一日洗わないだけで!?髪がベタベタ、どうしよう

一日終わって、ふと頭を触ってみるととってもオイリーでビックリした経験ありますよね。たった一日髪を洗わないだけで、どうしてこんなにベタベタになってしまうのでしょう。

えーんゆか

ちょっと洗わないだけでベタベタになる髪、ぺしゃんこで地肌も丸見え、べっとりしていて清潔感もない、女子として悲しいですよね。

シャンプーもトリートメントも買い替えたけど、やっぱり一日で髪がベタベタになる、そんなときはもっと他の改善策を試してみませんか?

今すぐできる改善方法をまとめてみました。特別なものを買わなくても、ちょっとした工夫でできる改善策ばかりです。今日から実践してみましょう。

もくじ



1.シャンプーで改善?使い方のコツ
2.トリートメントにも気を付けよう!
3.ドライヤーはベタベタ予防必須!
4.ヘッドスパってどうなの?
5.実は大切、ホルモンバランスの話
6.まとめ

【たった一日で髪がベタベタ】定番!シャンプーで改善

やっぱり髪のトラブルはシャンプーで改善させるのが定番。一日ですぐ髪がベタベタになる場合、シャンプーの頻度を多くしたり、シャンプーを買い直したりする方が多いかと思います。


一日ですぐ髪がベタベタになってしまう、そんなときは「シャンプーの仕方」を変えれば改善される可能性大。今すぐ自分のシャンプーの仕方を見直してみて下さい。



短時間でベタベタになってしまう髪を改善させるためのコツはたったひとつ。「泡で包み込んで洗う」それだけなのです。

まる一日でベタベタになるような「デリケートな髪の毛」はとにかく摩擦を最小限にして洗うことが大切。フワフワに泡立てたシャンプーで髪全体を包み込んで、頭皮を軽くもみほぐして洗えばOKですよ。泡で角が立つ位、しっかりと泡立てられた状態が理想的ですね。

そして、最後はよく洗い流すこともお忘れなく。シャンプーで洗う時間の1.5倍程度はすすぎの時間を設けて、髪の根元からしっかりと洗い流してフィニッシュしてください。

【プチまとめ】一日でベタベタになる髪を改善させるなら、シャンプー方法を変えよう。泡で包み込んで洗って、しっかりとすすぐことがコツ。


ちなみに、シャンプーブラシを使うという方法を思い浮かべる方も多いでしょう。髪の根元から油をかき出せそうで、効果的なグッズに思えます。ですが、すぐにベタベタしがちな髪には逆効果になる場合もあるので注意。ゴシゴシとブラシで頭皮を洗うよりも、泡で優しく包み込んでモミモミと洗うことが大切なのです。

一日でベタつく髪にこそ、一日一回弱めのシャンプーで


ベタベタしがちな髪は、強めのシャンプーでさっぱり洗い流さなくてはいけないと考えていませんか。実はそれ、まったくの反対なんです。更に、一日に何度もシャンプーをする必要はありません。


一日ですぐにオイリー、ベタベタになってしまう髪は「アミノ酸系シャンプーで夜シャンプーをする」という改善方法がぴったりですよ。「朝晩、さっぱりと髪を洗い流す」ということは、かえって臭いやベタつきを悪化させる原因にも繋がるので要注意。


まず「アミノ酸系シャンプー」とは、ドラッグストアで簡単に手に入る洗浄力のとってもマイルドなシャンプーのこと。一日も経たずに髪がベタベタになってしまうオイリーな髪質はアミノ酸系シャンプーのような「マイルドな洗浄力」のシャンプーを使用することもポイントです。

もし、アミノ酸系シャンプーが多すぎて選べないという場合は、赤ちゃんも使えるようなベビーシャンプーでもいいでしょう。マイルドに髪を洗い続けていれば、自然と油分の量も正常に戻ってくるのです。

【プチまとめ】シャンプーは「アミノ酸系シャンプー」で適度に洗おう。ベビーシャンプーのようなマイルド系シャンプーでもGOOD。

確かに、泡立ちの良い、頭皮がスッキリするようなシャンプーは「しっかり洗えた」という仕上がりでスッキリしますよね。ですが、髪の毛にとって必要な油分まで洗い流してしまう危険性があるため洗いすぎは禁物。あくまで「マイルドな」「適度な」洗浄力が大切なんですね。


それから、洗う頻度も重要。一日一回、朝ではなく【夜】にシャンプーするということがポイントになります。

一日ですぐに髪がベタベタになる、又は朝起きるともう髪がベタベタするという場合、どうしても朝にもう一回シャンプーしたくなりますよね。それでも、シャンプーは一日一回夜に行うことがベスト。一日に何度も洗うと、やっぱり髪に必要な成分までなくなってしまい、ヘアトラブルがひどくなってしまうことがあるので気を付けましょう。


もし、朝どうしても髪の油分が気になるようなら、軽くベビーパウダーをまぶしてみると改善されることがあります。ベビーパウダーは油分を吸収してくれる性質があるため、ベタベタの気になる部分に軽くまぶしてみるとベタベタ感が軽くなるのです。

ただし、使い過ぎや付けムラは余計に汚らしく見えることもあるので、ベビーパウダーは「薄付け」が基本。ダマにならないように気をつけながら使いましょう。

【プチまとめ】シャンプーの頻度は一日一回。朝のベタベタが気になるときにはベビーパウダーなどで余計な油分を取り除いてもOK。

【髪がベタベタ改善策】意外!?トリートメントは控えめに


トリートメントはヘアケアの必須アイテムですよね。とはいえ、一日でベタベタになってしまうような髪には過度なトリートメントは禁物。トリートメントは簡単に済ませましょう。


これはトリートメントの裏面、使用方法の記載です。商品裏面にも書かれている通り、トリートメントの基本の使い方は「頭皮につけない様にして数分間経ったら洗い流すこと」です。過度なヘアパックなどはせず、最後は必ずしっかりと洗い流すことで、ベタベタも改善されやすくなりますよ。

【プチまとめ】トリートメントは「頭皮につけない様にして数分間経ったら洗い流すこと」がベタベタしないポイント。

過度に髪をベタベタさせないため、トリートメントは髪の絡まりをほぐす程度に使うとGOOD。指を中心にトリートメントを広げて、手ぐしをするような感覚でトリートメントをつけてみましょう。そして、トリートメントのヌルつきが無くなるまでシャワーで洗い流してからお風呂を出るようにするとべたつきにくくなります。

髪がベタベタな女子はブローで改善!ドライヤーはこう使え☆



すぐに髪がベタベタしてしまう女子は「清潔第一」です。髪の毛を清潔に保つためにはドライヤーが欠かせません。寝る前は必ずブローをして、髪の毛の湿気を飛ばしてから寝るようにしましょう。


特に、髪の根元を中心にドライヤーをあてていくことがポイント。髪の根元が乾かないといつまでたっても髪は湿ったままです。ドライヤーの風で髪の根元から毛先へ水分を飛ばすような気持で、風をあてていくと上手に乾かせます。


髪の根元、頭皮の分け目を細かく変えながら、湿気が飛ぶまでドライヤーをあてると効率的に乾かすことができます。ただし、あまりにドライヤーを至近距離であてると熱い思いをするので、20センチ程度は離してブローすると良いです。

【プチまとめ】髪は必ずドライヤーでブローしてから寝ること。分け目を細かく変えながら、髪の根元からドライヤーをあてよう。

また、ブラシでゴシゴシと頭皮を刺激するようなことがないよう、手ぐしで軽くブラッシングをしながらブローをしていきます。濡れている頭皮や髪は摩擦が大きな刺激となりやすいので、細かいコームやブラシを使うのは髪が乾いてからにしたいですね。

ベタベタは改善される?気になるヘッドスパ効果!



たった一日で髪がベタベタしてしまうようなトラブルには、ヘッドスパも試してみたい改善策のひとつですよね。確かに、頭皮の血行不良や毛穴の詰まりなども「ベタベタ」の原因ですからヘッドスパは効果的なはず。

→【ヘッドスパって一体何】効果や特徴・種類をまとめました!詳しくはこちら。

とはいえ、美容院でヘッドスパを頼むとちょっと高くなってしまいますよね。ヘッドスパ専門のサロンもありますが、敷居が高くてなかなか踏み込めません。

一日でベタベタになってしまうオイリーな髪の毛は、自宅での簡単なヘッドスパでも改善へ繋がります。お風呂の前の3分間をヘッドスパタイムにしてベタベタを改善させましょう。


やり方はシンプルなものでOK。一番簡単なヘッドスパは頭皮をグリグリと指で刺激するという方法です。指の一番柔らかい部分で「生際から頭のてっぺん、頭頂部へ向かってグリグリと指を移動させていく」これを繰り返していきます。すると頭がポカポカするような感じがしてきますよ。

【プチまとめ】ヘッドスパは自宅でも可能。シャワー前にグリグリと頭皮を柔らかくさせよう。

そもそもヘッドスパとは頭皮全体の巡りを良くする、「整体」のようなものです。肩もみをするような気持で頭皮をもみほぐしてみて下さい。

頭皮がびくともしない、硬くてグリグリと動かないという方はちょっと重症かも。毎日でもマッサージを続けて柔らかな頭皮を取り戻してくださいね。

【女性ならでは】すぐ髪がベタベタになるのはホルモンバランスのせい?


そして、女性なら無視できないのが「ホルモンバランス」です。一日ですぐ髪がベタベタになる場合も、ホルモンバランスの乱れが影響しているのかもしれませんよ。


一日で髪がベタベタになってしまうなら「整った食事バランス」と「適度な休養」を取ることを心がけましょう。それから、生理不順や生理前症候群などなど女性ならではの悩みを抱えているなら、まずは婦人科などに相談することを優先した方が良いですね。

【プチまとめ】女性らしい髪はホルモンバランスを整えることが第一。女性特有の悩みがある場合はまずお医者さんへ相談を。

女性らしい髪の毛は、女性ホルモンがきちんと働いている証拠。油ギッシュな男性っぽい頭皮は、もしかすると女性ホルモンが正常に働いていないというサインなのかもしれません。


コンビニ弁当やインスタント食品ばかりの生活になっている。環境が変わってストレスが増えた。そんなちょっとしたことでも髪に影響が出てくることもあるんですよ。もし体に異変を感じている場合は医療機関へ相談することで髪のコンディションも整ってくるかもしれません。場合によっては専門家に相談しましょう。

まとめ


いかがでしょう。

いえーいゆか

・一日でベタベタになってしまう髪を改善させるためシャンプーのコツは「泡で包み込んで洗うこと」「アミノ酸系シャンプーで夜シャンプーをすること」のふたつ。

・トリートメントの基本の使い方は「頭皮につけない様にして数分間経ったら洗い流すこと」。

・一日でベタベタにならないためにはドライヤーが欠かせない。特に、髪の根元を中心にドライヤーをあてていくことがポイント。

・ヘッドスパも効果的。ヘッドスパは頭皮をグリグリと指で刺激するという簡単な方法でOK。

・すぐにベタベタしない、女性らしい髪はホルモンバランスを整えることが第一。女性特有の悩みがある場合はまずお医者さんへ相談を。



せっかくなら一日中サラサラな髪をキープしたいものです。シャンプー、トリートメント、ブロー、ヘッドスパ、ホルモンバランスという盛りだくさんな内容ですが、まずはできるところから試してみたいですね。考えすぎることもストレスになりトラブルの元になりますから対処しながら、ちょっとずつ改善させていきましょう。