キレイなパーマ、一日でも長くキープしておきたい!


D-22
オシャレ女子のための一歩とも言えるパーマ。パーマをかけた日ってテンション上がりますよね。そのままお出かけして、見せびらかしたくなっちゃう。

特にデジタルパーマやエアウェーブといった形状記憶の強いパーマも人気です。長いと1年程、効果が続くという方もいるようですね。でもたった1か月で、パーマが取れてきていしまうなんていう方も多いのです。

通常、デジタルパーマのような強力なパーマだと半年程度効果が続くと言われています。1、2か月でパーマが取れてしまう場合、ケアの仕方をちょっと間違えているのかもしれません。「パーマのかかりにくい髪質だから」と諦めてしまう前に、パーマ髪のケア方法をもう一度見直してみませんか?

正しいケア方法を知っていれば、もっと長くパーマを楽しめます。美容室へこまめに行かなくてもパーマが維持できればお財布にも優しいですよね。

パーマ維持のために知っておきたいシャンプーのこと


まず一番大切なことは髪の洗い方、シャンプーの選び方です。シャンプー方法を間違えるとせっかくのパーマも効果が薄れてしまいますよ。特にありがちな失敗例はこんなこと・・・。

えーんゆか

・パーマをかけた当日、翌日にシャンプーをしてしまう

・パーマをかけてからすぐにトリートメントやヘアパックを入念に行う

・パーマ後も普段と同じシャンプーを使う


これって実は、パーマの持ちが悪くなる原因なのです。確かに、パーマをすると髪は傷みます。「パーマをしたんだから普段よりもヘアケアをしてあげないと」と念入りにシャンプーやトリートメントをやりたくなる気持ちもよく分かります。

ただ、パーマ液が髪に馴染むにはある程度時間が必要なのです。例えば、カレーでも作った当日よりも一晩寝かせたカレーの方がおいしく感じますよね。煮物でも、一晩経って味がよく染み込んでいたほうが、出来立てよりもおいしかったりします。お野菜に味が染み込むのって意外と時間がかかるものです。

髪も実は同じこと。パーマは美容室で完成するものではありません。1~2日程度かけてパーマ液と髪が馴染みながらパーマは完成していくのです。

できたてホヤホヤのパーマヘアを洗ってしまっては、せっかく染み込ませているパーマ液が洗い流されてしまいますよね。少なくともパーマをかけた当日はシャンプーはしないこと。できれば翌日もシャンプーは避けた方が良いと言う美容師さんもいるんですって。

そうなるとパーマは連休前にしておくのがよさそうですね。仕事に行ったのに頭が洗えないのはちょっと気持ち悪いですもんね。パーマをかけるスケジューリングも考えたほうがよさそうです。

更に、パーマヘアにはシャンプーも今までと違うものを使った方が良いでしょう。最近は「パーマヘア用のシャンプー」も販売されているって知ってましたか?

シャンプー別解説記事も併せて読んでる方が多いです。要チェック!
→アミノ酸シャンプーについての記事はこちら
→ノンシリコンシャンプーについての記事はこちら
→オーガニックシャンプーについての記事はこちら

通常、ドラッグストアに並んでいる大手メーカーシャンプーはパーマをした髪にとって洗浄力が強すぎる場合が多いです。特に「スルホン酸」「ラウレス硫酸」という種類の成分が成分表の先頭に書かれているシャンプーはパーマヘアには不向きでしょう。

B-82
B-83
更にお風呂場でのトリートメントですが、パーマ後3~5日程度はしなくて良いとも言われています。つまりパーマ直後、シャンプーは1~2日我慢、トリートメントは3~5日我慢するということですね。トリートメントも我慢しなくてはいけないなんてちょっと意外ですよね。ただ、パーマから3~5日程度経ったらいつも通りきちんとトリートメントしてあげてくださいね。

これもやっぱりパーマ液をよく髪と馴染ませるため。そして過度な水分を髪に持たせないためです。パーマから数日間は髪は自分で水分量や成分を調整しています。そこへ過度なシャンプーやトリートメントを加えると、パーマの効果が表れにくくなってしまうことがあるようなのです。

パーマを長持ちさせるためのシャンプー選びとシャンプー方法


さて、パーマから1、2日経過していざシャンプーをするときにもポイントがいくつかあります。まず大切なのはどんなシャンプーを選ぶかということ。

本当は美容院やネットで購入できるパーマ用シャンプーがベスト。ただ高いですし、近所のドラッグストアにパーマ用のシャンプーが売っていない場合は、アミノ酸シャンプーを使ってみても良いでしょう。または、ベビーシャンプーでも良いと思います。


洗浄力が少々弱めで、赤ちゃんにも使えるようなシャンプーがパーマヘアには合っています。パーマ後はシャンプーを買い直す必要があるんですね。ちょっと面倒かもしれませんが、パーマの効果を長持ちさせるための大切なポイントです。

A-26

次に、シャンプーの方法ですがここにもちょっとしたコツがあります。ポイントは「とにかく髪同士を擦らないこと」です。特に髪同士の摩擦をできるだけ減らすことが大切なのです。

→知っておきたい正しいシャンプー方法、詳しく解説しています。

例えば、いつもはシャンプーを髪につけてからゴシゴシと泡立てていませんか?パーマ後の髪にはぜひ「泡立てた状態のシャンプー」をのせてあげましょう。髪につける前にシャンプーを泡立てネットなどで泡立てておくのです。

E-8
泡立てネットって洗顔などによく使われますよね。体を洗うためのネットも最近はとても泡立ちが良いです。でも実はシャンプーにも泡立てネットは活用できるんです。フワフワな泡で頭を包むようなイメージで優しくシャンプーしましょう。

パーマを復活させるカギ!ドライヤー方法でパーマの持ちが変わる


シャンプーの次に大切なことはやっぱりドライヤー。乾かし方ひとつでパーマの持ちは変わってきます。特に要注意なのは自然乾燥するという女子!

「濡れていた方がパーマが出やすいって聞いたことがある。だからちょっと濡れたままの髪で寝る」という意見もあります。でも「濡れていた方がパーマが再現される」というのはちょっと昔のパーマなんですよ。最近のデジタルパーマやエアウェーブのような「熱」を利用しているパーマは反対に乾いている状態が最もパーマが再現されるのです。

つまり、きちんと髪を乾かさないとパーマの効果が100パーセント引き出せないということなのです。更に乾かし方にも気を遣わなくてはいけません。せっかくのカールを潰してしまうような乾かし方はNGです。

ちょっと弱めの風量で髪にカールを作りながら乾かしていくのがベストです。ただ、この「カールを作りながら乾かす」というのは素人にはなかなか難しい。そこで便利なアイテムを使いましょう。

C-17
そう百均などでよく見かけるカーラーです。カールしている部分をカーラーに巻き付けてからドライヤーを当てると、楽ちんですよ。ある程度乾いたら、カーラーを外して湿っているところが無いか確認してしっかり乾かすようにしましょう。

→カーラーの気になるあれこれ、まとめた記事はこちらです

そしてもう一工夫するなら、ドライヤーの最後は「冷風」を活用して仕上げるとGOODです。髪は熱が下がりながら形が決まると言われています。ヘアアイロンを当ててから時間がたつと何となく形が変わるなんてことありませんか?それはアイロン仕立ての髪が熱すぎて、しっかりと髪型が固まらないからだったのです。

また、お出かけ前のスタイリングでも一度髪を濡らして乾かすと良いですね。霧吹きで髪を軽く湿らして、カーラーをつけてドライヤーで乾かせば寝癖も直せてパーマも復活できて一石二鳥。

A-48
シャンプーに乾かし方、スタイリング方法にちょっとした工夫をすることでパーマの持ちって変わってくるのです。いつも通りのヘアケアをしていれば大丈夫というのはちょっと間違いかも。パーマヘアにはパーマヘアならではのケア方法があるんですね。

まとめ

いかがでしょうか。

いえーいゆか

・パーマ後1~2日はシャンプーを我慢、トリートメントは3~5日我慢しよう

・パーマヘアには洗浄力が弱めのシャンプーがぴったり。パーマ前に使っていたシャンプーは見直す必要あり!

・パーマヘアは濡れたままにしない!カーラーを活用して、しっかりドライヤーで乾かそう。



「パーマをすれば、毎朝スタイリングが楽になりそう」という理由でパーマをする女子がいますよね。私もそんなノリで何度かパーマをかけました。でも、意外にもパーマ後に気をつけなくちゃいけないことって多いんですよね。しかもパーマの種類はどんどん増えています。美容室ではぜひアフターかについてもしっかりと聞き、パーマの特徴を活かしたケアを心がけましょう。