スパイラルパーマのはずがチリチリに!今すぐパーマを落としたい!

外国人のようなスパイラルパーマってかっこいいですよね。一度はスパイラルパーマにチャレンジしてみたいと思っている方も多いでしょう。

えーんゆか

ですが、失敗してチリチリなおばさんパーマになってしまうことも多々あります。スパイラルパーマってちょっと失敗するとチリチリで汚く見えてしまいますよね。

失敗したスパイラルパーマを今すぐ落としたい、そんなときはどうすれば良いのでしょう。対処方法を間違えると更にチリチリになってしまいます。正しい方法で、髪の傷みを最小限に抑えながらパーマ落としをしていきましょう。

もくじ


1.2つの施術方法に注目
2.別のパーマへの変更とその期間
3.自分でパーマを落とそうとするのはNG
4.上手なスタイリング方法
5.まとめ

スパイラルパーマのパーマ落としは縮毛矯正?それともストレートパーマ?

スパイラルパーマのパーマ落としは基本的にストレートパーマで行えます。髪を極力傷めずにパーマ落としをしていくなら、やっぱりストレートパーマを美容院でかけてもらうことですね。

ですが、ストレートパーマだとサラサラなストレートヘアに戻すことは難しく、ウェーブが残ってしまいがち。元通りの自然なストレートヘアに戻したいなら縮毛矯正でスパイラルパーマを落とすことがベストでしょう。

ただ、縮毛矯正はかなり強いパーマ落としの方法でもあるため、髪を傷める心配もあります。スパイラルパーマをあてた後の髪のダメージを見ながらよく美容師さんと相談してパーマ落としの種類を選んでいくことが大切です。

そして、パーマ落としをするタイミングにも悩んでしまいますよね。スパイラルパーマから数か月間期間を空けてからパーマ落としをした方がいいのか、すぐにパーマ落としをしてもいいのか悩むところです。

スパイラルパーマの場合、早めに美容院へ相談してパーマ落としをしてもらっても良いと思います。スパイラルパーマの失敗はかなり目立ってしまい、自力でボリュームを抑えるのは大変ですからね。スパイラルパーマをかけて2、3日経って、あまりにチリチリとしたダメージが目立つようならすぐに美容院へ相談しましょう。

また、パーマには「保証期間」がついていることがほとんどですよね。だいたい一週間程度の保証期間がついており、保証期間内にスパイラルパーマをかけてくれた美容院へ相談すればかなりの低価格、もしくは無料で施術を行ってくれるはず。お財布の負担も少なく済むよう、スパイラルパーマのパーマ落としは早めに相談するようにしたいですね。

いえーいゆか

つまりポイントは、スパイラルパーマのパーマ落としをするならあまり期間は空けずに早めに美容院へ相談すること。そして、髪の傷みを最小限に抑えてパーマ落としをするならストレートパーマでもOK。まっすぐなストレートに戻すことを最優先にするなら縮毛矯正をかけたいと美容師さんに相談してみましょう。

ちなみに、スパイラルパーマを落とすときには、パーマをかけてくれた美容院へ相談することが大前提です。スパイラルパーマには巻き方、使用するパーマ液が多種多様。どんなパーマ液を使用して、どんな風にロッドへ巻いて施術を進めたのかが具体的に分からないと、キレイにパーマを落とすことも難しくなってしまいます。

ですから、スパイラルパーマをかけてくれた美容師さんにパーマ落としをお願いした方が、結果的にはスムーズなのです。同じ美容院へ相談することはちょっと気が引けるかもしれませんが、パーマ落としで更に髪がチリチリになってしまっては元目もありませんからね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

スパイラルパーマを落としてから別のパーマへの切り替えはOK?

もちろん、スパイラルパーマから他のパーマへの切り替えは可能。ですがパーマ落としからの期間や次にかけるパーマの種類には気を付けましょう。

それなっゆか

スパイラルパーマをかけてからパーマ落としをした場合、次のパーマはちょっと期間を空けて髪を休ませてあげたいところです。2~3か月程度は次のパーマを我慢してストレートヘアを楽しみましょう。また、縮毛矯正でパーマ落としをした場合には5~6か月程度は期間を空けたいですね。

くれぐれも、パーマ落としをした翌月にまた次のパーマをかけるというようなことはしないように気を付けて下さいね。パーマのかかりが悪い上に、ただ髪を傷めるだけでもっとパサパサなダメージヘアになってしまいますよ。

特に、スパイラルパーマを落とした後にしっかりとパーマをかけたいなら「デジタルパーマ」が良いです。なぜなら、デジタルパーマのような強いパーマでないと、しっかりとカールやウェーブが出にくいから。パーマ落としをした後の髪は、コールドパーマという所謂「普通のパーマ」はかかりにくくなってしまうのです。

とはいえ、デジタルパーマは「熱」と「パーマ液」の二種類を駆使したかなり髪の傷む施術でもあります。期間をしっかり空けても、髪のダメージ具合を見ながらよく美容師さんと相談して決めて下さいね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

【縮れ毛のような失敗パーマ】スパイラルパーマは自力で落とさないで!

中には「自力でパーマを落としたい」「今すぐ自分でパーマ落としをしたい」という方もいるはず。ですが、スパイラルパーマに限らずどんなパーマも落とすときは美容院へ行くことがベスト。自力でパーマを落とすことはただ髪を傷めることになるのでおすすめできません。

えーんゆか

確かに「何度もシャンプーをする」「ヘアアイロンで伸ばす」といった方法でカールを伸ばすことはできます。ちょっとしたことでパーマを伸ばすことはできますが、これらは全て「髪が傷んだ結果パーマが弱くなっただけ」なのです。

そもそもパーマは髪が傷むことで伸びてきてしまいます。強いシャンプー、過度な摩擦、セルフ縮毛矯正などなど。こういった方法で行うパーマ落としは、正しいパーマ落としとは言いにくいです。

とにかく、キレイにパーマを落として、またヘアアレンジを楽しむためには美容院でパーマ落としを行うことが一番。パーマ落としにも失敗して結局美容院へ駆け込めば、余計にお金がかかってしまいますからね。ベストなパーマ落としはパーマの保証期間内に美容院へ相談することでしょう。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

これって失敗?スパイラルパーマがうまくセットできないんだけど!

さて、スパイラルパーマってセットの仕方によっては中途半端なカールになってしまうことがありますよね。「もうこんなにパーマが伸びてきて、このスパイラルパーマって失敗なのかな」と不安になることもあると思います。

もし、スパイラルパーマをかけてから1か月程度で伸びてきてしまった、落ちてきたということならスタイリング方法に問題があるのかもしれません。通常のスパイラルパーマなら3か月程度はカールが持つでしょう。髪質やパーマ液、パーマのかけ方によっても変わってきますが、上手にスタイリングとヘアケアができていれば、それくらいの期間、スパイラルパーマを楽しむことができるのです。

スパイラルパーマをセットするときにはとにかく保湿が大切。スパイラルパーマはほとんどの場合、髪に水分が残っている方が再現されやすいのです。一番一般的なスパイラルパーマのスタイリング方法はムースを使うことでしょう。髪を湿らせて、根元だけ乾かし、ある程度髪に水分が残っているところへムースを馴染ませていくという方法です。

そして、お出かけ先でもこまめな保湿がポイント。髪が乾いてくるとカールが伸びてしまいますし、パサパサ感もでやすくなりますからね。例えば、小さな洗い流さないトリートメントをカバンに入れておくとちょっとしたときに保湿ができて便利ですよ。

また、夜のブローも洗い流さないトリートメントで保湿をしながら乾かしていくとスパイラルパーマが長持ちします。お風呂上りの濡れた髪に洗い流さないトリートメントをよく馴染ませて、頭皮から乾かしていきましょう。長くパーマを楽しむためには適度な保湿が欠かせませんよ。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・スパイラルパーマのパーマ落としは基本的にストレートパーマで行える。元通りの自然なストレートヘアに戻したいなら縮毛矯正でスパイラルパーマを落とすことがベスト。

・スパイラルパーマを落とした後、2~3か月程度期間を空けてから次のパーマに切り替えよう。縮毛パーマでパーマ落としをした場合は5~6か月は期間を空けよう。

・「何度もシャンプーをする」「ヘアアイロンで伸ばす」といった方法パーマ落としをすることは禁物。髪を傷めるだけなので、美容院でストレートパーマまたは縮毛矯正でパーマ落としをしよう。

パーマに失敗しないポイントは髪質や施術遍歴を理解してくれている美容師さんにお願いすることです。パーマ落としも同じで、よく髪質を理解してくれている美容師さんにお願いすることがベスト。パーマに失敗してしまったという方も、キレイにパーマを落として次のスタイリングを楽しみましょう。