美容院のオーダー「おまかせ」って困るのかな?

美容院が嫌いな女性って意外と多いですよね。「美容師さんとの会話が苦痛」という理由がほとんどようですが「どうオーダーしていいのか分からないから」という理由も多いみたい。

確かに「今日はどんな感じにしましょう」と美容師さんに聞かれても「いい感じにしてください」としか言いようがないかも。考えてみるとかなり悩んでしまう美容院のオーダー、いっそ「おまかせ」でお願いしたい!けど「おまかせ」って美容師さんのとっては迷惑なのでしょうか?そんな「おまかせ」に関する謎を解き明かしてみましょう。

もくじ


1.「おまかせは困る」が大多数!
2.上手なおまかせオーダーは引き算で
3.まとめ

大多数の美容師さん「おまかせ」は困る!写真を持参するのがベスト

「プロだから変にはしないでしょ」「変にならずなんとなくキレイにまとめてくれるだろう」と考える女子は「おまかせでお願いします」とオーダーしてしまいがち。ですが「おまかせ」とオーダーされると困るという美容師さんはとっても多いのです。

そもそも美容師歴が長い人ほど色んなパターンを知っていますし、あなたが出会ったことの無い「奇想天外」な髪型だって美容師さんにとってみれば「素敵な髪型」かもしれません。それに、長年ロングヘアで生きてきたのに、いきなりベリーショートにされても困りますよね。

美容師さんが「おまかせって困る」と感じる理由は、主にこの3つ。

・お客さんの好みをまだ把握しきれいてないから。

・「おまかせ」と言いながら、実は嫌いな髪型がハッキリしているというパターンが多いから。

・後のクレームに発展しそうだから。

なるほど、行きつけの美容院で「おまかせで」というならお互いに困ることも少ないのでしょう。ですが最近はネットでクーポンを利用しまくって美容院を渡り歩いているという女性も増えてきました。そうなるとお互いに「初めまして状態」で、好みも髪質もさっぱり分からない状態なわけです。

まだ数回しか担当していない、もしくは初めて担当するのにいきなり「おまかせ」と注文されても困りますよね。髪型の好みって千差万別、出会って間もない人の好みを分析していい感じに仕上げるってめちゃくちゃ難しいことなのかも。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

美容院には写真の持参がベスト。芸能人・モデルの写真だってもちろんOK

反対に、美容師さんが「やりやすい」と感じるオーダーの仕方は「写真・画像を持参して仕上がりの希望を伝えること」です。美容院へ持参する写真・画像はなんでもOK。芸能人、モデル、たまたま見つけたカットモデルの画像などなど。

美容院のオーダーで一番大切なのは「少しでも具体的に仕上がりイメージを伝えること」にあります。仕上がりイメージが漠然としていても「なんとなくこんな写真の雰囲気がいい」という感じで画像を持参すると美容師さんもやりやすくなり、失敗するリスクも少なくなるでしょう。

【プチまとめ】美容院へは仕上がりのイメージに近い写真・画像を持参することがベスト。

中には「芸能人の写真を持っていくのって恥ずかしい」「こんなかわいいモデルの写真持っていったら笑われるかも」というシャイな女子もいますよね。美容師んさんに「髪型をマネしたってこのモデルさんにはなれないよ」と思われたらどうしようって考えること、私もあります。

ですが、そんなことを心配する必要はまったくありません。ずばり、美容師さんが見ているのは「お客さんのなりたい髪型」「お客さんの趣味趣向」「お客さんの髪質」の3つ。それ以外はあまり問題ではないので、どんなにかわいい芸能人の写真でも恥ずかしがらずに持っていきましょうね。

それどころか「全体的にふわっとした感じ」「流行りの感じ」「こぎれいな感じ」といった抽象的なオーダーの方が美容師を困らせるオーダーなのです。抽象的な表現は美容師さんが困る原因になり、失敗の元。画像は具体的なイメージが共有できる便利なアイテムなのです。

※毎日のヘアケアで新しい髪形をきれいにかわいく楽しんじゃいましょう。記事終わりのヘアケアシャンプーランキングをチェックしていってくださいね。

【これで失敗知らず】「おまかせ」オーダーは引き算で!

とはいえ、好みの髪型に似た画像を探したりするのって意外と面倒なもの。美容師さんが困るオーダーであっても、結局「おまかせで」と注文するのがお客さんとしては楽ちんなのですから。

もしどうしても「おまかせ」とオーダーしたいのなら、最低限伝えるべきことがあります。それはあなたが「嫌なこと」「悩んでいること」です。つまりネガティブな情報を先に美容師さんに伝えることで、自分好みな「おまかせスタイル」に近づくということ。

ずばり、美容師さんが困ることなく、自分の好みに近い仕上がりにしてもらうためには「引き算のオーダー」がポイントになります。例えば、「全体的に空いてください」「何センチ髪を切ってください」というオーダーが足し算なら「こんな髪型にはしないでください」というのが引き算です。

具体的に言うと、こんな情報を美容師さんに伝えた上でおまかせカットにしてもらいましょう。

・前髪はいつも作っているのか、こだわりはないのか。

・最低限キープしておきたい髪の長さはどれくらいなのか。

・以前「失敗したな」と感じた美容院でのカットの思い出。

・解決したい自分の髪の悩み。(クセ毛、天然パーマ、髪が細い、剛毛などなど)

今の髪型から「嫌いなこと」「最低限してほしいこと」「自分の髪の嫌いなこと」を引き算していくと、自然と行うべきカットが見えてきてますよね。上手に「おまかせオーダー」をするにはマイナスなことを先に伝える「引き算式オーダー」が必要だったのです。

【プチまとめ】上手に「おまかせオーダー」をするには、引き算が重要。最低限のラインや、困っている自分の髪質について話しておくだけでも美容師さんはカットしやすくなる。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

自分好みの髪型にしてもらうためには「いつもの自分」で来店すること

また、美容師さんはあなたの「いつもの姿」「趣味趣向」を知りたがっています。職業や校則などでしてはいけない髪型があるのか、いつもどんな服装をしているのか、どんなメイクが好みなのか、恋人から髪型の注文はされているのかなどなど。上げればきりがありません。

とにかく、美容師さんは「いつものあなた」に一番しっくりくる髪型にカットしたいと考えているのです。ですから、美容院にはいつも通りの髪型・服装・メイクで行くことをおすすめします。

もちろん、髪型もいつも通りセットして行ってOK。コテを使ってもワックスを使ってもいいので、いつも通りのファッション・ヘアスタイルで美容院へ行くことがベスト。(ただし、シャンプー・トリートメントをしない美容院の場合は事前に確認しておくことが必要)

「こんな服や髪型で行ったら美容院でういちゃうかな」なんてことは考えず、いつも通りが一番。自分の好みやライフスタイルをできるだけ美容師さんに伝えることが、ベストな髪型にしてもらえるポイントなのですから。

【プチまとめ】お客さんの服装・メイク・スタイリング方法も美容師さんにとっては貴重な情報。いつも通りの自分で美容院へ行くことも、上手にカットしてもらうためのポイント。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・「おまかせ」とオーダーされると困るという美容師さんはとっても多い。

・美容院へは仕上がりのイメージに近い写真・画像を持参することがベスト。

・おまかせでカットしてもらいたいなら「引き算」が重要。最低限のラインや、困っている自分の髪質について話しておくだけでも美容師さんはカットしやすくなる。

美容院ってとってもおしゃれなイメージで、敷居も高い印象を受けますよね。ですが、あまりにも緊張して行くと美容師さんとのコミュニケーションがうまくいかずに施術が失敗してしまうことも。上手にカットしてもらう近道は、あなたの好みやライフスタイルを伝えることにあるのかもしれませんね。