生理中はパーマがかかりにくいって本当?美容院はキャンセル?



女性ならではの悩みといえば、生理・月経・ホルモンバランスの悩み。お肌のコンディションや気分にも大きく影響してきますよね。実はこんな悩みも多いものです。

・生理中にパーマをかけるとかかりにくいって聞いたけど、本当?

・パーマがかかりにくくなるなら、生理になったら美容院はキャンセルした方がいい?


せっかくイメチェンしようとパーマの予約をしたのに、生理になってしまうとなんだかモヤモヤしますよね。本当のところどうなのでしょう。

もくじ



1.生理のせいでパーマがかかりにくくなるのは、ウソ!?
2.生理によるトラブルとは?ベストなタイミングはいつ?
3.パーマが生理後の方が良いのは、どうして?
4.パーマをキレイに保つ3つのポイント
5.パーマ後はアミノ酸シャンプーでキレイ&長持ち
6.まとめ

生理とパーマの意外な関係!「かかりにくくなる」はウソ!?

「生理中にパーマをかけると失敗する」「パーマがかかりにくいのは生理のせい」という噂はよく聞きます。ですが、実際は「パーマのかかる・かかりにくい」と「生理」はあまり関係ないといわれているのです。



そもそも、パーマのかかる・かかりにくいというものは「髪の傷み具合」が一番関係しています。ヘアカラーやブリーチ、過去のパーマの傷みがひどいとパーマはかかりにくくなるのです。髪が傷んでいるところへパーマをかけると最悪の場合チリチリな「ビビリ毛」になることも。

ですから、生理によってパーマがかかりにくくなるということは考えにくいでしょう。生理によって「髪」のコンディションが変わるということは少ないのです。


【プチまとめ】パーマのかかる・かかりにくいというものは「髪の傷み具合」が一番関係しているため「生理」はあまり影響しない。

パーマをかけるなら、お肌が安定する生理後がベスト!



とはいえ「生理中にパーマをかけてもまったく問題がない」ということではありません。例えばこんなトラブルになる可能性があるのです。

・パーマ液が頭皮にしみてヒリヒリする。

・いつもよりパーマ液や美容院の臭いがきつく感じる。

・長時間の同じ姿勢が辛くなってしまう。腰が痛くなる。


美容院でこんな困った経験をしたことはないでしょうか。頭皮のトラブルや、臭いがいつもと違く感じてしまったり腰が痛くなるというようなことは生理のせいかもしれません。

特に「生理中に肌が荒れる」「生理になると肌や頭皮がベタベタする」という女性は要注意。パーマで使う「パーマ液」の刺激で頭皮が荒れてしまう可能性が高いです。肌の変化が大きくなるようであれば、パーマは控えておいた方がいいかもしれません。

つまり「パーマがかかりにくい」ということと「生理」はあまり関係ないのですが、生理によって別のトラブルが発生してしまう可能性はあるということ。頭皮も肌の一部ですよね。ですから、生理中・生理前に肌が荒れやすくなるという場合には、パーマ液などの刺激は避けた方が良いでしょう。




では、パーマをかけるにあたって「ベストなタイミング」とは一体いつ頃なのでしょうか。肌や頭皮が荒れにくく、安全にパーマをかけるなら「生理が終わってから排卵期に入るまで」の一週間~二週間程度が良いと思います。

生理が終わると肌やメンタルや体調も安定してきます。もしパーマ液による肌荒れ・頭皮の荒れが心配なのであれば生理が終わって、排卵日に入るまでのタイミングで美容院へ行くといいですね。

最近では生理日予測のアプリを活用して「排卵日」「生理開始日」を管理している女性も多いですよね。美容院のパーマの予約にも活用できるでしょう。

ちなみに、私は生理前や生理中に肌の状態が急激に変わるということはあまりないタイプです。なので、パーマをかけるときもあまり生理のタイミングは気にしません。生理中だからといって急にかかりにくくなったということも、感じたことはないですね。ですが、私の友達は生理前には肌荒れに悩まされています。こんな風にベストタイミングはかなり個人差はあるかと思います。自分の肌や頭皮の変化を観察してみるのも大切ですね。

【プチまとめ】肌や頭皮が荒れにくく、安全にパーマをかけるなら「生理が終わってから排卵期に入るまで」の一週間~二週間程度が良い。

他にもこんな記事も書いてます♪

・生理中に髪を染める、これってダメ?女性の疑問に答えます。

・【女性の抜け毛問題】今すぐ抜け毛を減らす3ポイント。

【これは要チェック!】
・肌や頭皮の状態を整えると髪の悩みが改善するって本当?優しい成分でできたシャンプー・コンディショナーに変えたらほんとに指通りが滑らかな髪になれました♪詳しくはこちら。

どうして生理後から排卵日までがベストなの?頭皮の調子が整う理由

パーマだけではありません。ヘアカラーや縮毛矯正をかける時も、も生理後から排卵日を迎えるまでの一週間から二週間程度がベストタイミングだといえます。頭皮や肌のコンディションが一番落ち着く時期がこの時期なのです。




そもそも、生理の前後で頭皮のコンディションが変わる理由とは「エストロゲン」と「プロゲステロン」のバランスが逆転してしまうからだといわれています。「エストロゲン」「プロゲステロン」はどちらも「女性ホルモン」と呼ばれているホルモンの種類です。ですが、役割が違います。

特に髪や頭皮に関係しているのは「エストロゲン」という女性ホルモンで、エストロゲンの分泌量によって肌・頭皮のコンディションを大きく左右されてしまいます。生理前はエストロゲンの分泌が急に落ちてしまうため肌が荒れやすくなり、生理中から生理が終わる頃にかけてまたエストロゲンの分泌量が増えてくるのです。




つまり、パーマやヘアカラーといった施術を安全に行うためには「エストロゲンの分泌が多い時期の方が良い」ということになりますよね。だからこそ、生理後後の一週間から二週間の期間に美容院へ行くと良いということなのです。

生理のせいで「パーマがかかりにくい」ということは考えにくいのです。ですが、頭皮に刺激の強いパーマ液を使う施術は少しでも頭皮のコンディションが安定しているタイミングで行った方が安心ですよね。

【プチまとめ】女性ホルモンのバランスによって頭皮のコンディションは変わるため、少しでも安定しやすい生理後にパーマをかけた方が安全。

パーマのかかりにくい髪はどうする?ポイントは3つ



パーマのかかりやすい・かかりにくいは、生理とあまり関係なかったんですね。それでは、どうしてパーマのかかりやすさに差が出てきてしまうのでしょうか。

先ほども書きましたが、パーマのかかり具合に大きく関係しているのは「髪の傷み」です。ですから、パーマをしっかりキレイにかけるためにはこんなことに気を付けると良いでしょう。

・美容師さんに今までどれくらい「カラー」「パーマ」「縮毛矯正」をかけてきたか、しっかりと伝えること。

・パーマ後のシャンプーは洗浄力の弱めなものに切り替えた方がGOOD。

・お風呂上りはできるだけ早めにドライヤーで髪を乾かすこと。


この3つを守るだけでも、パーマのかかりはよくなるでしょう。パーマをキレイにだすためには「美容師さんとの正しいカウンセリング」「アフターケア」が大切のなです。



まず、美容師さんには今までどんなパーマやカラーをしてきたのかできるだけ正確に伝えましょう。髪を見ただけではダメージのすべてを知ることはできません。美容師さんへダメージの度合いを正しく理解してもらうためにも、正確なカウンセリングは欠かせませんね。

後はパーマ直後の自宅のケアでパーマの仕上がりはかなり変わります。髪を濡らしっぱなしにしないことは基本中の基本。中でもシャンプーは一番大切です。

パーマをかけた後は優しいアミノ酸シャンプーでケア

私はデジタルパーマをかけてからは「アミノ酸シャンプー」を使うようにしています。そうすることによって、パーマの仕上がりやかかりやすさが断然変わったからです。

特に、パーマをかけた直後の髪はシャンプーに含まれている「界面活性剤」「シリコン」にとっても敏感。場合によってはシャンプーによる刺激でダメージが加わり、パーマがすぐとれてしまうこともあります。しかも生理中は頭皮がデリケートな状態なので、できるだけ刺激の強いものは避けたいですよね。



なのでパーマ後は刺激の弱いタイプのシャンプーを使うことが大切。ここ最近の私のお気に入りはこの「ハーブガーデン」なのですが、ノンシリコンなのにサラサラに仕上がるアミノ酸シャンプーなんです。



しかもハーブの爽やかな香りがして、さっぱりと洗えて洗い心地も良いです。アロマ系の香り成分も使用しているので、身も心もリラックスできますね。洗浄力の弱いシャンプーだとなんだかサッパリしないことも多いのですが、このアミノ酸シャンプーはちょうどいい爽快感があります。パーマがかかりにくいと感じている方や、パーマ後のシャンプーを探している方は試してみる価値があるかもです。

使い心地・使用後の髪・値段など!もっと詳しいレビュー記事はこちら。パーマ後の傷んだ髪が「ハーブガーデン」でこんな風になりました。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・パーマのかかる・かかりにくいというものは「髪の傷み具合」が一番関係しているため「生理」はあまり影響しない。

・肌や頭皮が荒れにくく、安全にパーマをかけるなら「生理が終わってから排卵期に入るまで」の一週間~二週間程度が良い。

・パーマをキレイにだすためには「美容師さんとの正しいカウンセリング」「アフターケア」が大切。中でもシャンプー選びは重要で、刺激の少ないアミノ酸シャンプーはパーマ後のシャンプーに適している。

お金も時間もかかるパーマ、だからこそベストなタイミングでかけたいですよね。ですが、それ以上に大切なのは美容師さんとのカウンセリングとアフターケア。パーマ後のデリケートな髪はいつも以上にケアすることで、パーマもキレイに長持ちしやすくなりますよ。