パーマをかけたら髪がボリュームMAX!今すぐすきたい!

パーマをかけたはいいけれど、髪のボリュームが出てきて困ってしまったという経験はないでしょうか?私は髪のボリュームが出過ぎる髪質なので、よくあります。

そっかーゆか

髪のボリュームを落とすといえば「髪をすく」という方法があります。ですが、髪をすくことでパーマが取れたらイヤだなとも考えちゃいますよね。

そんなパーマ後に髪をすく時の注意点や、パーマ後のボリュームを抑えるためのポイントをまとめてみました。

もくじ


1.パーマ後に髪をすいてもOK!
2.注意!髪をすけばボリュームダウン?
3.髪をすく時のオーダーの仕方
4.パーマのボリュームを抑えるために
5.まとめ

パーマ後に髪をすくのはOK!パーマがとれることも少ない

まず、パーマをかけた後に髪をすくということは可能です。もちろん、髪をすくことでパーマが取れてしまう可能性もかなり低いので気軽に美容院へ相談することをおすすめします。

そもそも、パーマ後に髪をカットするとこでパーマが取れてしまうことは少ないのです。「パーマのカールやウェーブを残したまま、髪を軽くしたい」と美容師さんに伝えれば、ほとんどの場合パーマをかけ直すことなくカットできるでしょう。

【プチまとめ】パーマ後に髪をすくことは可能!パーマをかけ直すこともほぼ無い。

特に、パーマをかけた直後2~5日後に髪のボリュームが気になるようなら、パーマの保証が使えるか美容院へ確認してみるといいですよ。パーマにはほとんどの場合「保証期間」というものがついています。パーマ直後の数日間はパーマのかけ直しや微調整を無料又は低価格で行ってくれるというシステムが「パーマの保証」です。

ただし、気を付けたいのは「保証」の範囲です。美容院によっては「保証による施術はパーマのかけ直しのみです」「髪をすく際には保証はきかず、別料金になります」という場合もあるでしょう。パーマ後に髪をすくこと自体は問題ないのですが、料金体系や保証の範囲はしっかり美容院に確認しておく必要がありますね。

→【パーマのお直し】カットはできる?できない?詳しくはこちら。

【勘違い】髪をすくとボリュームは抑えられる?

髪のボリュームを抑えるための手段として「髪をすく」という方法は効果的です。ですが、パーマ後に髪をすくことだけが、ボリュームを減らす方法なのでしょうか。実は「髪をすく」という施術にはデメリットもあるのです。

例えば、こんな経験はありませんか?

・髪をすいてとお願いしたのに、美容師さんがあまりすいてくれなかった。

・これ以上髪をすくことはおすすめできません、と美容師さんに断られてしまった.

私はよく美容師さんに髪をすくことを断られます。最初は「どうして髪をすいてくれないんだろう」と疑問に感じていましたが、ちゃんと理由があったのです。

「髪をすく」ということは毛先が薄っぺらい、スカスカ・パサパサなスタイルになってしまうということなのです。つまり、パーマ後に髪をすきすぎてしまうとボサボサでパサパサなヘアスタイルになりやすくなるということなんですね。

では「髪をすく」ということについて、更に解説していきましょう。髪をすくということは「セニングカット」とも言われ「すきばさみ」で髪の量を減らしていくというカット方法です。ハサミによってすき率が設定されていて、すき率が変わればどれ位髪を減らしていくかが変わります。

そして、ほとんどの美容師さんは髪の根元からすきばさみを入れることをしません。なぜなら根元の髪の量が少なくなれば爆発しやすくなってしまうから。髪はある程度の長さがないと、爆発的に広がりやすくなってしまうのです。髪の根元からアホ毛がいっぱい飛び出ているのを想像してみてください。かっこ悪いですよね。

ですが「髪のボリュームがありすぎるから、もっとすいて」とお客さんに言われると美容師さんは困ってしまうわけです。更に髪をすくとなると、毛先の方をすいていくしかないからですね。

もちろん、毛先の方をすけば、髪の量は減ります。手触りとしては髪の量が減ったので、ボリュームも減ったように感じるのです。ですが、髪をセットしてみると、スカスカしすぎてスタイリングが決まりにくくなるでしょう。これが髪をすくこと、すき過ぎることのデメリットというわけ。

【プチまとめ】髪を根元からすくと、爆発的に髪が広がってしまう。毛先ばかりすくと、薄っぺらいヘアスタイルになってしまうため要注意。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

パーマ後のボリュームをおさえるオーダーの仕方

あなたは「パーマをかけてボリュームが出過ぎたからもっと髪をすいて」とオーダーします。ですが美容師さんとしては「これ以上髪をすくと、もっと収拾がつかなくなる」と悩みます。これでは双方納得の理想のヘアスタイルはできません。ではどうやって美容院でオーダーすればいいのでしょう。

パーマをかけた後に髪をすく場合、次のことをしっかり美容師さんに伝えたうえでオーダーしましょう。

1.髪全体の広がりが気になる場合は「もっとまとまりやすくしたい」と相談してみる。

2.髪が重く見えることが気になる場合は「もっと髪全体を軽くしたい」と相談してみる。

3.髪がパサパサとし過ぎてボリュームが出ているなら「しっとり感を出せるようにしたい」と相談してみる。

漠然と「ボリュームがでているから髪をすく」というオーダーでは美容師さんに希望が伝わりにくくなってしまいます。つまり、パーマをかけてから「広がるようになった」のか「重くなった」のか「パサパサ感が強くなった」のかという質感に注目してオーダーするのです。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

【改善策】パーマ後のボリュームをおさえるには?

パーマをかけたことによる髪のボリュームは「髪をすく」ということ以外にもたくさん改善策があります。自分の髪のタイプにあわせたボリュームの抑え方をマスターしておくと便利です。髪にボリュームが出過ぎてしまう場合には「クセ毛」「髪の傷み」という二つの原因が考えられます。

例えば、髪がうねりやすいクセ毛の場合どうしても髪のシルエットが膨らんでしまいがちです。髪の毛一本一本がウネウネしているので、全体的に膨らんでしまうということですね。

クセ毛による髪のボリュームはカットである程度抑えることができるはず。ただ、髪をすくと薄っぺらいシルエットになってしまうため別のカット方法でボリュームを抑えたほうが良いでしょう。うねりが出にくいカットとしては「段を入れる」「グラデーションカットをする」といった方法もあります。

つまり、パーマの風合いを残しつつ、うねりや髪のクセを抑えられるようなカットがベストということ。髪をすくというオーダーの仕方ではなく、自分の髪のクセで困っている部分などを美容師さんに伝えるとGOODです。

【プチまとめ】クセ毛が原因でボリュームが出過ぎてしまう場合は、うねりが目立たなくなるようなカットをすることがベスト。

次に、髪の傷みによってボリュームが出てしまうというケースですね。パーマによるダメージで髪がパサパサして、髪全体が広がってしまうことは珍しくありません。この場合「髪をすく」ことは逆効果になります。髪をすくことで毛先が余計にパサパサ・チリチリしてくるからですね。

パーマ後の傷みでボリュームが出過ぎるときにはシャンプーとブローの方法を見直してみることが大切。髪をすくということをしなくても、自宅のヘアケアで改善されることも多いんですよ。

【プチまとめ】パーマ後の傷みでボリュームが出過ぎるときにはシャンプーとブローの方法を見直してみることが大切。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

パーマ後のヘアケアならアミノ酸シャンプーを用意しましょう!

パーマ後の傷んだ髪には優しい成分でできたアミノ酸シャンプーを用意しておきたいところ。ドラッグストアなどで安価で買えるいわゆる「普通のシャンプー」は刺激の強い界面活性剤やシリコンなどを使ってサラサラ髪を「演出」しているものがほとんどです。きれいにかわいくパーマをキープしたい、ダメージケアをしたい方はアミノ酸シャンプーをおすすめしたいですね。

ビューティーヘアラボラトリでは最新のシャンプーランキングを公開しています。優しい成分のアミノ酸シャンプーがランキング上位を独占していますので、あなたのヘアケアシャンプー探しに役立ててみてくださいね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・パーマ後に髪をすくことは可能!パーマをかけ直すこともほぼ無い。

・髪を根元からすくと、爆発的に髪が広がってしまう。毛先ばかりすくと、薄っぺらいヘアスタイルになってしまうため要注意。

・髪にボリュームが出過ぎてしまう場合には「クセ毛」「髪の傷み」という二つの原因が考えられる。クセ毛が原因の場合はカットの仕方、髪の傷みが原因の場合はヘアケアでボリュームをおさえることができる。

パーマをかければ、朝のセットは楽になります。ですが、ボリュームが出過ぎると反対に困ってしまいますよね。髪をすくだけではなく、正しいヘアケアを実践してキレイなパーマをキープしていきましょう。