簡単にパーマヘアを作る方法!ねじって寝るだけ!?

最近「三つ編みにして寝るだけ」「ねじって寝るだけ」というような方法でセットするパーマヘアが流行っていますね。パーマをかけずに「なんちゃってパーマ」で意外とゆるふわパーマヘアが出来上がると話題です。

そっかーゆか

中でも今日は「ねじって寝るだけ」の「ねじり貧乏パーマ」を実際にやってみました。本当に簡単に、ねじって寝るだけでゆるふわカールが出来上がるのか、一番簡単にキレイにできる方法やコツをお伝えします。

もくじ


1.ねじり貧乏パーマ基本のやり方
2.ねじり貧乏パーマの仕上がり
3.ねじりを増やすとこうなった
4.まとめ

【なんちゃってパーマ】基本の方法&簡単なねじり方

まず、基本的なねじり方、セットの方法をおさらいしてみましょう。三つ編みをしたまま寝るという方法は一般的でしたが、ねじって寝るっておもしろい方法ですよね。

「ねじり貧乏パーマ」を仕込むタイミングは寝る前、ブロー直後が一般的。ちょっと髪が湿っている段階でドライヤーを止めて髪をねじって、そのまま寝れば翌朝にはゆるふわパーマになっているということなのです。

調べてみるとこんな風に、二つに髪を分けてねじってまとめる方法が多いみたいです。ぱっと見はお団子頭ですが、ひたすら髪をねじってねじってまとめています。

ねじり方は髪を一束とって、ひと方向へネジネジネジネジするというだけ。綱引きの綱のような形にねじれればOK。ひたすらねじっていくと、こんな風に自然とクルクル毛束が回転してきます。きつくねじればねじる程、クルクルと髪がまとまっていくので、毛先をお団子に巻き付けてゴムで全体を留めれば出来上がりです。

【ねじって寝るだけパーマの方法まとめ】タイミングはブロー直後。髪を二つに分けて、毛束をネジネジしていく。自然とクルクルと毛束がねじれて回転してくるのでそのまままとめてお団子にして寝るだけ。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

【ねじって寝るだけパーマ】キレイに仕上げるための裏ワザ2つ!

そして、ここで一工夫。ねじって作ったお団子の上からもう一度ドライヤーをあててみましょう。これは、以前別の貧乏パーマを実践した時にも紹介した方法です。ねじった後に温風で乾かし髪の水気を取ることで、パサパサな仕上がりを防ぐのです。

それから更に冷風もあててお団子を冷やしたら全て終了。こうしてねじって作ったお団子を冷やすと、カールがつきやすくなるんですよ。

【カナの一口アドバイス】ねじってまとめたら、お団子のままドライヤーをあてるべし。最初は温風、最後は冷風で冷ましたら完成。

ちなみに、髪をまとめる前に洗い流さないトリートメントをつけておくこともポイントです。手のひらに洗い流さないトリートメントを広げてから髪をまとめるだけで、パサパサ予防ができるのです。

髪はちょっと湿ったままで寝てしまうと、どうしてもパサパサと乾燥しやすくなってしまいます。そんなときは洗い流さないトリートメントをつけておけば適度に髪が保湿されて、翌朝もしっとりとした髪をキープできるんですよ。

【カナの一口アドバイス】洗い流さないトリートメントでパサパサ予防すればキレイなカールに仕上がる!髪をまとめる前には洗い流さないトリートメントをつけよう。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

ねじって寝るだけ簡単パーマ!実際やってみたらこうなった☆

さぁ、いざお団子を外してみるとこんな感じに仕上がっていました。じゃーん。

いえーいゆか

いかがでしょう。三つ編みで作る貧乏パーマの場合は波上の「ウェーブ」という感じに仕上がりますが、ねじって作る場合は雰囲気が変わりますね。まさに「くるんくるん」と言った感じ。立体的な縦カールができました。

→【三つ編み貧乏パーマ】三つ編みだとこんな風に仕上がります。詳しくはこちら。

ただ、ちょっと残念だったのは左右でカールの感じが違っちゃったことですかね。ねじりが甘かったのか、片方はかなりユルユルなカールになってしまいました。くっきりはっきりとしたカールを出したい場合は、けっこうきつめにねじった方が良さそう。

【反省点】三つ編みでつくるパーマに比べて、より立体的でクルクルな縦カールができた。だが、左右でカールにバラつきが出てしまった。

それから実は私、お団子ヘアのままでは寝れないのでセットして1時間~1時間半ほど放置してほどいちゃいました。だって私の寝相が悪すぎるから。つまり、朝の1時間程度でねじるだけのパーマヘアはできちゃうのです。もちろん、ねじって寝るだけでつくるパーマヘアの方がくっきりとカールが出やすくなるのですが、ゆるくフワフワに仕上げたいなら短時間でもOK。

寝相が悪い、普段から寝癖がひどいという場合は起きてすぐに髪を濡らしてから同じ手順でセットしましょう。それから朝ごはんを食べたり支度しながら過ごし、出かける直前にお団子をほどくとちょうどよく仕上がっているはずです。意外と1時間だけでもけっこうカールがつきますよ。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

【ねじり】を増やしたらどうなる?こんなにフワフワ&ボリューミー

さて、このねじって寝るだけでセットする方法、カールのレベルを調整することも可能なんです。つまり、ねじってつくるお団子の数を増やせば増やすほど、どんどんクルクルしていくということ。髪をひとつにまとめてねじって寝ればかなりゆるめのカールになり、3個4個とお団子の数を増やせばきつめのカールになるのです。

それなっゆか

さっきは2個ねじってお団子にまとめましたが、これを4個にするとどうなるのでしょう。もっとクルクルなパーマヘアになるのでしょうか。早速、やってみました。


こんな風に、頭の上半分で2個、下半分で2個、ねじってお団子をつくってみました。更に、上としたのお団子のねじり方を反対方向にするとよりキレイにクルクルカールになるんだとか!なので、上は外向きにねじり、下は内向きにねじって、ねじる方向を変えてます。

後は同じように、ねじった上から軽くブローをして待つだけ。1時間経ってねじったお団子を外すとこうなりました。

やっぱりかなりきつめのカールに仕上がりましたね。4個もねじってまとめると、予想以上にボリューミーになりました。ワックスで軽くスタイリングしてみましたが、それでもとにかくボリュームがすごい。

ただ、こんな風にポニーテールにしてみると、フワフワなポニーテールになりました。ヘアアレンジの下地としてもねじってつくるパーマヘアは活用できそうですね。

【反省】ねじってまとめる個数を2個から4個に増やすと、かなりボリューミーに仕上がる。ヘアアレンジを加えると、ちょうどよくフワフワアレンジにまとまった。

ただお団子を2個から4個へ増やした時に気になったことは「髪の乾燥」「チリチリ感」です。ねじってまとめたお団子2個のときより、4個の方がパサパサ感が強くなってしまうなという印象がありました。ねじる毛量が少ないほど、ねじったときのダメージが強くなり髪がチリチリとしやすくなるのかもしれません。

あまり細かく髪を分けてねじると、チリチリ感が強くなり過ぎる可能性があるのでご注意を。しっかりと洗い流さないトリートメントなどで保湿することが重要ですね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・ねじって寝るだけ、簡単パーマヘアは、ブロー直後に髪をねじりながらまとめるという方法。髪を二つに分けて、毛束をネジネジしていくと、自然に毛束がねじれて回転してくる。そのまままとめてお団子にして寝るだけ。

・キレイな仕上がりにするためには2つの裏ワザがある。髪をまとめるときに洗い流さないトリートメントを使うこと、お団子の上からドライヤーをあてることが裏ワザ。

・ねじってまとめる個数を2個から4個に増やすと、かなりボリューミーに仕上がる。ヘアアレンジを加えると、ちょうどよくフワフワアレンジが出来上がる。

楽ちんに、しかもキレイに仕上げられることが貧乏パーマ最大のメリットです。ですが、洗い流さないトリートメントを使ったり、ブローをしたりという下準備はお忘れなく。下準備をおろそかにすると、髪が傷んだりチリチリ、パサパサになってしまいますよ。休日の前の日、お出かけの朝に試してみたいなんちゃってパーマでした。