象が起こるのです。


反対に、妊娠中は「エストロゲン」の働きが活発になるため抜け毛が減ります。これは赤ちゃんを育てるためだと言われており、体の様々な部位で毛深くなるのも「エストロゲンの急増」が原因だそうですね。

つまり、妊娠中は女性ホルモンの働きのおかげで抜け毛が減るものの、産後は急激に女性ホルモンの働きが弱まるため抜け毛が増えてしまうということ。やはり、妊娠・出産による体の変化は想像以上に大きいものなんですね。

それから、育児によるストレスや睡眠不足も抜け毛が増える一因となっているんだとか。夜泣き・授乳のために数時間おきに起きなくてはいけないお母さん、相当なストレスがかかりますよね。髪の毛はストレスや寝不足、栄養不足が影響しコンディションが左右されます。ホルモンバランスとストレスのダブルパンチで抜け毛の量が多くなっていくということなのでしょう。

【プチまとめ】産後に抜け毛が増える理由は、妊娠中は女性ホルモンの働きのおかげで抜け毛が減るものの、産後は急激に女性ホルモンの働きが弱まるから。

産後抜け毛の対策って?育毛剤って使った方がいい?


抜け毛の対策といえば「育毛剤を使ったケア」「スカルプケア」などを思い浮かべる方が多いかと思います。ですが、産後の抜け毛にも育毛剤やスカルプケアは有効なのでしょうか。

実は産後抜け毛はあくまで「自然現象」であるため、育毛剤・スカルプケア用品は不要だという意見が多いです。それに産後は肌のコンディションも不安定になることが考えられるため、不用意に頭皮に育毛剤などをつけることは避けた方が良いと思います。

つまり産後は「数か月間の抜け毛には耐えるしかない」「ピークが過ぎるのを待つしかない」ということになりますが、何か対策はないものでしょうか。効果的な抜け毛防止ということは難しいですが、「バランスのとれた食事」「良質な睡眠」「頭皮の血行促進」を地道に続けることが産後抜け毛の対策です。


まず「バランスのとれた食事」ですが、特に大豆食品に含まれているたんぱく質は積極的に摂取するとGOOD。髪の毛にとって大切な栄養となるのがたんぱく質であり、大豆製品に含まれたたんぱく質は女性ホルモンの働きにも良い影響を与えるといわれています。毎日の食事に豆腐や納豆を一品追加してみるところからスタートしてみるといいですね。

次に「良質な睡眠」ですが、これは新米ママにとっては「十分に睡眠をとる」ということは難しいことかと思います。そんな時は、ちょっとしたリラックスタイムを設けるところから始めてみるといいでしょう。アロマや保湿クリームの香りで癒されるだけでもストレス発散になるはず。リラックス・ストレス発散は髪の毛の成長にも欠かせないのです。


最後は「頭皮の血行促進」についてです。これは今日からでも簡単に始められますよ。お風呂の前に頭皮を指の一番柔らかい部分でグリグリとマッサージするだけです。ポイントは頭皮がグリグリと動くように意識しながら、指先で頭皮を掴むようにマッサージすること。実はこれってヘッドスパの基本なのです。

頭皮ももちろん皮膚の一部であり、血管が巡っています。そして頭皮の下に流れている血管から髪を育てる細胞に栄養が送られています。ですから、頭皮全体の血行を促進して栄養を行きわたりやすくすることは抜け毛予防の第一歩ともいえるでしょう。

【プチまとめ】産後抜け毛の対策は、食事と睡眠と頭皮の血行促進がポイント。

妊娠中・産後のママに人気のシャンプーがあるってホント!?


産後の抜け毛が仕方がないとしても、何かできるケアはないものでしょうか。育毛剤やスカルプケア用品も使わずに、頭皮に優しいケアをしたいならシャンプーにこだわるのがベストです。

うーんゆか

妊娠・出産をして、シャンプーは買い換えましたか?敏感になっている頭皮のためにダメージレスのシャンプーをチェックしたことはあるでしょうか?抜け毛・ホルモンバランスの乱れによってコンディションが不安定になっている髪は、いつも以上にアイテムにこだわらなくてはいけません。

ドラッグストアのお手頃なシャンプーを使用し続けるママも多いようですが、実はダメージがどんどん蓄積している可能性大。洗濯洗剤などで使用されているような刺激の強いタイプの「界面活性剤」が使用されているシャンプーが多いのです。

抜け毛はひどくなるのにシャンプーのせいで髪がパサパサなダメージヘアになっていくなんて最悪。そこで使いたいのが「アミノ酸シャンプー」です。中でも低刺激な「ノンシリコンアミノ酸シャンプー」はぜひ産後のママに使ってもらいたいアイテムだといえます。


私はたくさんのシャンプーを使ってみましたが、成分が驚くほど低刺激だったのは「ハーブガーデン」というシャンプーでした。ハーブガーデンは妊娠中のママや赤ちゃんにも使えるというアミノ酸シャンプーです。


私も実際ハーブガーデンを使ってみて感じたことは「ノンシリコンなのに仕上がりがふんわり」「低刺激な成分なのに泡が濃密でしっかり洗える」ということでした。こういった低刺激のノンシリコンアミノ酸シャンプーっていまいちサッパリしないことが多いんですが、ハーブガーデンは「低刺激」と「しっかり洗える」を両立した珍しいタイプのシャンプーだと思います。

しかも、珍しいのがコンディショナーを直接地肌につけて「ヘッドスパ」ができちゃうんです。シャンプー・コンディショナー共に、頭皮に低刺激な成分だからこそできることですね。お風呂前のマッサージとコンディショナーのヘッドスパで頭皮を労わって、産後でクタクタな髪をしっかりケアしてあげましょう。

→ハーブガーデンを実際に使ってみたレポートもチェック!使用感・成分分析・価格など詳細はこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・産後の抜け毛は「産後二か月~半年」がピークとなり、産後一年経つ頃に落ち着くというママが多数。

・産後に抜け毛が増える理由は、妊娠中は女性ホルモンの働きのおかげで抜け毛が減るものの、産後は急激に女性ホルモンの働きが弱まるから。

・産後抜け毛の対策は、食事と睡眠と頭皮の血行促進がポイント。シャンプーは低刺激なノンシリコンアミノ酸シャンプーがぴったり。


女性の命ともいえる髪、だからこそごそっと抜けてしまうとかなりショッキングですよね。妊娠・出産は体の変化に心がなかなか追いつきません。そんな時はちょっと気分をリフレッシュさせて、質の良いシャンプーで髪の毛を労わってあげましょう。