女性のスカルプケアはいつから始める?ベストタイミング&正しい方法とは

「スカルプケア」という言葉がすっかり浸透したなぁと思いますが、最近では女性のスカルプケアが特に注目されていますね。ですが、けっこういろんな疑問を抱いている女性も多いでしょう。

・スカルプケアっていつから始めればいいの?40代50代になったら始めればいい?

・抜け毛が増えてからではもう遅い?正しいスカルプケアって何?

今はやりのスカルプケア、でも今さらスカルプケアの基本を人に聞くのも恥ずかしい。そんな基本から具体的なケア方法までチェックしていきましょう。

もくじ



1.「スカルプケア」ってなに?
2.いつから始める?方法は?
3.髪を若返らせるヘアケア
4.まとめ

スカルプケアって何?女性ならではのケアとは



まず、スカルプケアとはスカルプ(頭皮)のケア(お手入れ)をするということで、頭皮を健康にして元気な髪を育てていこうという意味が込められています。ヘアケアは髪のお手入れですが、髪の育てている土壌「頭皮」をケアすることも大事なのです。

ですから、スカルプケアを始める人の多くは抜け毛・フケ・髪の毛が細くなってきたというような悩みを抱えている人が多いです。髪のツヤや美しさというよりも、頭皮の悩みを解決したり、髪の毛を根本から元気になせるのがスカルプケアの大きな目的となっています。

スカルプケアは基本的に「頭皮」を直接ケアしていきます。ローションや薬を頭皮に直接塗ってみたり、マッサージしてみたり、時にはサプリメントを飲みながら頭皮の環境を改善させるというものが多いです。




ちょっと前までは「スカルプケア」というと男性がするイメージが強かったのですよね。最近では女性向けのスカルプケア商品も増えてきましたよね。実は男性と女性ではスカルプケアのやり方・考え方が違うのです。

というのも、男性は男性ホルモンの作用で抜け毛が増えてしまうケースが多く、頭皮の皮脂も女性よりかなり多くなっています。油ギッシュな頭皮になりやすい男性の頭皮は「スカルプケアが必要になってきてしまう」といっても過言ではありません。

一方、女性の頭皮は男性に比べると皮脂は少な目、女性ホルモンのおかげで抜け毛も少な目。頭皮の環境が全く違うため、ケアの仕方やアイテムも変わってくるのです。

【プチまとめ】スカルプケアとはスカルプ(頭皮)のケア(お手入れ)をするということで、頭皮を健康にして元気な髪を育てていこうという意味。ローションや育毛剤を頭皮に直接つけて頭皮をケアしていく方法が多い。

女性のスカルプケアはいつからスタートする?やり方は?



頭皮のケアである「スカルプケア」が大切だということは何となく分かりますが、一体いつから始めればよいのか気になりますよね。20代でスカルプケアは早すぎるような気もしますが、始めるのが遅いと効果も出にくくなるような気もします。

スカルプケアは「いつから始めた方が良い」「何歳から始めるべきだ」というものではありません。スカルプケアを始めるタイミングは「ちょっと髪質が変わってきたかも」「髪に元気がなくなってきた」「頭皮の感じがなんか違う」と感じ始めたそのときです。特にこんな変化を感じ始めてきたら、スカルプケアを始めた方がいいかも。

・髪の毛が細くなって、前よりハリが少なくなってきた。

・抜け毛が多くなった気がする。

・頭皮が固くなってきた。分け目を変えるだけでも髪の根本が痛い。

・頭皮が乾燥しているような、つっぱるような感覚がある。

・髪の分け目がはっきりと目立つようになってしまった。


※急激な変化や赤み・かゆみがある場合には医療機関に相談しましょう。

こういった頭皮や髪の異変は年齢に関係なく表れます。20代でも頭皮の悩みを抱えている女性は多いのです。いつからスカルプケアを始めればよいのか、それは「異変を感じ始めたら」ということ。悩みが深くなればなるほど、スカルプケアによる変化はみえにくくなるでしょう。

【プチまとめ】スカルプケアを始めるタイミングは「ちょっと髪質が変わってきたかも」「髪に元気がなくなってきた」「頭皮の感じがなんか違う」と感じ始めたそのとき。

他にもこんな記事も書いてます♪

・髪が細くなるのは老化のせい?美髪を育てるポイント3つ

・おばさんくさい髪なんてイヤ!老けて見えないためのポイント3つ

【これは要チェック!】
・肌や頭皮の状態を整えると髪の悩みが改善するって本当?優しい成分でできたシャンプー・コンディショナーに変えたらほんとに指通りが滑らかな髪になれました♪詳しくはこちら。

ホルモンバランスを整えるのもスカルプケア!?

スカルプケアを始める前に「ホルモンバランスが崩れていないか」と最近の体調を振り返ってみることも欠かせません。そう、男性のスカルプケアと女性のスカルプケアが違う理由には「ホルモンバランス」が深く関係しているのです。そして、女性らしい髪をキープするためにはホルモンバランスを整えることも重要なスカルプケアとなってきます。



特に睡眠・食事・ストレス発散は、スカルプケアの基本といっても過言ではありません。睡眠をしっかりとりつつ、ストレス解消をさせてホルモンバランスを整えるのはもちろん。ですが、中でも力を入れるべきは「食事」です。

食事は「たんぱく質」を積極的にとるようにし、豆腐・納豆を食事に取り入れていきましょう。ゴマも一緒に摂取することでたんぱく質の吸収をよくして、髪のエイジングケアにもつながりますよ。



そもそも頭皮はどこで育ち、どこからから栄養をとっているのかというと、頭皮の下にある毛母細胞で育ち血管から栄養をとっています。血流に栄養がたっぷり含まれていれば栄養たっぷりの髪の毛・元気でサラツヤな髪が育ってきますよね。ですが、栄養が偏っている食事を続けてくると髪にまで栄養が届きにくくなってしまうのです。

更には食事の偏りはホルモンバランスも崩す可能性があり、女性ホルモンの分泌が減ってしまうと髪を美しくする働きも薄れてくるためますます悪循環。女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が女性らしい髪を作ってくれるため、その女性ホルモンが減ってしまうのは髪・頭皮にとっては一大事なのです。

つまり、きちんとバランスのとれた食事は、頭皮にまでしっかり栄養を届けるために必要不可欠なこと。しかも、食事を整えることで女性ホルモンも整えられ「女性らしい美しい髪」が育ちやすくなるということでもあります。これは「いつからスカルプケアを始めるか」というよりも、女性ならずっと続けていきたいことですよね。

【プチまとめ】きちんとバランスのとれた食事は、頭皮にまでしっかり栄養を届けるために必要不可欠。たんぱく質を積極的にとりながら、頭皮に栄養がいきわたるようにしつつ、ホルモンバランスを整えて女性らしい髪が育つようにしよう。

いつから始める?今日からスタート簡単スカルプケア

さて、いよいよ頭皮・髪のケアについて解説していきますがスカルプヘアは意外と難しくありません。毎日あたりまえに行っているヘアケアにちょっと工夫するだけでもスカルプケアはできるのです。

ポイントは「お風呂前のマッサージ」「シャンプー」「ブロー」です。女性のためのスカルプケアの育毛剤がなくてもOK、自分の手といつものシャンプー方法をちょっと変えるところから始めてみましょう。




まずはお風呂前に頭皮の血行を促進させます。指の一番柔らかい部分で頭皮をグリグリと、小さな円を描くように刺激してみてください。痛くないくらい、気持ちいくらいの力加減で良いです。首の付け根・おでこの生え際から頭のてっぺんへ向けて指を移動させながら頭全体をマッサージ。

そうすることで頭皮の血行が促進され、栄養がいきわたりやすくなります。頭皮の血行促進はスカルプケアの基本なのです。

次はシャンプーの仕方ですが、ポイントは「お湯で頭皮までしっかり濡らす」「泡で頭全体を包み込む」という二つです。最初はまずお湯だけで頭を洗うようにしっかりとシャワーをしましょう。実は、お湯だけでも頭皮の汚れはかなり落ちます。



例えば、髪のプロ・美容師さんの髪の洗い方を思い出してください。あれこそスカルプケアの基本だと思います。

美容院でもシャンプーをするとき、お湯だけで髪を洗う時間ってけっこう長いですよね。美容師さんがシャンプーを使うときには頭皮の汚れはお湯でかなり落としているので、あとは泡で頭皮や髪を包み込むようにして優しく仕上げるのです。

あとはいつも通りシャンプーを洗い流してトリートメントを毛先につけ、数分後に洗い流してお風呂を出ましょう。そしてできるだけ早くドライヤーで髪を乾かしてください。



ブローするときは頭皮の水分を先に乾かしていきます。熱風を頭皮にあてるのではなく、風で水分を毛先に飛ばすイメージが大切。頭皮に熱さを感じない程度までドライヤーを話して行いましょう。

以上が毎日できるスカルプケアです。つまり、育毛剤は使わなくても、ちょっとした工夫でスカルプケアってできるということ。スカルプケア用のスプレーや育毛剤ってけっこう高いですよね。医薬品や医薬部外品でも女性向けスカルプケア商品は多くあります。

そんな育毛剤の大半は「頭皮の血行促進」「頭皮を清潔にする」「栄養補給」が目的に作られたもの。確かに、医薬品・医薬部外品のスカルプケア商品は頭皮の血行を良くして清潔に保つことができるでしょうが、育毛剤を使っていれば安心というわけではありません。

髪の洗い方が間違っていれば育毛剤の効果も半減するでしょうし、頭皮は皮膚の中でも敏感な部分なので相性が悪ければ逆効果になることも。「いつからスカルプケアを始めようかな」と迷ったらまずは食生活と髪の洗い方・乾かし方を見直すところから始めてみましょう。

【プチまとめ】ポイントは「お風呂前のマッサージ」「シャンプー」「ブロー」にあり。育毛剤を試してみる前に、毎日のケアを工夫してみるだけでスカルプケアはスタートできる。

正しいヘアケアが髪を若返らせる!老け髪予防に使いたいシャンプーって?

スカルプケアでもありヘアケアでもある「シャンプー」は本当に大切。だからこそ良いものを使いたいですよね。ですが、意外と「何となく」でシャンプーを選んでいる女性は多いものです。

先ほども書きましたが、頭皮のためには「しっかりと泡立つシャンプー」を使うことが重要となります。しかも、弱り始めている髪に負担をかけない成分で作られたシャンプーの方がいいに決まっています。



私も「いつからスカルプケアを始めよう、そろそろだよなぁ」と考えつつ様々なシャンプーを使ってきました。その中でも「守り髪」はそんな「スカルプヘア」「エイジングケア」が気になり始めた女性にピッタリだなと感じたシャンプーです。

守り髪は「ダメージから髪を守る」「【老け】から髪を守る」という意味が込められているようで、徹底的に髪の保湿&低刺激にこだわったシャンプー。ネットの口コミでも「細くなってきた髪がフワフワになった」「髪に潤いが戻ってきた」と話題になっていました。



実際に私が「守り髪」を使ってみた感想としても、やっぱり「すぐに髪の手触りが変わった」というものでした。あと、モチモチとした泡ができるのも驚き。シャンプーって使い続けることでちょっとずつ変わっていく感じがあると思いますが、守り髪はかなり早く髪の変化を感じられると思います。

また、ハーブガーデンもおすすめです。こちらのシャンプーは頭皮の健康を維持、改善するための優しい天然成分がたくさん入っていますよ。特に、ハーブの香りが心地よいのでリラックス効果も抜群です。また、コンディショナーが直接頭皮に使えるのもポイントですね。



個人的には今イチオシのシャンプーで、私もすっかりハーブガーデンの虜で普段使いしています。

やはり髪はスカルプケアをしながら、ヘアダメージから守ってあげなければなりません。その両方を可能にするのがシャンプー。シャンプーは「ドラッグストアで安かったから」「ボトルがかわいかったから」というような理由で選ばずに、重要なケアアイテムとして選ぶようにしましょう。

→実際に使ってみました。「守り髪」レビュー記事はこちら。
→実際に使ってみました。私史上NO1シャンプー「ハーブガーデン」レビュー記事はこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・スカルプケアとはスカルプ(頭皮)のケア(お手入れ)をするということで、頭皮を健康にして元気な髪を育てていこうという意味。ローションや育毛剤を頭皮に直接つけて頭皮をケアしていく方法が多い。

・スカルプケアを始めるタイミングは「ちょっと髪質が変わってきたかも」「髪に元気がなくなってきた」「頭皮の感じがなんか違う」と感じ始めたそのとき。

・ポイントは「お風呂前のマッサージ」「シャンプー」「ブロー」にあり。育毛剤を試してみる前に、毎日のケアを工夫してみるだけでスカルプケアはスタートできる。


スカルプケアというとちょっと仕切りが高く「私にはまだ早いかな」と考えがちですよね。ですがスカルプケアは「ちょっと気になる」からスタートしてOK。いつから始めようかなと考え始めた時が、ベストタイミングです。