パーマをかけたらシャンプーしてOK?それとも水洗い?

デジタルパーマやエアウェーブといった長持ちするタイプのパーマが人気ですが、アフターケアに苦戦している人も増えています。一番困ってしまうのは「パーマをかけた当日はシャンプーができない」ということですよね。

そっかーゆか

みなさんはパーマをかけた後はシャンプーをせずに寝る派でしょうか、それとも水洗いだけでもしてしまう派でしょうか。シャンプーをしないのと、髪を水洗いするのとではどちらがいいのか徹底分析してみました。

もくじ



1.水洗いでもパーマはとれちゃう?
2.パーマ後はぬるま湯ですすぐべし
3.水洗いだと頭が臭う?
4.「パーマの持ち」と「シャンプー」
5.まとめ

パーマ後に水洗いしちゃった!これってパーマヘアに影響あり?


パーマをかけると美容師さんに「今夜はシャンプーしないでおいて下さい」と言われますが、どうしても髪を洗いたくなっちゃうという方は多いでしょう。その際、「髪を濡らしたり、水洗いしたらパーマがとれちゃうのではないか」と考えると心配になってしまいますよね。


ですが、美容師さんは「あまり刺激を与えないようシャンプーの使用はできるだけ控えて」という意味で「シャンプーしないでおいて」と言っているだけ。どうしても髪についたワックスやムースを洗い流したいなら「水洗い」程度であればあまり問題はないんです。パーマ後すぐに水洗いをしてしまったからといって、一気にパーマがとれてしまうようなことは考えにくいでしょう。

たった一回の水洗いで取れてしまっては、数か月間もパーマが長続きするなんてちょっと考えられないですよね。ですから「水洗いしたからパーマがとれちゃう」と心配する必要はないのです。

そうなのっゆか

実は「美容師さんの中にもパーマをかけた当日にシャンプーしている」という方もいるって知ってましたか?

パーマ当日にどうしてもシャンプーしたいのであれば、とにかく優しい成分で髪に低刺激なシャンプーを選ぶことが重要です。また、それらのシャンプーはパーマをきれいに長持ちさせるのに効果的で、継続的なヘアケアにもなるんです。いいことばっかりですよね。

※髪に優しい成分のシャンプーでしっかりダメージケアしていきたいですね。読み終わったら記事終わりのヘアケアシャンプーランキングを必ずチェックしていってくださいね。

パーマ後は水洗いではなく「ぬるま湯洗い」で


話を戻しましょう。ただ髪を水洗いするだけでは髪が傷み、せっかくのパーマがパサパサになってしまうことも。パーマ後についた整髪料や汚れをとるには、ぬるま湯で軽く髪をすすぐ程度がちょうどいいですよ。

パーマ後に髪を水洗いするときのポイントは「いつもよりぬるい温度のシャワーで水洗いすること」「水洗い後は早めにブローすること」の2つ。この2つを守れば、髪への刺激も少なく、パーマへの影響も少なくなります。


特に、髪を水洗いするときの温度は重要。熱すぎると髪を傷めることになり、冷水だと汚れを上手に落とすことができにくくなるからです。39度以下のちょっとぬるめのお湯で、軽く手ぐしをするような感覚で優しく髪をすすぎましょう。


また、髪は濡れている状態が一番ダメージを受けやすくなってしまいます。パーマ直後は髪がとっても敏感になっているため、いつもより早めにブローすることが大切。濡らしっぱなしにしておくとあっという間にパサパサになり、パーマがとれてきてしまうので注意して下さいね。

→ビューティーヘアラボラトリ
最新シャンプーランキングはこちら。

【パーマ後の水洗い】シャンプーしなくて臭いは大丈夫?



髪を水洗いするだけなんて、ちょっと抵抗があるという女子も多いはず。シャンプーを使わないと、髪が臭くなってしまいそうですよね。

ですが、パーマ後に水洗いだけしかしなかった結果、頭が臭ってしまうというようなケースは少ないでしょう。パーマ後にゴシゴシと頭皮や髪を擦る必要はなく、髪の毛の表面を水洗いするだけで充分なのです。なぜなら、美容院でしっかり頭皮の汚れを落としてくれているから。

そもそも、髪や頭が臭くなってしまう原因は頭皮に残っている皮脂。余分な皮脂が酸化して臭いを出すため、一日の終わりには髪が臭ってきてしまうのです。


ここで、パーマをかけている工程を思い出してみて下さい。パーマの前後にシャンプーをしますよね。そう、パーマをかけるときって2回はシャンプーをしているんです。美容師さんにしっかりと髪を洗ってもらっているのですから、パーマ後は皮脂は洗い流されているはずですよね。

ですから、パーマをかけた日の夜は髪を水洗いしただけでも臭くなることは考えにくいのです。反対に、髪を洗いすぎると必要な油分まで洗い流されてしまうので要注意。髪の洗いすぎはフケや乾燥といったヘアトラブルの原因にもなるので「適度な洗髪」を心がけましょう。

→ビューティーヘアラボラトリ
最新シャンプーランキングはこちら。

【マイルドなシャンプーを】パーマの持ちはシャンプーで決まる!

ところで、美容師さんはどうしてわざわざシャンプーのタイミングを注意するのでしょう。それはちょっと前に書きましたが、パーマの持ちがシャンプーと深く関係しているから。

パーマがどれくらい長持ちするかは「どんなシャンプーを使っているか」で変わってしまうと言っても過言ではありません。パーマ当日のシャンプーは我慢したのに、次の日からパーマには合わないシャンプーを使うとせっかくパーマが台無しになってしまうことも。


特にドラッグストアで買った安価なシャンプーをパーマ後も使い続けるのはちょっと危険。市販のシャンプーは泡立ちもよくしっかり洗えるのですが、かなり強めの界面活性剤を使用してることがほとんど。そんな刺激の強い界面活性剤は、パーマをかけた髪にとって刺激が強すぎるのです。

パーマがとれる原因ナンバーワンは、ずばり髪のダメージだと言われています。毎日使うシャンプーで髪に刺激を与え続け、髪をいじめ続けていればそりゃパーマは長持ちしませんよね。


パーマ後のシャンプーで大切なのは「優しい洗浄力でフワフワに洗いあげること」です。余計な皮脂や汚れだけを落としてくれる程度の、マイルドな洗浄力をもったシャンプーを使用することで髪への刺激が少なくなります。


そこで登場するのがアミノ酸シャンプーです。今、パーマをかけた女子に大変人気ですね。アミノ酸シャンプーはベビーシャンプーにも使用されているような優しい洗浄成分でできているシャンプーなのです。そんな肌にも髪にも優しいマイルドなシャンプーを使うことで、パーマの持ちは長くなってくるでしょう。

ビューティーヘアラボラトリでは最新のシャンプーランキングを公開しています。パーマヘアを綺麗に長持ちさせてくれる優しい成分のアミノ酸シャンプーがランキング上位を独占していますので、あなたのヘアケアシャンプー探しに役立ててみてくださいね。

→ビューティーヘアラボラトリ
最新シャンプーランキングはこちら。

まとめ

いかがでしょうか。

いえーいゆか

・パーマ後に髪を水洗いしてもパーマがとれてしまう可能性は低い。

・パーマ後に髪を水洗いするときには「ぬるま湯で行うこと」「早めのブロー」を心がけよう。

・市販のシャンプーは強い界面活性剤が使用されている場合があり、パーマが長持ちしなくなってしまうかも!

パーマは時間もお金もかかる分、お手入れには気を遣いますよね。そして何事も、最初のケアが後々響いてくるものです。ヘアケアの基本であるシャンプーにこだわることがキレイなパーマの近道といえるでしょう。