【花粉の影響?】花粉の季節になると頭がかゆい!


花粉症に悩まされている現代人は年々増えてるようですね。特に目のかゆみや鼻のムズムズは厄介。ですが、この花粉のかゆみは鼻や目だけではないんです。


花粉の季節になると「頭がかゆい」「頭皮がムズムズ」「髪がパサパサ」という症状に悩む人も増えているんだとか。これって実は花粉の影響だといわれています。正しい対処法と対策で花粉の季節を乗り越えましょう。

もくじ



1.花粉の影響で頭がかゆるなる理由
2.花粉の正しい対処法!ヘアケアver
3.花粉のNG対処法
4.まとめ

花粉症は鼻・目だけではない!髪・頭皮もかゆくなる理由とは


花粉症というと「目」「鼻」といった粘膜で起きる炎症でかゆみが発生すると考えられがち。ところが、粘膜だけではなく「皮膚」でも花粉の影響により炎症は起こってしまうのです。



例えば、春になるとお肌が荒れやすくなったりすることってありませんか?肌の荒れやかゆみ・赤みのせいで、いつもの化粧品が合わなくなってしまうという女性も多いです。これって皮膚が花粉によりアレルギー反応を起こしてしまうことが原因となっていることがあります。


頭皮だって皮膚の一部です。顔と同じように花粉によるアレルギー反応が出てしまっても不思議ではないですよね。ですから、花粉症の症状として「頭がかゆい」「髪の手触りがゴワゴワ・パサパサする」ということを感じてしまうのです。中には、花粉症で鼻や目はかゆくないのに、皮膚や頭皮がかゆくなるという方もいるんですって。




頭皮の環境が悪化すれば、髪の質感も悪くなります。パサパサと乾燥してしまったり、ゴワゴワとしていつもと違う手触りになる場合は、頭皮が軽い炎症を起こしているのかもしれません。


【プチまとめ】花粉の影響で頭皮がかゆくなることがある。皮膚に花粉がついてアレルギー反応を起こすことによりかゆみが起きてしまうということは、頭皮でも起こり得ること。


しかも、季節の変わり目って皮膚の「バリアする力」が弱まってしまうため炎症が起こりやすくなるといわれています。季節が変わる境目での気温の変化に頭皮環境が急激に変化し、頭皮のバリアする力も弱まるのです。


つまり季節の変わり目は体調も崩しやすくなりますが、お肌・頭皮だってコンディションが悪くなりやすくなるということ。頭皮や髪も、季節の変わり目は念入りにお手入れする必要があるということなのです。

花粉で頭がかゆい!正しい対処法は!?


では、花粉により頭皮がかゆくなってしまった場合にはどう対処すればよいのでしょう。大切なのは「ちょうど良い洗髪」「正しいブロー」です。


「ちょうど良い洗髪」ということですが、頭皮を健康なコンディションに戻すためには「髪を洗いすぎない」ということが大切になります。「かゆい=シャンプーをすれば良い」と思われがちですが、洗いすぎは症状を悪化する場合があるんですね。


先ほども書きましたが、皮膚・頭皮はバリアする力が弱くなることで花粉によるアレルギー反応を起こしてしまいます。頭皮を花粉や汚れから守ってくれているって、実は「皮脂」なんですね。花粉から頭皮や髪を守ってくれる皮脂を全て洗い流してしまったら、もっともっとかゆさが増してしまいますよね。


ですから、花粉が多い季節でもシャンプーは一日一回で充分。一日に何度もシャンプーをすると花粉だけではなく、頭皮をバリアする皮脂なども洗い流されてしまうので注意しましょう。


→【関連記事】髪の二度洗いはこんな時に!詳しくはこちら。

【プチまとめ】過度なシャンプーは症状を悪化させる可能性があるため要注意。頭皮や髪を花粉からバリアしてくれる「皮脂」を洗い流さないよう、シャンプーは一日一回まで!


次に「正しいブロー」ですが、ヘアトラブルにはブローが欠かせません。なぜなら、頭皮は湿っている状態が大の苦手だから。


頭皮が湿っている時間が長いと、更なるフケやかゆみを引き起こしてしまう可能性があります。花粉の影響で弱っている頭皮は、特に湿気に敏感になっているはず。素早くブローしてから寝るようにしましょう。


特に、お風呂から出たらまず髪の根元からしっかり乾かしていくことがポイント。髪は根元が乾けば自然と毛先へ水分が落ちていき、髪全体が乾いてきます。



更に、髪を保湿することで弱っている髪に潤いを取り戻すことができるでしょう。髪がまだ濡れているときに洗い流さないトリートメントをつけることで、髪の保湿ができますよ。ただし、頭皮には洗い流さないトリートメントがつかないように注意してくださいね。


つまり、濡れている髪に洗い流さないトリートメントをつけてから、髪の根元を中心にブローし始まるとGOODということ。花粉によるかゆみだけではなく、フケや更なるかゆみへと「二次災害」が起きないよう正しくブローしてくことが大切なのです。


【プチまとめ】ブロー前に洗い流さないトリートメントをつけて、髪の根元を中心に乾かしていくことで更なるかゆみ・ヘアトラブルを防ぐことができる。

→【フケを減らしたい!】原因って何?今すぐ改善させたい!詳しくはこちら。

【花粉】NG対処法でもっと頭がかゆい!髪がパサパサ!正しい対策はコレ


花粉対策を間違えてしまうと「なんだか前より頭がかゆい」「髪がパサパサしてきた」という緊急事態になるので要注意。特に、普段こんなことをしてしまっていませんか?


・いつも髪は結ばずに出かけている。


・シャワーは夜ではなく「朝シャン派」である。


・シャンプーは洗浄力が高く、泡立ちが良いものを使っている。


・頭皮がかゆいと、ついついかいてしまう。



いかがでしょう。実はこれ、全部「花粉による頭皮・髪のかゆみ」を増してしまう可能性のあるNG行為なのです。



まず、ヘアスタイルですが花粉が飛んでいる季節は「まとめ髪」にしておくことがベスト。やはり、髪を結んでいない状態だと花粉が髪全体につきやすくなってしまいますからね。



どうしても髪を結ばないで出かけたいという方は「コーム」を常備しておくことをおすすめしますよ。ブラシではなく、クシやコームの方が花粉を落としやすくなります。お出かけ先でコームを通すことでこまめに花粉を落とすことができるでしょう。


【プチまとめ】花粉で頭皮がかゆくなる人はまとめ髪がベスト。髪を結びたくないという場合にはコームを常備しよう。



次に、シャンプーに関する注意事項。「朝シャン」や「洗浄力の高い・泡立ちの良いシャンプーを使うこと」が、花粉対策には逆効果となる場合があるということです。


やはり、その日に髪についてしまった花粉や汚れはその日のうちに洗い流すことが大切。ですから朝シャンよりも夜シャンの方が花粉対策にあるということです。


そして、シャンプー選びも花粉対策にとって重要なポイントとなります。花粉により頭皮や皮膚がかゆくなるという方は「洗浄力・泡立ちの良さ」でシャンプーを選ぶのではなく、マイルドな洗浄力のシャンプーをチョイスするようにしましょう。


そもそも、シャンプーが髪の汚れを落としてくれるのは、食器洗剤や洗濯洗剤に使用されているような「界面活性剤」を使っているから。界面活性剤の力が強いほど汚れをよく落とせますし、泡立ちも良くなります。


ですが、界面活性剤は弱っている肌や頭皮にとって刺激となることも多いのです。だからこそ、花粉によるかゆみがあるときには「マイルドなシャンプー」をチョイスすることが大切。


とはいえ、マイルドな洗浄力のシャンプーって一体どんなものがあるのでしょう。「低刺激」「無添加」「オーガニック」と書かれていも、強い界面活性剤を使用している場合があります。最近では「アミノ酸シャンプー」が「ちょうど良い洗浄力のシャンプー」として人気になってるんですよ。


アミノ酸シャンプーにはベビーシャンプーにも使用されているような洗浄成分を配合しているものが多く、まさに弱まっている頭皮にはぴったり。ネットなどにお試しセットを取り寄せて自分の髪に合うかどうか確認することもできるので、一度試してみる女子も増えていますね。


→【送料無料格安トライアルキット】口コミランキング一位のノンシリコン&アミノ酸シャンプーを実際に使ってみた!詳しくはこちら。


【プチまとめ】シャンプーは朝シャンよりも夜シャンがGOOD。マイルドなアミノ酸シャンプーで髪を洗おう。



最後に、かゆいからといって頭をかいてしまうのは絶対NG。頭をかけば、爪で傷がついてしまいますよね。すると傷からまた炎症をおこしてかゆみやフケがひどくなります。頭のかゆみがひどいときには、ちょっと冷やしてみると落ち着きますよ。皮膚の炎症は熱を持ってしまうことが多いので、冷やすだけでも炎症を鎮める効果が期待できるでしょう。

まとめ


いかがでしょう。


いえーいゆか

・花粉の影響で頭皮がかゆくなることがある。皮膚に花粉がついてアレルギー反応を起こすことによりかゆみが起きてしまうということは、頭皮でも起こり得ること。


・過度なシャンプーは症状を悪化させる可能性があるため要注意。頭皮や髪を花粉からバリアしてくれる「皮脂」を洗い流さないよう、シャンプーは一日一回まで!


・花粉で頭皮がかゆくなる人はまとめ髪がベスト。髪を結びたくないという場合にはコームを常備しよう。


・シャンプーは朝シャンよりも夜シャンがGOOD。マイルドなアミノ酸シャンプーで髪を洗おう。




花粉症って年齢や体質変化によって症状が変わることがあるので、対策が難しいですよね。まずは間違った対策をしていないか振り返ってみて、健康でサラサラな髪を育てていきましょう。