パーマをかけた日、シャンプーをしてしまった!

パーマをかけたその日、美容師さんによく「今日はシャンプーしないでくださいね」って言われませんか?または、家に帰ってネットを見てみると「パーマをかけた日にシャンプーは禁止」とか書かれています。

ですが、ムースやワックスをつけられてシャンプーしないと気持ち悪いって思っちゃいますよね。パーマをかけたその日にシャンプーをしてしまった場合、すぐにパーマは絶対とれてしまうのでしょうか?シャンプーをしてしまった場合の対処法やパーマがとれないためのポイントをまとめてみました。

もくじ


1.シャンプーをしてしまった時の対処法
2.シャンプーをしてしまった後のブロー
3.シャンプーをするとパーマがとれる?
4.まとめ

パーマをかけた日にシャンプーをしてしまったときの対処法

パーマをかけた当日にシャンプーをしてしまった場合、次のことに気を付けましょう。

《当日にシャンプーをしてしまってもこれさえ守ればセーフ》

・シャンプーとトリートメントはすすぎ残しが無いようにする。

・お風呂から上がったらすぐにタオルドライ&洗い流さないトリートメントをつける。

・髪は濡らしっぱなしにしておかず、できるだけ早めに乾かす。

この3つさえ守っていればパーマをかけた日にシャンプーをしてしまっても、すぐにパーマがとれる可能性は低くなります。特に、髪を濡らしっぱなしにしている時間が長ければ長いほどパーマはとれやすくなるため要注意です。

ですが、シャンプーをしてしまった翌日からはより丁寧にシャンプーをすることを心がけてみて下さい。毎回間違った方法でシャンプーしてしまうと、パサパサな髪になってしまいますよ。具体的にはこんなことを意識してみましょう。

《シャンプーをしてしまっても大丈夫!正しいシャンプーの方法》

・使うシャンプーは洗浄力の強すぎないマイルドなものを!

・シャワーはぬるま湯で!熱めのお湯でシャンプーしないこと。

・シャンプーをつける前に頭皮全体をしっかりとお湯で濡らしておく。

・シャンプーは手で泡立ててから髪につける。

・トリートメントは髪の絡まりを取る程度につけて数分で洗い流すこと。

いかがでしょう。そんなに難しいことではありませんよね。ポイントは「フワフワとマイルドに洗いあげること」です。

中でもパーマ後に使うシャンプー選びは超重要。よりマイルドで髪に優しいシャンプーなら、パーマをかけた日にシャンプーをしてしまってもパーマがとれることは少なくなります。

※パーマ後に選ぶべきシャンプーをランキングでまとめてみました。記事終わりのヘアケアシャンプーランキングをチェックしていってください。

シャンプーをしてしまった後に絶対しちゃいけないこと!

反対に、パーマ直後にシャンプーをしてしまった場合にやってはいけない「NG行為」も抑えておきましょう。シャンプーをしてしまった後は、とにかく早く乾かして余計な摩擦を加えないことが大切になります。ですから、こういった行為はNG行為です。

《シャンプーをしてしまった後にやっちゃいけないNG行為》

・濡れた髪にコームやブラシを通すことはNG→洗い流さないトリートメントをつけてから手ぐしで優しくブラッシングするとGOOD

・濡れた髪のまま寝るとNG→パーマヘアはブローが必須!

・二度洗いはNG!→ワックスやムースをつけられても一回のシャンプーで充分OK!

とにかく、パーマをかけた後は安静第一。髪は濡れた状態だと余計にダメージを受けやすくなるので、早めのブローを心がけましょう。また、コームやブラシは摩擦で髪を傷めてパーマがとれやすくなるので要注意です。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

【パーマ】シャンプーをしてしまった後の乾かし方

当日にシャンプーをしてしまって大丈夫とはいえ、乾かし方が間違っているとキレイなパーマが保てません。シャンプーをしてしまった後は、しっかりとブローすることが大切なのです。

パーマをかけた髪を乾かすときは「根元を乾かす」「毛先をねじねじ」「冷風で固める」の3ステップがポイントとなります。

髪は根元が乾けばより早く乾かすことができ、ダメージを一番受けている毛先へ与えるダメージが少なくて済むので一石二鳥なのです。

そして、手や指で髪をもう一度巻くような感覚でネジネジすることでパーマを再現することができます。

最後の冷風で乾かすというポイントですが、髪は熱を持ったままだと形が崩れやすくなるという性質を持っています。ですから熱くなった髪を「冷やして固める」ということが必要になるのです。

以上の3ステップで髪を乾かしてから寝れば、パーマをかけた当日にシャンプーをしてしまっても心配する必要はないでしょう。もちろん、ブロー前に洗い流さないトリートメントで髪を守ってあげることもお忘れなく。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

「シャンプーをしてしまうとパーマがとれる」と言うのはなぜ?

では、どうして「パーマをかけた当日はシャンプーをしないでください」と美容師さんに言われるのでしょう。それはパーマをかける仕組みが関係しています。

そもそもパーマは、2種類のパーマ液を使用しますが、それぞれ役割が違います。一種類目のパーマ液は髪を形成している成分を崩すためのもの、二種類目のパーマ液は壊れた成分を元に戻すためのものです。

パーマは髪を覆っている膜、キューティクルを開いて髪の内部にまでパーマ液を浸透させて成分を崩しています。髪の成分が崩れた隙にカーラーで巻き、そのままの形で髪の崩れた成分を元通りにすれば髪が巻き髪でキープされるという仕組みなのです。

そこで「どうしてシャンプーをしてはいけない」ということになるのかというと、できるだけ髪を安静にしておきたいからなんですね。さっき固めたばかりの髪の形をまた崩したくないためにできるだけ余分な刺激は加えたくないというわけ。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

シャンプーしてしまったら必ずパーマは落ちちゃうの?

とはいえ、パーマをかけた当日にシャンプーをしてしまったら必ずしもパーマがとれるのかというと、そうではありません。たった一回シャンプーをしてしまった位でパーマがとれるなんて、そんな弱いパーマを数か月もキープすることはできませんよね。

そう、パーマをしたその日にシャンプーを避けることは、あくまで「念のため」なんです。「パーマをかけたてホヤホヤの髪は、できるだけ刺激を与えずに過ごしてくださいね」という意味を込めて美容師さんは「シャンプーは1日しないでください」と言っているのです。

ですから「シャンプーをしてしまった」=「絶対パーマがとれる」ではありません。シャンプーをしてしまった人も安心してくださいね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・パーマをかけた日にシャンプーをしてしまったら「シャンプーとトリートメントはすすぎ残しが無いようにする」「すぐにタオルドライ&洗い流さないトリートメントをつける」「髪は濡らしっぱなしにしておかず、できるだけ早めに乾かす」の3つを守るべし!

・パーマ後のシャンプーはフワフワにマイルドに洗うことがポイント。コームやブラシはパーマがとれやすくなるため使用しないように。

・パーマをかけた当日にシャンプーをしない方が良い理由は、形を固めたばかりの髪に刺激を与えないようにするため。シャンプーをしてしまったら必ずパーマがとれるということではない。

「パーマしてすぐにシャンプーしちゃってまずかったかな」とヒヤヒヤしてしまいますよね。ですが、長持ちするパーマヘアを作るためには正しいヘアケアを続けることが重要。質の良いシャンプーで正しく洗い続けることを心がけてみてください。