パーマをかけたら、市販のシャンプー使っちゃダメ!?

デジタルパーマやエアウェーブ、水パーマにコスメパーマ、色んな種類のパーマが流行っていますね。どのパーマをかけても気になるのはアフターケア、特に「どんなシャンプーを使うか」ということでしょう。

うーんゆか

美容師さんからは「サロンのシャンプーがいいよ」「市販のシャンプーは使っちゃだめだよ、パーマがとれるよ」と言われたり。パーマ後のシャンプー選びは本当に迷ってしまいますよね。

そこで、パーマを長持ちさせるためのシャンプーの選び方、パーマを長持ちさせるシャンプーのコツなどを一気にまとめてみました!

もくじ



1.シャンプーの種類は7種類!
2.パーマと相性の良くないシャンプーとは
3.パーマをかけたらアミノ酸シャンプー♪
4.パーマがとれる原因とは
5.まとめ

【ドラッグストア】パーマかけたらどのシャンプーがいい?

早速、ドラッグストアのシャンプー売り場を見てみましょう。パーマをかけた後、あなたならどのシャンプーを選びますか?


ざっとシャンプー売り場を見渡してみると7種類に分けられますね。

1.ノンシリコンシャンプー


ノンシリコンシャンプーは本当に増えましたね。ジメチコンなどのシリコン成分が入っていないタイプのシャンプーです。

2.オーガニック ボタニカル系シャンプー


「オーガニック成分配合」「ボタニカルエキス」といった天然由来の成分が使われたシャンプーも急激に増えています。

3.アミノ酸シャンプー


「アミノ酸配合」「アミノ酸シャンプー」というもので、通常の洗浄成分ににアミノ酸成分を配合させてマイルドな洗浄成分に仕上げたシャンプーですね。

4.オイル系シャンプー


主にオリーブオイルや椿油といったオイルが配合されているシャンプー。高い保湿力があることが多いです。

5.せっけん系シャンプー


せっけんはシャンプーに使用されている洗浄成分とは種類が違います。肌に優しく、高い洗浄力があることが特徴です。

6.薬用シャンプー


フケやかゆみ、敏感な頭皮にも使える薬用シャンプーも種類が豊富になりましたね。有効成分による効果が期待できるシャンプーです。

7.無添加系シャンプー


着色料や香料など「添加物」とされているような成分が入っていない低刺激タイプのシャンプーです。

さて、この中でどれがパーマ後のシャンプーに適しているのでしょう。正しいシャンプーの選び方・選ぶ基準について説明します。

※パーマは髪がとても傷みます。傷んだ髪はちゃんとヘアケアして、パーマをきれいに長持ちさせましょう。読み終わったら記事終わりのヘアケアシャンプーランキングをチェックしていってください。

パーマがとれる!?相性がよくないシャンプー

パーマをかけた後に使うとパーマがとれやすくなってしまう可能性があるのは、

「オーガニック ボタニカル系シャンプー」

「オイル系シャンプー」

「せっけん系シャンプー」

「薬用シャンプー」


の4つです。もちろん、成分によってはパーマがとれにくい工夫がされているシャンプーもありますが、この4つには注意した方がよいでしょう。

どうして「オーガニック ボタニカル系シャンプー」「オイル系シャンプー」「せっけん系シャンプー」「薬用シャンプー」の4つに注意した方がいいのかというと、パーマヘアには洗浄力が強すぎる場合が多いからです。パーマをかけた後に洗浄力の高いシャンプーを使うと、髪への刺激が強すぎてパーマがとれてしまうことがあります。

「洗浄力が高いならしっかり髪を洗えていいじゃん」と思われるかもしれませんね。ですが、頭皮は髪を守るために必要な皮脂を出して、紫外線や摩擦から髪を守ってくれています。髪を守るために必要な成分まで洗い流してしまったとしたらどうでしょう。かえって髪が傷んでしまいますよね。また、洗浄成分とは「界面活性剤」のこと。洗濯用洗剤に使用されているような界面活性剤がシャンプーに使用されていることもあるんです。ちょっと髪には刺激が強すぎますよね。


中でも「ラウレス硫酸」は洗浄力の強い洗浄成分として有名になりましたね。実はオーガニック系やオイル系のシャンプーにも、こういった洗浄力の強い成分を主成分としている場合が多々あります。パーマをかけた髪に使うシャンプーの選び方は「ラベル」や「オーガニック成分」が基準ではないのです。

また、パーマ前にせっけん系のシャンプーを使っていた場合には買い替えたほうがよいです。せっけんの成分は肌には優しいのですが、髪にとって刺激が強すぎる可能性があります。

→ビューティーヘアラボラトリ
最新シャンプーランキングはこちら。

パーマをかけたらアミノ酸シャンプーを選ぶべし

では、パーマをかけた後にどんなシャンプーを使うべきかというと「ノンシリコンシャンプー」や「アミノ酸シャンプー」ということになりますね。特にアミノ酸シャンプーはパーマをかけた後の女子に大人気なのです。


パーマを長持ちさせるためにはどのシャンプーを使うべきか、ずばりシャンプー選びの基準は「洗浄力」にあります。アミノ酸シャンプーはパーマをかけた髪にとってちょうどいい洗浄力なんですよ。


そもそもアミノ酸シャンプーとは、通常のシャンプーに使用されているような洗浄成分にアミノ酸成分をプラスして、より洗浄力をマイルドにさせたシャンプーのこと。つまり、洗浄力をあえて弱くしているのがアミノ酸シャンプーなんですね。

どうして洗浄力の弱いシャンプーを使うと、パーマがとれにくくなるのでしょう。それは、パーマでダメージを受けた髪にあまり刺激を与えずにシャンプーできるから。

低刺激なシャンプーはパーマが髪に定着するのを邪魔しにくいんですね。洗浄力が優しいと、傷んだ髪のダメージにも優しいので一石二鳥です。アミノ酸シャンプーのような洗浄力のマイルドなシャンプーで髪を洗えば、パサパサになりにくくフワフワなパーマヘアにスタイリングしやすくなりますよ。

ビューティーヘアラボラトリ厳選!パーマを長持ちさせるためのBESTヘアケアシャンプーは?

私もデジタルパーマをかけてから、アミノ酸シャンプーを中心にかなりシャンプーを試しました。その中でも「これは良かった」と思えたのが「haru黒髪スカルププロ」と「ハーブガーデン」です。



どちらもアミノ酸シャンプーの中でも「成分」にかなりこだわっていて、傷んだ髪のヘアケアにとてもあっているシャンプーです。この二つのシャンプーはインターネットでしか買えないシャンプーですから、この記事を読んでくれているあなたはぜひチェックしてほしいですね。

特にハーブガーデンは、コンディショナーが洗い流さないトリートメントとしても使えて、パサパサとしたダメージヘアもちゃんとヘアケアできる高保湿力のシャンプー・コンディショナーです。今なら半額で購入できますので、詳細などチェックしたい方はレビュー記事を読んでみてください。

→ハーブガーデンのレビュー記事はこちら。

ビューティーヘアラボラトリでは最新のシャンプーランキングを公開しています。優しい成分のアミノ酸シャンプーがランキング上位を独占していますので、あなたのヘアケアシャンプー探しに役立ててみてくださいね。

→ビューティーヘアラボラトリ
最新シャンプーランキングはこちら。

パーマがかかりにくい・すぐとれる原因は?

ですが、どんなにシャンプーの選び方にこだわっていても、その他のお手入れが間違っているとパーマはとれやすくなります。例えば、こんなこと普段していませんか?


《パーマがとれやすくなるNG習慣》

・シャンプーはゴシゴシと髪を擦りながら泡立てている。

・トリートメントは全て洗い流さず、ちょっと髪に残っている状態でお風呂から出る。

・髪は自然乾燥している。

・ワックスや洗い流さないトリートメントをまったくつけずに出かけている。


いかがでしょう、当てはまるものはありますか?これ、すべてパーマがとれる原因になってしまうNG習慣なのです。

ちなみに、トリートメントをちょっと残した状態でお風呂をでることがNG習慣だというのは驚きかもしれませんね。ですが、トリートメントはすすがないままだとただの油分、余計な汚れになってしまうんですよ。お風呂を上がる前はすすぎ残しがないように気を付けましょう。

※ですが、先程紹介した「ハーブガーデン」のコンディショナーは洗い流さないトリートメントとしても使えるほどの成分なので別物として考えてください。

→ハーブガーデンのレビュー記事はこちら。

「濡れっぱなし」「強く擦る」はパーマがとれる原因に

また、髪は「擦る」という行為がとても苦手。髪が濡れている場合は、更に摩擦に弱くなります。摩擦によって髪の表面が傷つくと髪が乾燥して、パサパサとした手触りになりパーマもとれてしまうのです。


そこで髪を守ってくれるのがワックスや洗い流さないトリートメント。髪をセットしやすくする、保湿をすることももちろんですが、ワックスや洗い流さないトリートメントは摩擦から髪を守ってくれるのでパーマをかけた髪には必需品なのです。


そして、濡らしっぱなしの時間が長いのも、パーマがとれやすくなる原因。髪が濡れている間はずっと髪から水分が逃げ続けていると言っても過言ではないのです。とにかく、髪は「濡れっぱなし」「擦れる」ということにとても弱いということですね。

せっかくシャンプーの選び方をマスターしていても、髪の扱いが間違っているとパーマはとれてしまいます。シャンプーの選び方だけではなく、お風呂から上がった後のお手入れも上手に行いましょう。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・パーマをかけたら「オーガニック ボタニカル系シャンプー」「オイル系シャンプー」「せっけん系シャンプー」「薬用シャンプー」を避けて選んだ方が◎!

・パーマをかけた髪を洗うなら、アミノ酸シャンプーを選ぶとGOOD。アミノ酸シャンプーは今までの市販のシャンプーよりも洗浄力が弱く作られている。だから髪に刺激を与えにくく、パーマがとれにくい!

・髪に強い摩擦を与えたり、髪が濡れっぱなしの時間を長くしてしまうとパーマがとれる原因になるので要注意。

パーマをかけるとシャンプーに気を使ったり、セットの仕方を練習したりと大変ですよね。ですが、パーマと相性の良いシャンプーを選ぶことでヘアケアもスタイリングもかなり楽になります。実際、私もアミノ酸シャンプーを使ってからふわふわなパーマヘアをキープできるようになりました。ヘアケアの基本であるシャンプーは髪との相性をチェックしながら見定めていきましょう。