ブリーチでおしゃれなヘアカラーに!でも急に黒染めしなきゃいけなくなって

D-79
今やヘアカラー前にブリーチをするなんて当たり前ですよね。ただ金髪にしたいからブリーチをするなんて古い、髪の透明感を出すためにブリーチをするという方はどんどん増えています。

ただ、就学や転職などなど環境の変化で髪色を戻さなきゃいけないなんていう緊急事態も起こります。慌てて黒染めしても、すぐに色落ちしてしまったり、髪が傷んでしまったりとトラブルも多いです。ドラッグストアで「黒染め用セット」が販売されているため誰でも手軽に黒染めできるのですが、だからこそ悩むこともたくさんありますよね。

そっかーゆか

ブリーチした後でも黒染めってしていいのかな、ブリーチ後の黒染めって髪が傷むかな、自分で黒染めして大丈夫かなと不安は尽きません。ブリーチをしたからこその悩み、徹底的に解説していきます。

もくじ



1.ブリーチ後に黒染めは出来る?
2.ブリーチ後の黒染め、注意事項
3.やっぱり美容院で染めるのが一番
4.まとめ

【セルフ派】ブリーチ後、自分で黒染めは可能?色が入りにくいって本当?

まず、ブリーチをしても黒染めをすることはもちろん可能です。繰り返しブリーチをし続けるよりは髪の傷みも少ないので特に問題は無いでしょう。市販の黒染めのセットは初心者にも扱いやすく、簡単にすぐ染まるものが増えています。

また、ブリーチをしたせいで黒染めの色が入りにくくなるなんていうことも考えにくいですね。ブリーチはカラーを入りやすくする土台作りのような役割もあるので、とても色は入りやすいでしょう。

f-52
ですが、自分で黒染めをすることのデメリットは「不自然なほど黒くなり過ぎる」ということが挙げられます。一度ブリーチをして黒染めをする場合、自然な髪色に戻すことはとても難しいのです。なぜ自然な髪色に戻らないのかというと、ブリーチをしたということは髪が元々持っていた色素を壊したからです。ブリーチで壊した黒髪の元「メラニン」という組織を再生させることはほぼ不可能だということなのです。だから、黒染めをしても不自然な黒髪になってしまうでしょう。

ブリーチをしてから1か月もすれば、黒染めはできます。ただし、ブリーチからの期間が短ければ短いほど、黒染めの仕上がりは不自然なものになるということは覚えておいてくださいね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

【ブリーチ後の黒染めはここに注意】色落ちと染め直しの繰り返し

D-40
更に、ブリーチ後に自分で黒染めをする場合にはもう一つ知っておかなくてはいけないデメリットがあります。それは色落ちのスピードが早いということです。ブリーチをした髪は色が入りやすいのですが、色落ちするのも早いのです。

できるだけカラーが落ちないようにシャンプーなどを工夫しても、黒染めした直後は1か月に1度は染め直すなどのメンテナンスが必要になってくるでしょう。色の落ち具合にもよりますが、すぐに色が落ちて赤味が強くなってしまうと悩む方がとても多いです。ブリーチをすると元の髪色が赤、オレンジっぽくなってしまうので色落ちすると目立つんですよね。これも、ブリーチによって黒髪の元となる「メラニン」を壊しているので仕方のないことでしょう。

f-65
ちなみに、ブリーチをしていない髪に普通のカラーリングをしても色落ちしてしまうのは早いです。ただ、ブリーチしていない髪は色素がしっかりしているため、色落ちも目立ちにくくなるのです。だから、ブリーチした髪が色落ちが早くなるというのは「急激に色落ちしたように見える」というだけ。

そもそも、ブリーチをするということは、元々持っている髪の成分を破壊しまくるということです。その後のカラーやパーマの施術効果も、ブリーチしていない人よりもよりダメージが大きくなる上に持ちも悪くなるのがブリーチをすることのデメリットだともいえます。残念なことですが、ブリーチ後の黒染めも長持ちしにくいのは、髪自体に体力が無いからなのです。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

セルフの黒染めは簡単!でも後がめんどくさい!おすすめは美容院でのヘアカラー

f-48
ブリーチ後に髪色を戻したい、自然な黒髪に近づけたいなら、やっぱり美容院へ相談するのがベストだと思います。確かに、自分で黒染めをした方が安上がりで手っ取り早く黒髪にできますよね。ですが、自分で黒染めをすると後々面倒なことが増えるばかり。それなら最初から美容師さんにお願いしてしまいましょう。

美容院で黒染めをお願いするメリットは「自然な髪色に仕上がりやすい」「後でカラーチェンジするときに髪を傷めにくい」という2つが挙げられます。自分で黒染めをすると不自然なくらい真っ黒になってしまいますし、後でまた髪色を変えるときに黒染めを落とす作業で髪を傷めてしまうのです。

E-23
第一に、美容師さんは「黒染め」というよりも自然な色味に染められるようにカラーリングしてくれます。これは自分で黒染めをする場合にはできないことですよね。美容師さんはただ黒く染めるというのではなく、美容院で揃えている様々なカラー剤から髪質に合ったものをチョイスして染め上げてくれるのです。

f-68
次に「後でカラーチェンジするときに髪を傷めにくい」ということについてですが、これはとても重要なポイント。自分で黒染めした髪ってかなりの美容師さん泣かせだってご存知でしたでしょうか。

市販の黒染め用カラー剤は、即効性は高く黒く染まりやすいのですが髪に染み付いたカラー剤は落としにくくなっていくのです。先ほども書いたように、ブリーチ後に黒染めをすると色落ちしやすいです。だからすぐにまた黒染めを繰り返しますよね。自分で黒染めを繰り返すことで黒染めのカラーがどんどん髪に染み付いてしまいます。

黒染めで染み付いたカラーって、次にカラーリングやパーマをしようとしたときにとても邪魔になります。新たにカラー剤をつけても色が入りにくくなってしまうんですね。つまり「ブリーチした髪」は次のカラーも色が入りやすいのですが「ブリーチして自分で黒染めした髪」は色が入りにくいということ。ブリーチと黒染めを繰り返した髪はパーマをしても持ちが悪いでしょう。

g-28
だったら、ブリーチをして髪色を戻すときには一番最初に美容院へ行くのがベスト。ブリーチ後にどんな施術を重ねていくかは、今後の施術にも大きく影響してきます。だからこそ自分で黒染めを行わずに、美容師さんにお願いすることが大切なのです。

もちろん、美容院で黒染めをお願いすれば絶対に失敗しないということではありません。より自然な色で髪を傷めずに黒染めを行うためには、ブリーチをお願いした美容院へ行くことをおすすめします。同じ美容院を利用することで、ブリーチの際にどんな施術をしたのかも理解してくれているはず。前回の施術を踏まえた上でカラーを重ねるからこそ、失敗もしにくくなるのです。

ちなみに「黒染め」と「カラーリング」の違いって何だろうと思いませんか。使っているカラー剤が違うのかな、メカニズムが違うのかなと考えるかもしれませんが基本的には同じです。ただ「真っ黒に戻す」ということが「黒染め」と表現されることが多いです。

また、美容院ではあまり「黒染め」とは言わないみたいですね。トーンダウンやトーンアップというように、髪色のトーンをどう変えるかということの方が重要みたい。だから美容院では「黒染めしてください」とオーダーするより、カラー表を見ながらどんな風に仕上げたいのかよくカウンセリングしてもらうことが大切です。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

ブリーチ後、カラー後はヘアケア必須!

さて、ここまでに半ば脅しのように「ブリーチの破壊力はすごい。髪が傷みまくる」と書いてきましたが・・・本当です。どうしょもなく傷んでしまうんですね。そんなハイダメージの状態の髪に追い打ちをかけているものがあります。なんだと思いますか?それはズバリ、あなたが使っている「シャンプー」です。


ドラッグストアなどで安価で買えるシャンプーをハイダメージな髪に使っていませんか?それらのシャンプーのほとんどが強い刺激の界面活性剤などを使っていますので、髪が更に傷んでしまいますし、色が抜けていくのも早くなってしまいます。ブリーチ後や髪が傷むような行為の後には、髪や頭皮に優しい成分でできたシャンプーでヘアケアしましょう。

ビューティーヘアラボラトリでは最新のシャンプーランキングを公開しています。優しい成分のアミノ酸シャンプーがランキング上位を独占していますので、あなたのヘアケアシャンプー探しに役立ててみてくださいね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・ブリーチをしても黒染めをすることは可能。また、ブリーチをしたせいで黒染めの色が入りにくくなるようなことはほぼ無い。

・ブリーチ後の黒染めは色落ちのスピードが早い。黒染めした直後は1か月に1度は染め直すなどのメンテナンスが必要になってくる。

・黒染めをするなら自分で行うのではなく、ぜひ美容院へ。美容院で黒染めをするメリットは「自然な髪色に仕上がりやすい」「後でカラーチェンジするときに髪を傷めにくい」という2つ。

ブリーチしてきれいなカラーを手に入れたときはテンションが上がるのですが、黒染めをしなきゃいけなくなると大変。せっかくいれたブリーチやカラーなのに残念ではありますが、黒く戻すならよりキレイにダメージレスに黒染めしていきましょう。また、ブリーチを入れたならハイトーンなカラーを続けるつもりで入れるということも大切ですね。