朝起きると頭が鳥の巣!?髪の絡まりがやばすぎる

アニメのようにグチャグチャになった髪の毛の状態を「鳥の巣のよう」といいます。朝起きて鏡を見てみると、頭が鳥の巣状態になっていることってありますよね。

髪の絡まり度マックスな髪の毛、どうやって直しているでしょうか。直し方によっては、更に絡まりをひどくさせる原因となることも。正しく対処して、サラサラな髪に近づけていきましょう。

もくじ


1.鳥の巣の上手なほどき方
2.絡まりにくい髪へ!シャンプー編
3.絡まりにくい髪へ!ブロー編
4.絡まりにくい髪へ!寝る前編
5.鳥の巣になる原因とは
6.まとめ

今すぐやってみよう!鳥の巣状態の髪の毛をほどく方法

まず、髪の毛が鳥の巣状態になった時のただしいほどき方を解説していきます。髪が絡まっている状態でそのままブラシをいれてしまうのは、一番よくないほどき方。正しく髪の毛をほどく方法を知っておくことで、髪の絡まる頻度を減らすことができるのです。

さて、「鳥の巣」状態になった髪の毛をほどくために必要な物は、洗い流さないトリートメントと自分の「手」です。まずは、髪の毛の絡まった部分を軽く水で湿らせます。霧吹きを使って濡らしてもよいですし、手を水で濡らして髪をさわって湿らせるという方法でもよいでしょう。

そして、湿った髪の毛に洗い流さないトリートメントをつけて、絡まっている部分をスルスルとほどくのです。イメージとしては、絡まっているネックレスに潤滑油をつけてほどくような感じ。

ポイントは指先で絡まりを割く様にすることです。洗い流さないトリートメントをつけているので髪同士も滑りやすくなっており、ほどきやすくなっているはずですよ。

【プチまとめ】鳥の巣のように絡まった髪の毛は、洗い流さないトリートメントを使ってほどくのが正解。

自分の手はどんなブラシよりも髪に優しい「マイブラシ」となります。優しく手ぐしをして、髪を傷めないようにブラッシングしていきましょう。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

鳥の巣状態の髪の毛をサラサラにするためのポイント

よく髪の毛が絡まってしまうというタイプの場合、毎日のヘアケアがちょっと間違っている可能性大。日々のお手入れ方法をちょっと見直すだけで絡まりにくい髪になっていきますよ。

毎日行うヘアケアの基本「シャンプー」「ブロー」を正しく行いましょう。

鳥の巣をサラサラに!シャンプー編

髪が絡まる原因の一つは「摩擦のよるダメージ」だといわれています。特に、髪が濡れているときは髪の表面に傷がつきやすいため、シャンプータイムの髪の扱いには注意必要。ゴシゴシと髪を擦ることでどんどんダメージが広がっていくのです。

つまり、濡れている髪をゴシゴシと擦りながらシャンプーすると、より絡まりやすいダメージヘアになってしまうということですね。髪の絡まりを減らすためには、次のことを意識してシャンプーするようにしましょう。

【シャンプーをするときのポイント】

・お風呂に入る前に手ぐしで髪の絡まりを軽くほどいておくこと。

・ぬるま湯で頭皮までよく湿らせてからシャンプーをつけること。

・シャンプーはよく泡立ててから使うこと。

・髪の毛先は擦らずに、頭皮を泡で包み込んでマッサージをするように洗うこと。

・シャンプーのすすぎ残しはないように、しっかりシャワーですすぐこと。

中でも、髪の毛が絡まりやすい人は髪の毛先を擦らないように気をつける必要があります。髪の毛の汚れはお湯だけでも洗い流すことが可能。

ですから、ゴシゴシと洗うのではなくシャンプーの泡で洗い流すだけで十分なのです。そうすれば、シャンプー中も絡まりにくくなり、翌日も鳥の巣を回避することができますよ。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

鳥の巣をサラサラに!ブロー編

シャンプーの後は、正しいブローが必須。お風呂上りに早めに乾かすことで、寝癖もつきにくくなり「鳥の巣」にもなりにくくなります。ドライヤーでしっかりと乾かしてから寝るようにしましょう。

【ブローのポイント】

・ドライヤーの風をあてるのは、頭皮・髪の根元を中心に。毛先には風をあてないよう注意しよう。

・手ぐしで髪の絡まりをとりながらドライヤーをしていく。コームやブラシは使わない。

・ドライヤーは髪に近づけ過ぎず、ドライヤーを持った腕はできるだけ伸ばした状態をキープ。

「髪がゴワゴワするから、よけいに髪が絡まる」とブローを嫌っている人も多いですよね。ですが、それはちょっとブローの仕方がヘタなだけなのかも。

ブローはちょっと工夫するだけで仕上がりはゴワゴワしにくく、髪も絡まりにくくなります。髪が濡れたまま寝ると、髪の水分が逃げていき鳥の巣ができやすくなってしまいます。ブローもヘアケアの一環だと思って、さぼらないようにしたいですね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

鳥の巣をサラサラに!寝る時にも一工夫

寝る時に寝癖がつくことで髪が絡まり、髪の毛が鳥の巣になってしまいます。ですから、寝る時もちょっと工夫が必要。

翌朝髪の毛が鳥の巣にならないようにするには、やはり「摩擦」から髪を守ることが大切です。例えば、次のような工夫は寝癖・鳥の巣予防に効果的でしょう。

・ナイトキャップをかぶってみる。→髪への摩擦が減り寝癖も減る。

・寝返りを減らすために、枕を変えてみる。→寝返りは寝癖の原因。寝返りが多いのは枕が合っていない証拠のため枕を変えるとGOOD。

・ゆるく髪の毛をしばって寝る。カーラーなどをつけて寝る。→結び方やカーラーのタイプによっては貧乏パーマにもなる。

とにかく、髪と枕の摩擦を減らせば翌朝の鳥の巣も回避できます。ナイトキャップは髪の保湿効果もあると、最近一気に人気アイテムとなっていますね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

どうして髪が絡まる?鳥の巣になる原因って?

そもそもどうして髪の毛がグチャグチャになり、鳥の巣状態になってしまうのでしょうか。それは、髪の水分が逃げてパサパサになっているからです。

健康な美髪は、髪の絡まりも少なくサラサラしていますよね。健康的な髪は、髪の毛の表面が滑らかで、しっかりと水分を閉じ込めている証拠。

ですが、髪の表面に傷がついている髪は「穴の開いている風船」と一緒。傷んだ髪は髪の水分が漏れ放題で、髪の元気が無くなってしまいます。元気の無い髪はハリがないため、すぐに絡まってしまい鳥の巣になるというメカニズムなのです。

つまり髪の毛を鳥の巣状態にさせないためには、髪の表面を傷つけないようにシャンプーやブローをすることはとっても大切。まずは髪への摩擦を徹底的に減らすところから始めていきましょう。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・鳥の巣のように絡まった髪の毛は、洗い流さないトリートメントを使ってほどくのが正解。

・髪の毛が鳥の巣にならないようにするためにはシャンプー・ブローでの摩擦を徹底的に減らすこと。

・髪が絡まりやすくなるのは、髪の水分が逃げてパサパサになることが原因。髪の表面を傷つけないようヘアケアをしていこう。

髪は女の命、髪には清潔感が表れるといいますよね。鳥の巣のようにグチャグチャな髪ではスタイリングも楽しめません。基本的なお手入れ方法から見直して、少しずつ絡まりにくい髪を育てていきましょう。