パーマをしたら48時間シャンプー我慢!?

パーマをかけるとき、美容師さんからは色々なアドバイスをもらいますよね。セットの仕方やヘアケアの方法など、パーマならではのお手入れを教えてくれます。

ですが、気になるのは「しばらくシャンプーは我慢して下さいね」というアドバイス。一体どれ位シャンプーを我慢しなくてはならないのでしょう。中には「できれば48時間はシャンプーを控えて」と言う美容師さんもいるようです。

シャンプーをするまで空けるべき時間、どうしてシャンプーを我慢する必要があるのか、そんなよくある疑問に答えてみました。

もくじ


1.48時間も我慢しなくてOK
2.24時間と48時間の差って何?
3.なんで48時間も時間を空ける必要があったの?
4.パーマ後のシャンプーは超重要
5.まとめ

もう48時間も我慢しなくてOK!当日シャンプー派も急増中

48時間というと、パーマから二日後にやっとシャンプーできるということになりますよね。なかにはきっかり48時間測ってシャンプーをし始めるなんて方も。

ですが、48時間もシャンプーを我慢するというのはちょっと古い常識。普通のパーマ、デジタルパーマ、エアウェーブなどなど、48時間もシャンプーを我慢するというケースはどんどん減っているのです。むしろ、パーマ後24時間経たないうちからシャンプーをし始めるという女子も急増しています。

【プチまとめ】パーマ後48時間シャンプーを我慢するのはちょっと古い常識かも。今はその日のうちにシャンプーする女子も急増中。

それに、パーマをかけると必ずと言っていいほどワックスやムースをつけられますよね。整髪料を髪に残したまま寝るのは気持ちが悪いですし、48時間も経つと頭の臭いも気になってくるものです。ですから、最近は48時間もシャンプーを我慢させるような美容師さんは減っているでしょう。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

【シャンプー】24時間我慢するのと、48時間我慢するのでは違いあり?

ちなみに、パーマ後に24時間シャンプーを我慢するのと48時間我慢するのでは違いって出てくるのか気になりますよね。何となく、イメージとしては時間を空ければ空けるだけパーマがとれにくくなるような気がするのですが。

実際のところ「パーマ後にどれ位シャンプーを我慢したか」ということと「パーマの持ち」はあまり関係ないと考えている美容師さんが多くなっています。だからこそ、もう48時間もシャンプーをしないでおくというアフターケアをおすすめする美容師さんも減ってきているのです。

おそらく昔からよくある美容師さんの説明から「24時間シャンプーを我慢すべきなのか、48時間我慢すべきなのか」と迷ってしまった女子が増えたのだと思います。「24時間以上はシャンプーを控えたほうがいいけど、念のため48時間位我慢するとより良い」という美容師さんの説明から混乱してしまった人が多くなってしまったのでしょう。

【プチまとめ】パーマ後に24時間シャンプーを我慢するのと、48時間シャンプーを我慢するのとではあまり違いはない。

それよりも気を付けなくてはいけないのは、髪に余計なダメージを与えないように過ごすことが大切です。パーマは一朝一夕で完成するものではなく、その後のヘアケアで少しずつ完成に近づきます。「48時間以内にシャンプーする・しない」だけでパーマが急にとれることは考えにくいので、安心してくださいね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

「48時間シャンプー我慢」はなぜ広まった?縮毛矯正が原因かも

そもそも、どうして48時間もシャンプーを我慢した方が良いという知識が広がってしまったのでしょうか。ネットで調べてみると、いまだに「パーマ後24~48時間はシャンプー禁止」なんていう情報が出てきます。

「48時間シャンプーを我慢する」というお手入れ方法は、どうやら縮毛矯正のアフターケアが関係しているようです。数年前の縮毛矯正はかなり強力な薬液を使用していたため髪へのダメージも相当強かったため、48時間程度シャンプーなどの刺激を避けるようにしていたとのこと。

【プチまとめ】「48時間シャンプーを我慢する」というお手入れ方法は、縮毛矯正のアフターケアが由来になっている可能性大。

確かに縮毛矯正はストレートパーマや普通のパーマとは違う、かなり強い薬液を使用しています。しかも失敗をすれば数か月から1年程度は髪にダメージが残り、ヘアカラーすらできない状態になってしまうことも珍しくありませんでした。

リスクの大きい施術であった縮毛矯正ですから、施術直後はできるだけ髪を「安静」にさせなくてはいけませんでした。つまり、水分やシャンプーに含まれた「界面活性剤」と髪が触れないようにして、髪のダメージを落ち着かせる必要があったのです。

そんな縮毛矯正のアフターケアがいつのまにか一般的なパーマでのアフターケアと混同されてしまったのですね。現在は縮毛矯正の薬液も種類が増えてきています。また、以前よりもダメージを抑えて縮毛矯正ができるようになってきたため、48時間もシャンプーを我慢する必要は少なくなっているのです。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

24~48時間以内のシャンプーがパーマの持ちを変える

とはいえ、パーマをかけてから24~48時間は髪がとっても敏感な状態。できるだけ刺激を与えないように気を付けなくてはいけません。もちろん、シャンプーもブローも丁寧に行いましょう。

ずばり、パーマをかけてから48時間以内にどんなお手入れをしたのかでパーマの持ちが変わってしまうと言っても過言ではありません。パーマ前に使っていたシャンプーでいつも通り髪を洗っていると、髪に負担がかかりパーマがとれやすくなる可能性大なんですよ。

まずシャンプーの選び方ですが、パーマ後はできるだけ洗浄力が抑えられたシャンプーをチョイスするとGOOD。パーマ前と同じシャンプーを使っていると、パーマが長持ちしにくくなることもあるので注意が必要です。

【プチまとめ】パーマ直後に使うシャンプーは洗浄力の抑えられたシャンプーをチョイスすると長持ちしやすくなる。

特に、ドラッグストアで市販されているようなシャンプーは、一回の洗髪で多くの皮脂・汚れが落ちるよう作られています。パーマ前の髪であれば大きなダメージになることも少ないのですが、パーマ後は別です。

パーマ後は強いシャンプーの洗浄成分が刺激となり、髪がパサパサとしてパーマがとれやすくなってしまうことが多々あります。ですから、サロンでパーマ用のシャンプーを買う人が多いわけです。

とはいえ、毎回サロンのシャンプーを買うのは大変。現実的な値段でシャンプーを揃えたいですよね。市販されている中でパーマヘアと相性が良いのは「アミノ酸シャンプー」でしょう。

ビューティーヘアラボラトリでは最新のシャンプーランキングを公開しています。優しい成分のアミノ酸シャンプーがランキング上位を独占していますので、あなたのヘアケアシャンプー探しに役立ててみてくださいね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・パーマ後48時間シャンプーを我慢するのはちょっと古い常識かも。今はその日のうちにシャンプーする女子も急増中。

・パーマ後に24時間シャンプーを我慢するのと、48時間シャンプーを我慢するのとではあまり違いはない。

・パーマ直後に使うシャンプーは洗浄力の抑えられたシャンプーをチョイスすると長持ちしやすくなる。

美容院で行われている施術は日々進化しています。パーマやヘアカラーのアフターケアも、どんどん変わっていっているのです。久々にパーマをかけるときには、最新のお手入れ情報をチェックしておいた方が良いですね。