お金が無い、でもパーマはかけたい!自力でウェーブはつくれる?

h-23
美容院でのパーマやカラー、カットやトリートメントをしてもらう時間って至福の時ですよね。美容院帰りの髪はツヤツヤ、サラサラ。髪も心もリフレッシュできます。

ただ、お財布が寂しくなってしまうのが悲しいところ。「美容院にかかるお金、ちょっと高過ぎ」と悩んでいる方は多いはずです。特に、パーマ代はかなりお高め。もう少し安く、パーマを済ませたいですよね。

そっかーゆか

パーマ代を安く済ませる方法やアイテム、実は色々あるんです。安く、髪を傷めずに、キレイなウェーブが楽しめたら最高。節約パーマの方法・メリット・デメリットを色々と考えてみました。

もくじ



1.セルフパーマは安いけど・・・
2.奇跡の「0円パーマ」!?
3.パーマ代の大きな差の理由
4.まとめ

自力でウェーブヘアに!やっぱりセルフパーマが一番?

D-73
まず、できるだけ安くパーマをかける方法としては「セルフパーマ」が一般的だと思います。自力でパーマをかけるには、ドラッグストアで市販のパーマ液を買ってしまうのが安上がりでしょう。

ちなみにセルフパーマとは自宅で専用の薬液を使ってパーマをかけること。2種類の薬液を髪に数十分つけておいたり、洗い流したりして、最終的にドライヤーで乾かせば、ウェーブが完成するというものです。セルフのカラーリングや白髪染めと同じような感覚ですね。

セルフパーマのパーマ液は市販だと、部分用のパーマ液で500円程度、全体用で1,000円程度。美容院でパーマをかけると一万円以上はかかりますから、自力でパーマをかけた方が断然、お得なわけです。自力でパーマをかけるメリットは何より「安い」ということですよね。

ただし、安さだけを考えて自力でパーマをかけると、かえって高くついてしまうかも。特に、パーマ特有のウェーブ感を楽しみたいなら、美容院でパーマをかけてもらった方が結果的には安く済ませられるでしょう。

C-56
セルフパーマがかえって高くなってしまう最大の原因は二つ。

●持ちの悪さ

●失敗することが多い


ということなのです。一万円程度かけて美容院でデジタルパーマをかけてもらった方が長持ちし、失敗をするリスクも少なく済むというわけですね。

第一に、自力でパーマをかけると美容院でのパーマに比べて断然持ちが悪いです。最短で1週間でウェーブが取れてしまうということも少なくありません。なぜなら、パーマの持ちとは、熱を加えるかどうか、髪質に合ったパーマ液を使うかどうかでかなり変わってくるから。

B-34
現在主に美容院でかけられるパーマのほとんどは、熱の力と薬液のダブルパワーでパーマをかけることがほとんどですよね。デジタルパーマ、エアウェーブ、水パーマ、どれも髪に熱を加えることでより長持ちするウェーブを作り出します。

一方、自力でパーマをかける「セルフパーマ」は薬液の力のみ。薬液だけでパーマをかけると、日々のシャンプーやドライヤーの刺激によってすぐにだれてしまうのです。自己流でヘアアイロンも併用する方もいるようですが、市販のパーマ液で自力で熱を加えることはかなりのヘアダメージになるのでおすすめできません。

ちなみに、ヘアダメージはパーマが長持ちしない一番の原因です。セルフパーマだろうと美容院でかけたパーマだろうと、かけたあとのヘアケアは超重要です。「パーマを長くきれいに楽しみたい」と思うのなら、まずは優しい成分のシャンプーを用意しましょう。

※セルフパーマもヘアケア必須です。傷んだ髪をヘアケアするためのヘアケアシャンプーランキングが記事終わりにありますので、読み終わったらにチェックしてくださいね。

話を戻しましょう。セルフパーマはくせ毛による髪のボリュームが気になる方で、自力でストレートパーマや縮毛矯正をかけてみようということなら効果的でしょう。ただ、パーマヘアならではのウェーブ感を長く楽しみたいなら物足りなくなってしまうのです。

慣れやテクニックにもよるかと思いますが、自力でパーマをかけてもウェーブが持つのは長くても2週間程度でしょう。美容院でデジタルパーマをかけ、しっかりケアをすれば半年はウェーブが持ちます。さて、どちらの方が手間とお金を節約できると思いますか?結果的には美容院でパーマをかけてもらった方がお得ということになりますよね。

D-85
つまり、ストレートではなく「キレイなウェーブをつくる」なら、美容院でパーマをかけてもらうことがベストということ。自力でパーマ液を買ってきた方が一回の値段は安く済みますが、長い目で見ると高くなってしまうということですね。自力でやって失敗し美容院へ駆けこんだ場合、余計にお金がかかるだけですからね。

うーんゆか

以前私は某巨大動画投稿サイトで「自力でパーマをかける」という動画を見たことがあります。ドラッグストアで市販のパーマ液を買ってきて、自力でパーマをかけていく様子を撮るというものです。パーマ液をつけて、洗い流して、乾かしてみたところ、投稿者の髪質はまったく変わっていませんでした。

「なんだ、けっこう長めに薬液をつけたのに変わらないじゃん」というオチで動画は終了。ですが、パーマの結果って一週間程度様子を見てみないと、分からないことが多いんですよ。薬液が髪に馴染んで、髪の成分が安定するには一週間程度時間がかかるのです。施術直後の一週間にヘアダメージが加わると、せっかくのウェーブも台無し。

動画の様子を見るとかなりテキトーに進めていたので、かなり髪は傷んだと思うんですよね。だから、その投稿者は一週間後どれだけ髪が傷んだのか、個人的にはその方が気になってしまいました。みなさんも、パーマの仕上がりは当日や翌日だけで判断せず、一週間は髪の扱いにも気をつけましょうね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

【三つ編みして寝るだけ】お金をかけずにウェーブヘア!【貧乏パーマ】

実は「0円でウェーブをつくる」というパーマ方法があるってご存知でしょうか。それが三つ編みをして寝るだけで翌朝にはウェーブヘアが完成しているという「貧乏パーマ」なのです。

h-17
ただねじるだけだったり、靴下に毛先を巻き付けたりと、方法は様々。とにかく「濡れた髪を巻いてクセをつけて寝るだけ」でウェーブ感を出すという楽ちんスタイリング術が貧乏パーマです。市販のパーマ液も使わない、美容院にも行かない、自力でウェーブヘアをつくれる0円パーマ。究極のパーマ代節約になりますね。

e-90
ただし、もちろんデメリットもあります。貧乏パーマのウェーブは、いわば「ウェーブ感のある寝癖」なのでシャンプーをすればすぐに元のヘアスタイルに戻ります。濡らして乾かせば、ウェーブはリセットされるのです。「一回の手間で、より長い期間ウェーブを楽しむ」というよりは「毎日バリエーション豊かにスタイリングを楽しみたい」という方向けですね。

g-69
更に、髪を濡らしたままで寝るということは、自然乾燥させるということ。すると当然髪は傷みますし、乾燥しやすい髪になってしまうのです。

毎晩濡れた髪を三つ編みにして寝れば、毎朝自力でウェーブしたスタイリングを作り出すことはできます。ですが毎日毎日貧乏パーマを繰り返せば、たちまち髪はパサパサになってしまいますよ。貧乏パーマの連発、頻発にはご注意ください。

自力で安く、しかも髪への傷みを最小限に抑えながら貧乏パーマを楽しみたいなら、週に1~2回程度がおすすめ。「明日はウェーブ感を出したヘアスタイルにしたいな」という時には、前日に貧乏パーマを準備してみましょう。また、より髪を傷めないための「正しい貧乏パーマ方法」で実践することも大切です。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

【高過ぎ】美容院のパーマ代に差が出る謎

D-71
そもそも、どうしてパーマ代ってこんなに差が出るのか、不思議に思っている方も多いはず。シャンプー、トリートメント、パーマ、すべて合わせて2万円以上するメニューも珍しくありません。かと思えば、同じようなメニューでも1万円以内で行っている美容院もあります。「値段に差が出てくる理由って一体何なの」と思ってしまいますよね。

パーマ代の「高い」「安い」という差が出てくる理由、それは「どんなパーマ液を使っているか」「立地」です。

美容院の花形、表参道や原宿の美容院はもちろん店舗を維持する「家賃」もお高いもの。ですから、どんなメニューも値段を上げざるを得ませんよね。では「パーマ液」で値段が変わるとは、一体どういうことなのでしょう。

実は、一言でパーマといっても、使用する薬液や機材にはかなりのバリエーションがあるのです。次から次へと薬液も進化するため、流行に敏感な美容師さんだと最新の薬液を揃えているかもしれません。そうすると、どうしてもパーマ代を高く設定することが多くなるでしょう。

ですが、立地が良くて高いアイテムを使っているから「パーマに失敗しない」というわけではありません。パーマの上手な美容師さんは、お客さんの髪質に合わせて薬液の種類や、髪に薬液をつけておく時間を微妙に調整しています。「いかに髪質を見極めて施術をするか」ということが、仕上がりを左右するのです。

B-37
もし、パーマをかけてもらう美容院に迷ったときには、美容院のサイトやブログの写真をチェックしてみましょう。パーマモデルやカットモデルの写真がたくさん出てきますよね。その中で、理想的な仕上がりになっている写真が掲載されている美容院へ行くといいと思います。美容院でどんな仕上がりにしたいかを伝えるときにも、その美容院のサイトにのっていた写真を見せればスムーズ。

つまり、パーマの値段が高いか安いかだけで決めるのではなく、実際のパーマの仕上がりを見て美容院をチョイスするのがベストということですね。カットモデルには、そのお店の技術や趣味趣向が反映されています。値段だけ見て予約をするのではなく、サイトの写真もよく見るようにしましょう。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・自力で行う「セルフパーマ」は一回にかかる値段は抑えられるが、長い目で見ると高くついてしまう。美容院でパーマをかけてもらい、長く楽しめるようにケアした方がより経済的。

・0円で簡単にウェーブが作れる「貧乏パーマ」は髪を傷めやすいので注意。頻度や方法に注意して、最小限の傷みに抑えられるようにしよう。

・パーマの値段は「美容院の立地」と「パーマ液」で決まる。値段だけで判断せず、美容院のサイトやブログの写真も要チェック。理想的なカットモデルの写真が掲載されている美容院へ行ってみよう。

女性はただでさえ「美容関係」にお金がかかります。できるだけ安くキレイになれるのがベストですよね。ですが値段だけですべてを判断するのではなく、髪へのダメージなど長期的に考えて判断しましょう。せっかくの髪を、パサパサダメージヘアにしてはもったいないですからね。