初めてのブリーチ!色落ちさせずにキレイにキープしたい

g-20
ブリーチと聞くと「金髪」と思い浮かべる方が多いかもしれませんね。ですが、ブリーチはカラーリングの仕上がりに、より透明感を与えるための下準備のようなものでもあります。


特にアッシュ系に髪を染めようとしたときはブリーチを入れたほうが美しい髪色になりやすくなるんですよ。ですが、初めてブリーチを入れると分からないことだらけでしょう。シャンプーの選び方や髪の洗い方も迷ってしまいますよね。


シャンプー次第でカラーリングの仕上がりは変わります。より長く美容院帰りたての髪色を維持したいなら、色落ちしにくいシャンプーテクニックやシャンプー方法を知っておきましょう。

もくじ



1.ブリーチ後のシャンプー方法は?
2.今話題の「カラーシャンプー」って?
3.まとめ

ブリーチ後のシャンプー。いつから?どうやって?コツを伝授!

g-1
まず、ブリーチをした場合一体いつから普通にシャンプーしてもいいのか悩んでしまいますよね。ブリーチした当日はシャンプーを控えたほうが色落ちしにくくなるのでしょうか。


意外にも、ブリーチをした当日にシャンプーしても問題は無いと私は思います。「ブリーチをしたからシャンプーをしてはいけない期間がある」「シャンプーを何日も我慢しなくてはいけない」ということは、考えなくてもOK。美容院でつけたスタイリング剤や一日の汚れをつけたまま寝るのはちょっと抵抗がありますからね。ブリーチだけの場合でも、ブリーチとカラーをする「ダブルカラー」を行った場合でも、カラーリングのみでも、同じことがいえます。


ただし、シャンプーのチョイスと、シャンプー方法には十分気を付けて下さい。洗浄力のかなり強いシャンプーを使ったり、髪同士をこすり合わせてゴシゴシと洗うと色落ちする原因になってしまいます。


ブリーチやカラーリングをした髪をシャンプーするとき、色落ちさせないコツは二つ。「洗浄力のマイルドなシャンプーをチョイスすること」と「泡で包み込んで洗うこと」なのです。


f-86
第一に、シャンプーをより洗浄力の低めな、マイルドなものにチェンジすることで髪の色落ちや変色を防ぐことができます。シャンプーの主な成分は界面活性剤なのですが、あまり洗浄力の強い界面活性剤を使用しているとそれだけで髪を傷めやすくなってしまうのです。

→【ドラッグストアで何をチェックしてる?】シャンプー選び、基本のき!詳しくはこちら。

ですから、ブリーチ直後の5~7日程度はインターネットやサロンで購入できるシャンプーや、カラーリング・パーマヘアに適したシャンプーを使いたいですね。ブリーチをした髪は少しの刺激でも傷みが進行し、色落ちや変色に繋がってしまうのです。


せめて施術後5~7日間は普段よりもちょっとお高い、質の良いシャンプーを使ってあげたいですね。ブリーチから時間が経てば経つほど、どんどん髪のコンディションも安定してくるのですが施術直後はとてもナイーブな状態。色落ちするかしないかはブリーチ直後のお手入れにかかっていると考えて下さいね。

h-6
二つの目のコツ「泡で包み込んで洗うこと」についてですが、これは色落ち防止のための重要ポイントとなります。シャンプーを髪にべちゃっとつけて、髪を擦ることで泡立てていると髪を傷めて色落ちしやすくなってしまうのです。

h-5
ですから、シャンプーは髪でソフトクリームが作れるくらいしっかりと泡立ててから髪につけるのがベスト。シャンプーを事前に泡立てることで髪同士の摩擦を防ぐことができ、髪が傷みにくくなります。髪が傷みにくくなるということはブリーチした髪もキレイな仕上がりがキープされるということ。ふわふわと地肌を揉むように優しいシャンプーを心がけましょう。


そもそもブリーチした髪が変色したり、色落ちしてしまう原因のほとんどは髪が傷むことが原因。特に髪が濡れているときはダメージが大きくなりやすいためシャンプーはできるだけ刺激を少なく行わなくてはいけません。徹底的にシャンプー時の刺激を取り除くことでキレイな髪色がキープできるんですね。しかもブリーチは様々な施術の中でもかなり髪が傷みます。より慎重にシャンプーをしていきましょう。

→ビューティーヘアラボラトリ
最新シャンプーランキングはこちら。

ブリーチ後のヘアケアならアミノ酸シャンプーがベストチョイス

ブリーチ後の超ダメージヘアには優しい成分でできたアミノ酸シャンプをおすすめします。

ドラッグストアなどで安価で買えるいわゆる「普通のシャンプー」は刺激の強い界面活性剤やシリコンなどを使ってサラサラ髪を「演出」しているものがほとんどです。今説明してきた通り、ダメージヘアは刺激が大嫌いですからしっかりシャンプーは吟味したいですね。


ビューティーヘアラボラトリでは最新のシャンプーランキングを公開しています。優しい成分のアミノ酸シャンプーがランキング上位を独占していますので、あなたのヘアケアシャンプー探しに役立ててみてくださいね。

→ビューティーヘアラボラトリ
最新シャンプーランキングはこちら。

どうして黄色くなる?赤くなる?ブリーチ特有の色落ちを回避するシャンプー!

さて、ブリーチをすると通常の色落ちだけではなく「変色」も気になってしまいますよね。2回3回とブリーチを重ねた髪はどうしても黄色や赤っぽい色が日に日に強くなってしまいがちです。ブリーチ特有の変色や色落ちはどうやって防げばいいのでしょうか。


ブリーチした髪がだんだんと変色してしまうのも、やっぱり髪の傷みが原因であることが多いですね。シャンプーの界面活性剤や毎日の紫外線、摩擦、静電気によって髪が傷んで変色していってしまうのです。

f-18
もちろんシャンプーの選び方やシャンプー方法を工夫することも大切ですが、実はブリーチヘアには便利なアイテムもあるのです。それが最近大注目されているカラーシャンプー。

カラーシャンプーはムラシャンことムラサキシャンプーがメジャーですね。要はシャンプーそのものに色がついていて、ブリーチをした髪にちょっとずつ色を加えていき変色を目立たなくさせるというシャンプーなのです。例えば黄色に青を足すと緑になりますよね。そんな色の足し算をするためのシャンプーだとイメージすると分かりやすいでしょう。

f-19
勘違いされがちですが、カラーシャンプーは髪のダメージを修復する、色落ちを防ぐことがメインの効果ではありません。色落ちや変色を目立たなくさせることがカラーシャンプー最大の目的。ですから、カラーシャンプーを毎日使うことで変色してしまったブリーチ部分に色が付き目立たなくなっていくのです。


もし、ブリーチした部分が色落ちしてしまったり変色してしまったならカラーシャンプーで改善できるかもしれませんね。ただ、どんなカラーのシャンプーを選ぶかはとても重要。色の足し算を間違えると仕上がりが全く変わってしまいますからね。シャンプーに書かれた使用方法や仕上がり後のイメージ画像などもチェックしてから使うようにしましょう。

f-36
ちなみに、ブリーチしたもののすぐに色落ちしてしまったからと自分で染め直すのはやめた方がいいかも。特に黒染めで一気にカラーチェンジしてしまうことは避けたいですね。なぜなら後々、厄介なことになる可能性の方が高いから。


ブリーチをした髪はとても色が入りやすく、ドラッグストアで販売されているセットでも染まりやすいです。ですが次回カラーリングするときに、自分で染め直したカラー剤が髪にこびりついて邪魔になってしまうのです。市販のカラー剤はとても強力、だからこそ次のカラーが入りにくくなるというわけ。場合によっては脱線剤を使って一度カラー剤を抜かなくてはいけなくなることも。脱線剤を使うと髪が傷むので色落ちした髪は自分では染めずに、ぜひ美容師さんにお願いしましょうね。


→【失敗した!】染め直すならどれくらい期間を空ける?詳しくはこちら。


ブリーチをした髪は色落ちと染め直しの繰り返し。ですからちょっとしたお手入れ、髪の扱いも工夫してダメージを減らしていきたいですね。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・ブリーチをした当日はシャンプーしても大丈夫。「ブリーチをしたからシャンプーをしてはいけない期間」「シャンプーを何日も我慢しなくてはいけない」ということは、考えなくてもOK。


・ただし、シャンプーのチョイスと、シャンプー方法には十分気を付けよう。色落ちさせないコツは二つ。「洗浄力のマイルドなシャンプーをチョイスすること」と「泡で包み込んで洗うこと」。


・もし、ブリーチした部分が色落ちしてしまったり変色してしまったならカラーシャンプーで改善できるかも。色落ちや変色後に自分で染め直す、黒染めをするのはやめよう。

ブリーチは色がキレイに入るため、確かに便利な施術ですよね。ですが、髪の傷みはパーマや縮毛矯正以上でしょう。ヘアケアはいつも以上に慎重に、アイテムも買い直す覚悟で臨む必要がありますね。色落ちするかどうかは美容師さんの技術だけではなく、お手入れ次第。ぜひ上手にお手入れを続けて、キレイに髪色をキープさせてください。