B-36

先生の言う通り良い子してました、が。

私のこれまでの43年の人生の中で、1度だけパーマをかけたことがあります。最初で最後となったパーマを体験したのは、大学生になりたての頃でした。

高校の校則でパーマ、染髪は禁止されていたこともあり、ダメって言われるとやりたい!みたいな衝動を抑えるので必死でした。大学生になったらすぐにパーマと茶髪にするぞって、野望と欲望が止まりません。その計画通り、晴れて私は大学の入学式の前に美容院へ行き、パーマを充て、髪を茶色に染めたんです。

スポンサーリンク


美容院は、高校の時から通っているお店です。何店舗も出店している大手の美容院で、私の周りの友達が皆この美容院に通っていたことから、私も行くようになったお店です。特に、この美容師さんがお気に入りということもなく、毎回行った時に手が空いている方にお願いしていました。

大手で指名もなし。そりゃ計算外のことも起きる!

パーマをかけた時も、丁度手が空いている美容師さんにお願いしてやってもらいました。女性の美容師さんだったのですが、お店の店長さんだということで、「店長かぁ、うまそうだな。期待できる!」と、安心しておまかせすることができました。胸のあたりまであるロングカットに、ふんわりとソバージュパーマをかけてもらうことにしました。

しかしここで、落とし穴があったのです。てっきりカーラーを巻くのも店長さんがやってくれるもんだと思っていたら、次の予約のお客様がいるとのことで、カーラーを巻くのは2人のスタッフに任せて、どこかに行ってしまいました。

もちろん、どういった風に仕上げるのかなどの指示はしていたので、その通りにスタッフの方もやってくれたと思います。ただ、「パーマは生き物」でしょう。巻き方によってかなり雰囲気が違ってきますので、経験の豊富な店長さんにやってもらいたかった。

美容院が掌の上で済む時代、早く来てー!

パーマを体験してみて、パーマ液のニオイって独特だなと思いました。ニオイに敏感な私には、少しきつかったです。しかも、パーマをしてから2、3日は、毎晩シャンプーをしてもなかなかニオイが取れなかったのが辛かった。

とにかく時間がかかるのも大変だなと思いました。パーマ液が定着するのを待つ間、サービスでお茶を出していただけたものの、雑誌を見るのも飽きてしまうぐらい退屈でした。18歳の私に、どなたか現代からスマホを届けて下さい。

結局来店してから仕上がるまでには、2、3時間かかりました。いつものカットだったら1時間以内に終わっていることが多いのになと思いました。パーマにヘアカラーもしたので、余計時間がかかったのかもしれません。とにかく、どっと疲れました。

初めてのパーマ姿は、かなり見慣れれないヘアスタイルだったので、しばらくずっと違和感がありました。ふと、「もし店長さんが巻いてくれていたら、もっと素敵になったかもしれない」という考えも浮かんでしまいました。大変な思いをして仕上げた割には自分に合っていない気がしたので、それ以来パーマをかけることはありませんでした。

スポンサーリンク