パーマで傷んだ髪、どうやって修復すればいいの?

イメチェンのためにかけたはずのパーマなのに、ただの「傷んだ髪」になってしまったという経験はおありでしょうか。残念ながら、傷んだ髪は1日や2日では修復できません。



そっかーゆか

そもそも髪は傷んだ状態になると、カットするしかないともいわれています。ですがカットする前に試すべき「修復方法」はないのでしょうか。正直、長期戦にはなりますが傷んだ髪の質感を改善させることはできるのです。

もくじ



1.基本!シャンプー&トリートメント
2.傷んだ髪のブロー方法
3.髪の保湿で修復
4.まとめ

傷んだ髪の修復は長期戦!【シャンプー・トリートメント編】


パーマで傷んだ髪を修復するためには基本のヘアケアを正しく行うことが一番。ヘアケアの基本といえばシャンプー&トリートメントです。正しく髪を洗って、傷んだ髪を修復していきましょう。

まず、傷んだ髪をシャンプーするときに意識することは「泡で包むこと」です。ただゴシゴシとシャンプーを髪で泡立てていると、傷んだ髪に更にダメージを与えることになるので注意。


シャンプーは髪につける前に泡立てネットなどでしっかり泡立てて下さい。シャンプーの泡を髪全体につけたら頭皮をマッサージし、頭皮全体をマッサージできたらシャワーで洗い流しましょう。このとき、髪や頭皮が乾いているとせっかくの泡が浸透しにくくなるので頭全体をよく濡らしておくこともポイントですよ。

【プチまとめ】傷んだ髪はシャンプーの泡で包み込むように洗うこと!

パーマで傷んだ髪を修復するためには、徹底的に摩擦を避けなくてはいけません。髪同士の摩擦、シャンプーと髪の摩擦など、摩擦を最小限に抑えるためにシャンプーを泡立たせることが大切なんですね。


さて、シャンプーが終わったらトリートメント。シャンプーをしっかりすすいだ後は髪の水気を軽く切って、手のひらに伸ばしたトリートメントを馴染ませていきます。

トリートメントを馴染ませるときにも、摩擦を最小限にすることが傷んだ髪を修復するポイントとなります。ヘアブラシやコームでトリートメントを髪の毛に馴染ませるという方法はNG。トリートメントを手のひら全体に伸ばして、優しく手ぐしをするように髪へ馴染ませていきましょう。

【プチまとめ】トリートメントは手のひらに伸ばしてから、手ぐしをするように傷んだ髪に馴染ませよう。


そして、長い時間トリートメントでヘアパックをした方が傷んだ髪が修復されそうですよね。ですが、トリートメントは数分で洗い流しても十分効果は期待できます。トリートメントの裏面にある「使い方」をよく読んで、適度なトリートメントを心がけて下さい。


更に、トリートメントは髪の毛がヌルヌルしなくなるまでしっかりとすすぐことが大切。「傷んだ髪にはトリートメントを残しておいた方が修復されそう」というイメージはちょっと間違い。逆効果になってしまうのです。数分間トリートメントを髪に馴染ませておいたら、すすぎ残しがないようにしてお風呂を出ましょう。

【プチまとめ】トリートメントは長時間ヘアパックせず、適切な時間で洗い流すこと。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

【修復】傷んだ髪はブローで変わる!

「お風呂から出たらできるだけ早めにドライヤーで乾かす」ということも傷んだ髪には重要なこと。髪は濡れていると更に傷みやすくなります。傷んだ髪を修復する上で、髪が濡れている時間を短めにすることは大切なのです。


また、早めに髪を乾かすだけでなく、ドライヤーの熱から髪を守ることもお忘れなく。傷んだ髪は洗い流さないトリートメントをつけてからブローしましょう。

【プチまとめ】濡れた髪に洗い流さないトリートメントをつけて、早めにブローしよう。

ちなみに、洗い流さないトリートメントもお風呂で付けるトリートメントと同様に手のひらに伸ばしてから使うとGOOD。手のひら、指先にまで洗い流さないトリートメントを伸ばして優しく手ぐしをしながら髪に馴染ませていきます。ロングヘアでも2~3プッシュ程度で髪全体にトリートメントがいきわたりますよ。


それから、傷んだ髪を乾かすときには頭皮を乾かしてから毛先を乾かしていくようにしましょう。パーマで傷んだ髪は、毛先の方にダメージが集中しています。

特にダメージを受けている毛先にドライヤーを長く当てないためにも頭皮から先に乾かしましょう。髪は髪の根元、頭皮の水分がなくなればより早く乾いていきます。ブロー時間の時短こそが、傷んだ髪を修復するポイントなのです。

【プチまとめ】ブローは髪の根元から!傷んだ毛先部分へドライヤーを当てる時間は短めに。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

【トリートメント】髪の保湿が傷んだ髪を救う!

ところで、パーマをかけると髪質がこんな風に変わってしまいませんか?


・毛先がパサパサ

・バサバサして髪がまとまらない

・ゴワゴワとした髪質


こんな風に髪質が変わってしまったのはパーマによって髪が乾燥しやすくなっているから。そんな傷んだ髪を修復するためには「こまめな髪の保湿」が欠かせません。

髪の保湿といえば、洗い流さないトリートメント。お出かけ前や、出先でも髪のパサパサ感が気になった時に使うと傷んだ髪にも潤いが戻ってきますよ。


方法は簡単。髪をセットした仕上げに、外出先で髪を直すときに、洗い流さないトリートメントを毛先に馴染ませるだけです。コツはワックスを毛先に軽くつけるように「クシュクシュ」することですね。

また、洗い流さないトリートメントを乾いた髪に使う時には、ほんの少量毛先にクシュクシュと馴染ませるだけでOK。濡れている髪に使う半分の量で充分保湿されます。乾いた髪に洗い流さないトリートメントをつけすぎるとベタベタになるので注意してくださいね。

【プチまとめ】傷んだ髪は洗い流さないトリートメントでこまめに保湿!

傷んだ髪は乾燥することでどんどんパサパサになり、修復することが難しくなってしまいます。パーマで傷んだ髪の修復は、保湿が欠かせません。パサパサになる前に、ちょちょっと洗い流さないトリートメントで保湿することが修復への近道ですね。


ずばり、パーマをかけるならダメージを避けることはできません。パーマをかけてからもいつものシャンプー、トリートメント、ブローのままでは傷んだ髪を修復することは難しいのです。

特にデジタルパーマはパーマ液や熱で、あっという間に「傷んだ髪」の出来上がり。ただ、正しいシャンプー&トリートメント・ブローを続けていればパーマの傷みも目立たなくなります。根気よくヘアケアを続けていくことが大切ですね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

パーマ後のヘアケアならアミノ酸シャンプーがGOOD

最後に、パーマ後に使用するシャンプーについて。パーマ後の傷んだ髪には優しい成分でできたアミノ酸シャンプーを用意しておきたいところ。

ドラッグストアなどで安価で買えるいわゆる「普通のシャンプー」は刺激の強い界面活性剤やシリコンなどを使ってサラサラ髪を「演出」しているものがほとんどです。きれいにかわいくパーマをキープしたい、ダメージケアをしたい方はアミノ酸シャンプーをおすすめしたいですね。

ビューティーヘアラボラトリではシャンプーランキングを公開しており、随時更新しています。パーマで傷んだ髪をしっかりヘアケアできるアミノ酸シャンプーがランキング上位を独占していますので、ぜひチェックしてあなたのヘアケアシャンプー探しに役立ててくださいね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・パーマで傷んだ髪はシャンプーの泡で包み込むように洗うこと。トリートメントは長時間ヘアパックせず、適切な時間で洗い流すこと。

・傷んだ髪は濡れた髪に洗い流さないトリートメントをつけて、早めにブローしよう。

・傷んだ髪は洗い流さないトリートメントでこまめに保湿!

せっかくのパーマですが、髪が傷んでしまうのは仕方のないこと。傷んだ髪を修復できるようにヘアケアをしながらパーマヘアを楽しむことが大切ですね。