パーマをかけたせい?シャンプーが泡立たない

パーマをかけた後シャンプーをすると、ちょっといつもと違う感じがしませんか?「なんかシャンプーが泡立たない」と疑問に感じる方も多いようです。

髪を洗う時はしっかりとシャンプーを泡立てることが欠かせません。パーマ後にどうしてシャンプーが泡立たないのか、シャンプーを泡立てるコツを一気にまとめてみました。

もくじ


1.パーマ後に泡立ちが悪くなる理由
2.シャンプーを泡立てるコツ
3.パーマ後はフワフワシャンプーが必須
4.泡立ちにくいシャンプーがある?
5.まとめ

パーマをかけた後、シャンプーが泡立たない理由

パーマをかけた後のシャンプーが泡立たないなと感じる理由は「髪のコンディションが不安定だから」でしょう。特にパーマをかけてから2~3日目は一番髪がナイーブになっている状態。

ですから、シャンプーがいつもより泡立たなくても不思議ではありません。同じシャンプーでもパーマ液が染み付いた髪や整髪料がついている髪は、泡立ちにくくなってしまうのです。

→【人気記事】パーマをかけた当日のシャンプー、どうしてる?詳しくはこちら。

【プチまとめ】パーマをかけた後のシャンプーが泡立たないなと感じる理由は、髪のコンディションが不安定だから。特にパーマ後の2~3日目は髪がナイーブになっている。

パーマをかけてから1週間もすると、シャンプーもいつも通り泡立ってくるはずです。もし、パーマをかけて1週間以上経ってもなかなかシャンプーが泡立たないという場合にはまた別の理由が考えられます。

パーマをかけて1週間以上経っても泡立たないのは「トリートメントや整髪料のつけすぎ」が原因でしょう。シャンプーは余分な油分が髪に多く付いていると、どんどん泡立たなくなってくるのです。

【プチまとめ】パーマをかけて1週間以上経っても泡立たないのは「トリートメントや整髪料のつけすぎ」が原因。

特に「パーマをかけたからヘアマスクしなきゃ」「パーマをかけた後は念入りにトリートメントを」と思われがち。ですが実際は、パーマをかけた後は軽いトリートメントで充分なのです。逆にトリートメントを毎日使いすぎていると、髪に油分が残りシャンプーが泡立たなくなってしまうので注意してくださいね。

泡立たないシャンプーをフワフワに泡立てるコツ

さて、パーマなど様々な原因でシャンプーが泡立たない場合でも、ちょっとしたコツを掴めばフワフワに泡立てることができます。ポイントは「ぬるま湯だけでシャンプーすること」と「手でしっかり空気を含ませながら泡立てること」です。

まず「ぬるま湯だけでシャンプーすること」というポイントですが、所謂「予洗いをする」ということ。シャンプーを髪につける前、お湯で髪を濡らすと思いますがどれ位時間をかけていますか?

例えばシャンプーをする時間が3分だとしたら、1分半は予洗いに時間をかけるのが正解。まずはお湯で頭皮の隅々にまで水分を浸透させることがポイントになってくるのです。

スポンジでも、カラカラの状態では洗剤がなかなか泡立たないですよね?髪も同じでカラカラの状態ではシャンプーが泡立ちません。シャンプー前の予洗いだけで落ちる汚れもたくさんあるので、時間をかけて予洗いをしましょう。

ちなみに、シャワーが熱すぎるとパーマがとれたり、髪が傷む原因にもなるのでご注意を。38度程度のぬるま湯で頭皮をマッサージするように、予洗いをしてみてください。

【プチまとめ】シャンプーが泡立たないときは、ぬるま湯でしっかり予洗いをしてから!

次に「手で空気を含ませながら泡立てること」というポイントですが、意外とこれが難しい。美容師さんでも、最初はシャンプーをフワフワに泡立てることができず練習をする位なんです。

理想的なシャンプーの泡とは、シャンプーをつけた泡で髪の毛がソフトクリームのように立つような状態。シャンプーの泡で髪の毛に角ができるようになれば、シャンプーの泡立ては完璧です。

ですが手でどんなに泡立ててみても、そこまでフワフワにシャンプーを泡立てることは難しいですよね。そんなときは、洗顔用に使う泡立てネットを使ってみましょう。

洗顔用の泡立てネットなら空気を含ませながらシャンプーをしっかり泡立てることができます。シャンプーを泡立てネットに出してクシュクシュと泡立ててから、髪に泡をのせて優しくシャンプーするとフワフワに洗いあげることができますよ。

【プチまとめ】シャンプーを泡立てネットに出してクシュクシュと泡立ててから、髪に泡をのせて優しくシャンプーするとフワフワに洗いあげることができる。

パーマ後はフワフワ泡でふんわりシャンプー!

ところで、どうしてシャンプーはしっかり泡立ててから使った方が良いのでしょうか。特にパーマをした場合、ゴシゴシと洗うのではなく「泡で包み込んで洗う」ということでパーマが長持ちするようになるんですよ。

シャンプーをしっかり泡立てたほうが良い理由、それは「シャンプーを泡立てたほうが髪同士の摩擦が少なるなるから」なのです。つまり、シャンプーを泡立てることで髪同士の摩擦を軽減させ、ダメージ予防ができるということ。

【プチまとめ】シャンプーをしっかり泡立てたほうが良い理由とは、シャンプーを泡立てたほうが髪同士の摩擦で髪が傷まないから。

そもそも、パーマがすぐとれてしまう原因ナンバーワンは「摩擦による髪の傷み」です。髪は毎日様々なダメージに晒されているのですが、一番多いダメージが摩擦。

ブラシと髪の摩擦、洋服と髪の摩擦などありますが、意外と傷みやすいのが「髪同士の摩擦」なんですよ。特に、シャンプー中にゴシゴシと髪を擦ることはハイダメージに繋がります。

髪が傷み髪の毛の表面がボロボロになると、パーマはとれていき、更には髪の水分も流出していきパサパサとした髪になってしまいます。パサパサな髪になる負のループを防ぐためには、シャンプーをよく泡立ててから洗髪することが欠かせません。

「なんかシャンプーが泡立たない気がするけど、まぁいっか」とゴシゴシ髪を洗っているのであれば、今日からしっかり泡立てるようにしましょう。シャンプーを正しく使うことは、ヘアケアの第一歩です。

シャンプーの種類によっては泡立たないことも

パーマをかけたことをきっかけに、シャンプーを変えたという方も多いでしょう。すると「このシャンプーなかなか泡立たない」と感じることがあるかもしれません。

その、シャンプーってアミノ酸シャンプーではないですか?アミノ酸シャンプーだと泡立ちにくい場合がありますが、特に問題はありません。多少へたりやすい泡になっても泡立ててから使い、しっかり予洗いをしておけばOK。

いえーいゆか

むしろ、アミノ酸シャンプーはパーマヘアを洗うのに適したシャンプーの一種なのです。

というのも、アミノ酸シャンプーはあえて洗浄力を抑えることで優しく髪を洗いあげることができるシャンプー。ですから、洗浄力だけでなく泡立ちを良くする成分も抑えられているのです。
泡立ちが若干弱くても、アミノ酸シャンプーはパーマをかけた髪にはぴったり。マイルドに優しくパーマヘアを洗って、パーマを長持ちさせてくれるでしょう。

→アミノ酸シャンプーでふわふわなパーマヘアに?管理人がチャレンジしてみた!詳しくはこちら。

【プチまとめ】アミノ酸シャンプーはあえて洗浄力を抑えることで優しく髪を洗いあげることができるシャンプー。洗浄力だけでなく泡立ちを良くする成分も抑えられているため泡立ちにくく感じることがある。

シャンプーは泡立つから良いシャンプーということではありません。少量でものすごく泡立つということは、強い界面活性剤を使っている可能性も高いのです。

シャンプーに含まれている界面活性剤が刺激となり、髪が傷んでパーマがとれたり、パサパサな髪になってしまうということは珍しくありません。パーマをした後は、できるだけマイルドな優しいシャンプーで洗いあげることがベスト。泡立ちが悪いと感じても、ちょっとした工夫で泡立ちはアップしますし、予洗いをしていれば汚れはきちんと落ちるので安心です。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・パーマをかけた後のシャンプーが泡立たないなと感じる理由は、髪のコンディションが不安定だから。特にパーマ後の2~3日目は髪がナイーブになっている。

・シャンプーが泡立たないときは、ぬるま湯でしっかり予洗いをしてから!シャンプーを泡立てネットに出してクシュクシュと泡立ててから、髪に泡をのせて優しくシャンプーするとフワフワに洗いあげることができる。

・アミノ酸シャンプーはあえて洗浄力を抑えることで優しく髪を洗いあげることができるシャンプー。洗浄力だけでなく泡立ちを良くする成分も抑えられているため泡立ちにくく感じることがある。


シャンプーは毎日みんなが使うヘアケアアイテム。だからこそ正しく使いたいですよね。キレイなパーマをキープできるかはおうちのお手入れで決まります。優しくシャンプーして、美髪を育てていきましょう。