生理中に髪染める、これって大丈夫?

美容院でヘアカラーの予約をしたけれど、生理日とぶつかってしまったということありませんか?女性ならではのハプニングですよね。
周りから「生理の日に髪を染めるのは良くないよ」と注意されたことがあるという方もいるでしょう。「月経」と「ヘアカラー」の関係をしっかり理解しておきたいところです。

うーんゆか

生理と被っても髪を染めていいのでしょうか?もし染めるなら何に注意すればいいの?

女性なら知っておくべき情報を集めました。体も心もハッピーになれるようなタイミングで髪を染めましょう。

もくじ


1.生理中は美容院へ行かない方がいい
2.美容院へ行くベストタイミングは
3.生理日と予約が被った時の対処法
4.生理中に自分で染めるのは禁止
5.まとめ

【ちゃんと染まる?】美容院へ行くことは避けた方がベター


まず最初に、生理中は美容院を利用することを避けたほうがベターです、ということを書いておきます。厳密にいえば生理の数日前から生理期間中は髪を染める、パーマをかけるといった施術を控えた方が安全・安心。中でも生理が重い、PMS(月経前症候群)であるといった悩みを抱えている女性は要注意です。

生理だからといって極端に髪が染まりにくくなるということはないでしょう。生理中にカラーやパーマをしない方がいい理由とは、生理直前から生理の期間中は肌のコンディションが著しく変化するからなのです。

髪の根元、頭皮も肌の一部。いつもは問題ないカラー剤やパーマ液でも、生理中だと思わぬトラブルを引き起こすこともあるんですよ。例えば、こんなトラブルが起きることが考えられます。

えーんゆか

・いつものカラー剤やパーマ液なのに頭皮がヒリヒリする→頭皮が荒れる→施術を中断するためきちんと髪が染まらない

・いつもと同じ美容院なのに、匂いがきつく感じる→体調を崩す

・生理日は血行不良になりやすいため座り続けていることがつらくなる→カラーリングやパーマの最中に腰やお腹が痛くなってしまう

つまり、髪が染まりにくいなどという問題ではなく、体調や頭皮トラブルを起こさないためにタイミングが大切なのです。


あなたは「生理中はいつもよりも化粧ノリが悪い」と感じることはないでしょうか。私もわりと生理中は体調や肌の変化が激しい方で、いつも使っている化粧品でも仕上がりがまったく変わってしまうことがあります。

生理中の肌が変化するのはホルモンバランスが変化して、肌の新陳代謝のリズムまでも変化してしまうからなのです。そもそも女性らしい肌、女性らしい髪、女性らしい体型は女性ホルモンが働いてくれている証拠。そんな大切な働きをしている女性ホルモンのバランスが急激に変わってしまえば肌にも影響が出てくることは当たり前ですよね。


ですから、生理中は少しでも肌の新陳代謝がスムーズに行えるよう体を温めつつ休むことが大切。普段と違うことはあまりせずに、体を温めて休むことを優先させましょう。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

【ヘアカラー】生理が終わってから排卵期までがグッドタイミング


では、女性はいつ美容院へ行くのがベストなのでしょう。それは生理が終わってから排卵期になるまでの「1~2週間」です。この期間に髪を染めれば、頭皮のトラブルも起こりにくくスムーズにカラーリングをすることができます。自分で髪を染める場合も、やはり生理が終わってから排卵期に入る前に行うことがベストです。


もちろん、パーマも同じことが言えます。美容院でパーマをかけてもらうときも「生理が終わってから排卵期になるまでの期間」のタイミングで行うと良いでしょう。

排卵期に入ってから生理が始まるまでの間も髪を染めたりパーマをかけても大きな問題は特にありませんが、肌の新陳代謝がスムーズに行われるのが「生理後から排卵期に入る前まで」なのです。

「頭皮がヒリヒリ」「カラー剤の臭いが気になる」といったトラブルを防ぎ、キレイに髪を染めるためには肌も体も心も安定している時が一番。ですから、「生理後から排卵期に入る前」のタイミングで美容院へ行くことが理想的なのです。

ただ、タイミングが合わず「生理中」「生理直前」にヘアカラー・パーマをしなくてはならないこともありますよね。そんなときには、帰宅後に心身ともにリラックスさせてあげることが大切。好きなアロマや音楽など、自分が楽しめる・安らげる趣味でリラックスするのはいいですね。


また、普段から生理日予測などのアプリを利用して、美容院へ行くタイミングを考えてみるとGOODですね。私も普段からアプリを使って生理周期を管理していますが、美容院の予約から旅行の予定も立てやすくてとっても便利ですよ。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

髪を染める日と生理が被ったら、どうすればいい?

さて、生理中に髪を染めてはいけない、パーマをかけてはいけないとはいっても、生理周期が乱れてしまうこともありますよね。毎月規則正しく生理が来るというものではありません。せっかくベストタイミングで美容院を予約したのに生理日に当たってしまった場合の対処法も知っておきましょう。


もしも髪を染める日に生理になってしまったら、正直に美容師さんに相談してみるといいですよ。「たまたま生理と重なってしまったんですけど」と美容師さんに相談すると、いつものカラー剤でも髪につけておく時間を調整してくれたりと、臨機応変に対応してくれることもあるのです。

特に、生理日の前後で肌の変化が大きく出るという女子は美容師さんと相談して髪を染めるか、別日にするかを考えてみましょう。「せっかく美容院を予約したのにキャンセルするのは申し訳ない」といったことは考えず、ヘアトラブルが起こる前に相談することが大切です。


そもそも、女性の髪や肌はその日その日でコンディションが変わるものです。凄腕の美容師さんだと毎回髪の調子、カラー剤と髪の反応を見ながら微妙に時間を変えたりしているんですって。凄い対応力ですよね。

ですから、素直に体調の変化、生理と重なってしまったことを美容師さんに相談することは恥ずかしいことではありません。肌の調子、髪の調子を見ながら、美容師さんとよく相談してカラーリングやパーマを進めていけばトラブルも防ぐことができますよね。

ちなみに、中には生理日と関係なしに髪を染めたりパーマをかけるという女性もいます。生理日とカラーリングの日が被っても気にならないという女性の多くは、生理の前後で体調の変化などをあまり感じないタイプの女性です。

反対に、生理が近づいてきたリ、ホルモンバランスが崩れると臭いにまで敏感になるという方もいますよね。いつもの美容院なのに、カラー剤やパーマ液の匂いで体調を崩すということも珍しくありません。

同じ女性でも体調の変化やホルモンバランスは千差万別。自分の体調に合わせて、イメチェンを楽しめるのが一番大切ですね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

生理だと髪が染まりにくいって聞いたけど・・・?


生理中の染髪について調べていると、「生理中だと髪が染まりにくくなるからやめた方がいい」という情報も目にします。ですが、多くの美容師さんは「生理だから急に髪が染まりにくくなる」とはあまり感じていません。

ではどうして「生理だと髪が染まりにくくなる」「上手く染まらない」という話が広がったのでしょうか。それは「髪を染めるメカニズム」と「体温」が関係していました。


カラー剤は1剤と2剤の二種類を混ぜ合わせながら使います。カラー剤を混ぜ合わせたときに酸素が発生するのですが、その酸素が発色させる働きをもっているんですね。そして、カラー剤が酸素を発生させるためには「体温」が高い方がスムーズに進むと言われているのです。生理期間中は低体温になるため、カラー剤が発色しにくくなってしまうというわけ。

ですが、実際のところ生理期間中と生理じゃない時では髪色に差は出にくいという声が多いです。生理とカラーの入りにくさはあまり関係ないんですね。

ダメ!自分で髪を染めるときは生理期間を避けて


これは絶対にやめた方がいいと思う行為があります。
それは「生理日に自分で髪を染める」ということです。自宅で髪を染めるときは生理期間を避けて、体調が良いときに行いましょう。

なぜなら、市販のカラー剤は自宅でも簡単に一発で髪を染められるよう、刺激が強いタイプの薬剤が多いから。いつもは問題なく自分で髪を染められているという場合でも、生理期間中に自分で髪を染めるということはやめましょう。


市販のカラー剤の説明書を見てみると「生理中や妊娠中の使用は控えて下さい」と書かれているんですよ。頭皮の荒れや体調不良を引き起こさないための注意書きだと考えられます。

「いつも使ってるから生理日でも大丈夫」と過信するのは禁物です。生理の日はいつもと同じように見えても体の中では大きな変化が起きています。自宅で髪を染める時には無理をせず、日にちをずらすのが一番ですね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・生理中は美容院を利用することを避けたほうがベター。中でも生理が重い、PMS(月経前症候群)であるといった悩みを抱えている女性は要注意。

・髪を染める、パーマをかけるなら、生理が終わってから排卵期に入る前の1~2週間がベストタイミング。生理日と美容院へ行く日が重なってしまったら、美容師さんに相談してみるとGOOD。

・自宅で髪を染めるときは生理期間を避けて、体調が良いときに行おう。

生理日と予定がぶつかってしまった、女性ならではの悩み。せっかくの予定が変更になってしまっても、生理中はリラックスして過ごすことが大切。自宅で出来る髪のお手入れをして、気分転換をするのもいいですよね。