汗まみれの髪!やっぱり二度洗いするべき?

真夏に外へ出るとすぐに汗でべたべた、特に頭皮の汗や臭いは気になるものです。帰ったらそっこーで髪を二度洗いするという方も多いのではないでしょうか。

ですが、本当にその洗い方って正しいのか疑問に感じたことはないですか?実は夏には夏の正しいヘアケアがあるのです。

間違った洗い方・間違ったシャンプーの選び方をしているとあっという間にパサパサに。暑い夏を正しいシャンプーで爽やかに乗り切りましょう。

もくじ


1.夏でも二度洗いはダメ!?
2.冷え冷え系夏シャンプーは要注意
3.夏に使いたいのはアミノ酸シャンプー
4.まとめ

髪の二度洗いはダメージに!夏でも髪は優しくシャンプー

汗をかいてしまったときにやりがちなことって、こんなことですよね。

・シャンプーをいつもよりも多めに使って洗う。

・一回のシャンプーではしっかり汚れ・汗が落ちたか心配なので、もう一回シャンプーする。

・シャンプーブラシを使って毛穴に詰まった皮脂や汗もしっかり洗い流せるようにする。

どれもさっぱり&すっきりと頭皮を洗うためには良さそうに見えます。ですがサラサラな美髪を作るという点では、あまり正しいとは言えません。

ずばり、サラサラ・しっとりな髪をつくりたいなら、上に書いた洗い方は今日からやめましょう。夏の二度洗いを続けていたり、シャンプーを多く使っていると髪へのダメージも大きくなってしまうのです。

【プチまとめ】多めのシャンプーで洗う・二度洗い・シャンプーブラシでゴシゴシ洗うという洗い方は髪へのダメージになるので要注意。

では、サラサラで手触りの良い髪で、清潔な頭皮を保つためにはどのように洗うのが正しいのでしょうか。ポイントは「お湯だけで予洗いする」「頭皮をシャンプーの泡でもみ洗いする」ということ。たった二つのポイントだけで髪へのダメージを減らしつつ、清潔な頭皮をキープすのことができるのです。

まず「お湯だけで予洗いする」というポイントですが、ぬるめのお湯で余計な皮脂や汚れを落としていきましょう。感覚としては、いつもシャンプーをつけて洗うのと同じような感じでOK。「お湯」というシャンプーで汗や汚れを洗い流すような気持ちで予洗いしていきます。

しっかりと頭全体をお湯で洗い流したらシャンプーを使っていきますが、髪の毛につける前に手でしっかりと泡立てておいてください。なぜなら髪の毛につけてからゴシゴシこすると、髪へのダメージが強くなってしまうから。

ですから、シャンプーは手や泡立てネットを使ってできるだけフワフワに泡立てると優しく髪を洗い上げることができますよ。理想は頭でソフトクリームができるくらい泡立てることですね。

そして最後は頭皮を指の一番柔らかいところでモミモミともみ洗いしてきましょう。マッサージをしているような、大切な洋服をもみ洗いするような感覚です。

後はすすぎ残しがないようにお湯で洗い流せば終了。もちろん、またシャンプーをつけて洗うような「二度洗い」は不要です。

お湯でほとんどの汚れを洗い流しているので二度洗いの必要がないのです。さらにシャンプーをしっかりと泡立ててから使うので、いつものシャンプーの量以下でも頭全体をくまなく洗うことができますよ。

【プチまとめ】夏は髪の二度洗いは不要。正しいシャンプーのポイントは「お湯だけで予洗いする」「頭皮をシャンプーの泡でもみ洗いする」ということ。

他にもこんな記事も書いてます♪

・二度洗いは髪に良いのか?正しいシャンプーの使い方とは。

・「湯シャン」って結局どうなの?気になるメリット・デメリット。

【これは要チェック!】
・夏の紫外線でダメージを受けた髪を、優しい成分のアミノ酸シャンプーでヘアケアすると仕上がり、髪の質感が変わりますよ!私が実際に使ってみて「ほんとにいい!」と思えたものだけをまとめて紹介した記事を作りました♪美髪になりたいヘアケア女子の方はチェックしてください♪詳しくはこちら。

冷え冷え&さっぱり!夏のひんやりシャンプーには要注意!

7月に入るとドラッグストアのシャンプー売り場には「冷やしシャンプー」「クールタイプ」「さっぱり、爽快な洗い心地」といったシャンプーが目立ってきます。普通のシャンプーよりも洗いあがりが「スースー」して爽快感がある夏用のシャンプーですね。

確かに、暑い夏には嬉しい洗い心地でしょう。ですが、やっぱりこういったクール系のシャンプーにも注意が必要。実は髪へのダメージとなりやすい「アルコール」が多く使用されているのです。

夏用のシャンプーには、洗い心地に爽快感を与えるために「メンソール」といったアルコール成分を使用していることが多くなります。アルコール系の成分が多く配合されたシャンプーは殺菌作用に優れているのですが、使用し続けるとパサパサ・キシキシとした髪の手触りになることも多くなるのです。

ですから「夏だからさっぱり系のシャンプーを使おう」と買い直すのはちょっと危険かも。特に、髪のパサパサ感やまとまりの悪さに悩んでいるのであれば、使用しない方が良いと思います。

【プチまとめ】クール系のシャンプーに使用されている「メンソール」はアルコール成分の一種で、髪の手触りを悪くさせる可能性大。

もちろん、すべてのクール系のシャンプーに髪へのダメージとなるアルコール成分が使用されているわけではないでしょう。ですが、いちいち成分を調べるのも大変ですよね。すっきりさっぱり洗えて、しかも髪をケアできるようなシャンプーってどうやったら見分けることができるのでしょうか。

ハーブのさわやかな香りでサッパリ!ハーブガーデンが人気の理由

二度洗いなしでもさっぱりできて、ヘアケアもしっかりできるシャンプーなら「アミノ酸シャンプー」が良いでしょう。アミノ酸シャンプーなら髪にとってちょうどよい洗浄力で、ダメージを最小限に抑えながら洗うことができるのです。

夏ならではの爽快感が欲しいなら、香りで選ぶのがよいと思います。アルコール特有のスーッとする感じではなく、自然な香りで爽やかな使用感のあるアミノ酸シャンプーが夏向きですね。

中でも私が最近愛用しているシャンプーは、ハーブガーデン。ネットで話題になっていたので取り寄せてみたら想像以上に私の髪に合っていたのでリピートしています。

ハーブガーデンはアミノ酸シャンプーであり、ノンシリコンシャンプーでもあります。特に良かったのはその「香り」ですね。

メンソールや特別な化学物質を使っていないのに、スーッとした爽やかな香りがするのです。おそらく、主成分が「ハーブティ」なので自然なハーブの香りがするのでしょう。人工的ではない自然な香りで気分もさっぱりします。

もちろん、洗い心地は夏でもさっぱり。何より、きちんと泡立つので頭皮全体をしっかりと洗うことができるので満足しています。髪を乾かしても頭皮がすっきりしている実感があり、寝汗をかいても翌日までさっぱり感が続きます。

このように「髪を優しく洗い上げられるアミノ酸シャンプー」「自然な香りで爽快感のある洗いあがり」というのが夏に使いたいシャンプーのポイント。使用感だけで選ぶのではなく、髪へのダメージも考えてシャンプーをチョイスしてみましょう。

口コミは本当?ハーブガーデンを私が実際に使ってみました!詳しい使用感・ビフォーアフターはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・多めのシャンプーで洗う・二度洗い・シャンプーブラシでゴシゴシ洗うという洗い方は髪へのダメージになるので要注意。

・夏は髪の二度洗いは不要。正しいシャンプーのポイントは「お湯だけで予洗いする」「頭皮をシャンプーの泡でもみ洗いする」ということ。

・クール系のシャンプーに使用されている「メンソール」はアルコール成分の一種で、髪の手触りを悪くさせる可能性大。


頭皮は髪を育てる土壌だとよく言われますが、シャンプーにこだわりだしてからは一層そう思うようになりました。夏は洋服だけではなく、シャンプーも衣替えしたいですよね。ぜひ自分の髪質に合ったシャンプーで、夏の嫌な汗も一気に洗い流しちゃいましょう。