ガーリーな内巻きボブにセットしたいのに!外ハネの直し方って?

ボブといえばまん丸い内巻きのフォルムがかわいいですよね。内巻きボブってガーリー、いかにも女の子という感じ。自宅でも美容院帰りのようなキレイな内巻きを再現したいものです。


えーんゆか

ですが、うねりやクセのせいで外ハネしちゃうことがよくあります。思うような内巻きにセットできない、美容院ではキレイな内巻きにできたのに。


実は、簡単な外ハネの直し方、反対に外ハネを利用しちゃう方法もあるんです。ボブを色んなスタイリングで楽しみましょう。

【ボブ】外ハネの直し方!ポイントは根元から手ぐし!


妙にうねって外ハネするボブは、ブローで直すことができます。髪を軽く濡らしたら根元から手ぐしを通しつつ内側に整える、それだけなのです。手ぐしで根元から髪の毛を掴み、そのまま内側へスライドさせていけば自然な内巻きボブの完成。パーマをかけたボブにも効果的なスタイリング方法ですよ。


「内巻きになるようにブローしているのに外ハネしちゃう」という方も多いはず。上手に内巻きにセットできない方は、もしかしてちょっとポイントがズレているのかもしれません。一番のコツは「根元からしっかり乾かしながら内側へ整える」ということなのです。頭皮に水分が残っていたり、毛先ばかりをいじっても、外ハネを上手に直すことはできません。


外ハネしている毛先ばかり直そうとしてブローしてしまいがち。ですが、毛流れを決めるのは生え際、根元です。根元から濡らして風も真上からあてつつ、手ぐしで内側にブラッシングしてみて下さい。


そもそも、どうして髪がうねるのか、一部分だけハネてしまうことがあるのかご存知でしょうか。それは髪の生え方、毛穴の向き、つむじの巻き方が関係しているのです。


例えば、つむじが時計回りにぐるぐる渦を巻いているとしましょう。そうすれば、片側は内巻きになりやすいのですが、反対は外ハネしてしまいがち。毛穴の方向も渦を巻く様になっているため右半分と左半分でははね方も違うのです。


そんなときは根元からドライヤーをあてて、方向を変えれば良いのです。髪には「熱で柔らかくなり冷えると固まる」というチョコレートのような特性があります。ドライヤーの温風で根元を柔らかくすれば、毛流れも変えやすくなりますよ。


つまり、キレイな内巻きにセットしたいなら根元から乾かしながら、手ぐしで内側へブラッシングするとGOODということ。仕上げに冷風で髪の熱を取ればバッリチでしょう。髪の熱を早めに取り除くことでスタイルが崩れにくくなります。そしてスタイリングの最後はワックスを軽くもみ込めばもっと崩れにくい内巻き風ボブになりますね。


ちなみに「コテで内巻きにしてしまえば手っ取り早いじゃん」と思う方も多いと思います。確かに、コテで内巻きにセットしてしまえば早いでしょう。ですが、短めのボブってコテが首元に当たったりして火傷してしまうことも。しかも、コテを使うということはチリチリになりやすく、まとまりにくくなります。


ですからブローだけでセットした方が髪が傷みにくく、熱い思いもしなくて良いというわけ。パーマをかけたボブヘアなら、尚更コテやヘアアイロンの使用は厳禁。パーマで傷めた髪を、熱で更に傷めることがないようブローで上手にセットできるようにしておきましょう。

実はかわいい外ハネ!?伸びかけボブは外ハネがGOOD

ところで、今「外ハネボブ」がじわじわと人気になっているってご存知でしょうか。自然に毛先が外ハネして、ちょっとウェットな感じで仕上げるスタイリングが流行っているのです。


いえーいゆか

特に、ちょっと伸びてきたボブって内巻きにスタイリングしにくいですよね。どうしても外側にハネてしまいがち。そんな外ハネをかわいくスタイリングすれば今風のボブヘアになっちゃうんです。


外ハネのボブヘアはコテで毛先をはねさせることが必要になってきます。ですが、やり過ぎると不自然な外ハネになってしまうので要注意。コツは「ブロッキング」と「コテの角度」です。


→【コテ&ヘアアイロンの温度】ベストな設定温度は何度でしょうか!詳しくはこちら。



まずブロッキング、髪を外側と内側にしっかりと分けてからコテを使っていきましょう。コテは色んなパーツの髪をまとめて挟むとクセがつきにくくなります。コテが苦手な方は軽くハーフアップにしてブロッキングしてからセットするとスムーズにできますよ。


さて、次に「コテの角度」ですが内側は髪の流れに沿って、毛先だけすくい上げるように外ハネにさせてみましょう。そしてここからが重要。外側の髪、サイドやハチ周りはちょっと髪の束を斜めに、浮かせた状態で毛先をハネさせてみて下さい。


この「斜めに浮かせる」「毛先をすくい上げるようにハネさせる」ことがかわいい外ハネにセットするポイント。髪を二つのパーツに分けて、それぞれでコテの使い方を変えれば自然なシルエットの外ハネボブヘアになるのです。


ヘアアイロンしか家に無い、でも外ハネにセットしたいという方も同じ方法でOK。ただし、毛先をハネさせるときには手首をしっかり返すようにクルリとハネさせてみて下さいね。

【デジタルパーマ】【エアウェーブ】パーマをかけたボブヘア、セットが難しい?

より長くカールやウェーブを楽しむために、ボブでもパーマをかける方が増えています。デジタルパーマやエアウェーブは特に人気ですね。長いと半年はパーマヘアが維持できるとのこと。


ですが、思っていたよりも長持ちしない、パーマが伸びてきてしまうことってありますよね。「パーマが下手だから長持ちしない」と考えるのはちょっと違うかも。スタイリング方法をちょっと工夫するだけでパーマが復活することもあるのです。


デジタルパーマやエアウェーブは普通のパーマとは違い乾いている状態がベスト。パーマが伸びてきたと感じたら、まずはしっかりとブローしてからワックスなどでスタイリングしていきましょう。濡れた状態でワックスをつけたり、水分量の多いスタイリング剤を使うと余計にパーマがだれてしまうこともありますよ。


反対に、普通のパーマはちょっと水分が残っている方がカールが出やすくなります。「普通のパーマ」とは、機械で髪に熱を加えずにパーマ液を髪につけておくことだけでパーマをかけるという方法のこと。濡れた状態でパーマをかけるため、髪に水分が残っている方がパーマを再現しやすいのです。


そして、シャンプーもちょっと工夫するとパーマが長持ちしやすくなります。より低刺激、洗浄力のマイルドなシャンプーを使い摩擦を最小限に抑えることがコツ。理想はフワフワな泡で頭皮を包み込み、マッサージするように洗うことですね。


パーマが落ちる最も多い原因とは、髪が傷むこと。シャンプーって洗浄力が強すぎたり、ゴシゴシと髪をこすると傷むことがあるのです。パーマを長くキープするためには、ちょっとした髪の扱いも丁寧にしましょう。


→【人気記事】デジパをウェットに仕上げるコツは?詳しくはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・ボブの外ハネを直す方法は、髪を軽く濡らしたら根元から手ぐしを通しつつ内側に整えること。手ぐしで根元から髪の毛を掴み、そのまま内側へスライドさせていけば自然な内巻きボブの完成。


・外ハネのボブヘアも人気。コテで毛先をはねさせるが、やり過ぎると不自然な外ハネになってしまうので要注意。コツは「ブロッキング」と「コテの角度」にあり!


・デジタルパーマやエアウェーブは普通のパーマとは違い乾いている状態がベスト。パーマが伸びてきたと感じたら、まずはしっかりとブローしてからワックスなどでスタイリングするとGOOD。


ボブって挑戦してみたいなと思うのですが、はねやすいとか、広がりやすいとかちょっと大変そう。ですが、ブローの仕方、スタイリング方法を工夫するだけでかわいく仕上がるんですね。それから、カットしてもらうときに美容師さんにケアやセットの仕方を聞いておくことも大切なポイントかもしれません。