【抜け毛がヤバイ】今すぐ減らす方法はあるの!?

シャンプーをしていて、排水溝に溜まった抜け毛に驚いたことは無いでしょうか。豊かな髪は女性の象徴。その髪がゴッソリ抜けることは、女性にとってかなりショッキングな出来事ですよね。

ちなみにシャンプーをするときには100本、多い時には200本毛が抜けるそうです。とはいえ、次から次へと抜け毛が増えていくことはとても不安です。

そこで、今日からできる抜け毛対策を3つ厳選してみました。特別なサプリや薬は必要ありません。ちょっとした工夫から抜け毛を減らしていきましょう。

抜け毛を減らす方法その1!シャンプーは泡で包み込むべし

まず、見直すべきはシャンプーの方法です。抜け毛予防に効果的なシャンプーは「泡で包み込むように洗う」ということがポイント。シャンプーは手のひらでよく泡立ててから使い、強くこすらず泡で包むように洗いましょう。

理想はソフトクリームです。髪全体を泡で包み込んで髪が泡で立つ位に、シャンプーをふんわり泡立てられたらパーフェクト。それくらいのフワフワな泡でマッサージするような気持で洗ってみると抜け毛が少なくなりますよ。

フワフワな泡が作れないのであれば、泡立てネットを使ってももちろんOK。体を洗うようのスポンジでも良いのですが、洗顔用の泡立てネットの方がきめ細かい泡が作れるので良いですね。

抜け毛の大敵は「摩擦」です。髪の毛の摩擦でシャンプーを泡立ててしまっては、どうしても髪は抜けやすくなります。髪の毛同士が絡まり合い、切れたり抜けたりすることで抜け毛が多くなってしまうのです。

【プチまとめ】シャンプーは頭がソフトクリームのようになるまで泡立てよう。摩擦は最小限に!

それから、シャンプーの質も大切ですね。抜け毛が増えたからと言って40代50代向けのスカルプシャンプーを使ったりしていませんか?10代20代30代のうちに自分より年上向けのシャンプーを使ってしまっては逆効果になることもあります。

→【意外と知らないシャンプーのこと】ノンシリコンシャンプーを使えば安心?詳しい解説記事はこちら。

大切なことは、低刺激にマイルドに洗えるシャンプーをチョイスすることです。ドラッグストアで安いシャンプーをチョイスすると、どうしても頭皮への刺激が強くなってしまいがち。できれば洗浄力のマイルドなシャンプー、又は美容院で販売されているようなサロン専売品を使うことが理想的ですね。

抜け毛を減らす方法その2!ブラッシングは手ぐしで優しく

次に、ブラッシングですが抜け毛が気になるようになって来たらできるだけ「手ぐし」を心がけましょう。きめの細かいコームやブラシで髪の絡まりをとったり、毛流れを整えることを止めてみることも抜け毛予防策のひとつ。

もし髪の絡まりがひどく、ブラシでときたくなっても手でほぐしてみて下さいね。髪の絡まった個所にブラシを入れると切れ毛や抜け毛に繋がります。指で絡まったネックレスをほどくように、絡まった毛先をほぐしていくと意外とスムーズに絡まりが解消されます。

それでもスムーズに手ぐしでブラッシングできない場合は洗い流さないトリートメントを活用するとよりブラッシングしやすくなりますよ。洗い流さないトリートメントは髪を摩擦から守るヘアケアアイテムでもあります。摩擦のダメージから髪を守ることで抜け毛を防ぐことができるというわけです。

【プチまとめ】ブラッシングは手を使おう。洗い流さないトリートメントも活用すれば更にGOOD。

また、ブラッシング前に軽く頭皮をもみほぐすことも、抜け毛を減らすことに繋がります。強い力でマッサージする必要はありません。指の一番柔らかい部分を使って優しく行いましょう。

おでこから頭頂部へ向けて小さな円を描きながら移動してみてください。次は耳の後ろから頭頂部へかけて同じように、首の付け根からまた同じようにと場所を変えながら繰り返してみましょう。

実際にやってみると頭皮が柔らかくなり、血行がアップしていく感じがしてきますよ。血行を促進させて抜けにくい髪を育てていきましょう。

抜け毛を減らす方法その3!ホルモンバランスを整えて女性らしい髪作りを

実は女性の抜け毛を減らすためには、ホルモンバランスを整えることが一番大切だと言っても過言ではありません。女性ホルモンを元気に働かせることができれば、女性らしい髪を育てることができるのです。

ホルモンバランスを整えれば、女性ホルモンが正常に働き髪を元気に育ててくれます。三食バランスのとれた食事を取り、適度な運動や睡眠を取ることって、抜け毛を減らすためには欠かせないことだったのです。

生理不順や生理前症候群などといった女性特有の悩みを抱えている方は、まずはその問題を解決させることが先です。それから、過度なダイエットや飲酒・喫煙もホルモンバランスを乱して女性らしい髪を作りにくくしてしまいますよ。

【プチまとめ】美髪はホルモンバランスから整えるべきと心得よう。よく食べ、よく寝て、ノンストレス!

【抜け毛を減らす】女性も育毛剤を使うべき?その前に医療機関へ相談を

「抜け毛を減らそう」と考えたときに、一番に思い浮かぶことは育毛剤を使うことですよね。ですが、頭皮と育毛剤の相性はまさに千差万別。口コミが良かったからといって、あなたにも効果が出るかどうかは分かりませんよね。

育毛剤をあれこれ使って「効果が出ない」とがっかりする前に、皮膚科などの医療機関に相談する方が早く抜け毛を減らせるかもしれません。皮膚科などの医療機関に相談することで効果的な予防ができる場合もあります。モヤモヤと悩んでストレスをためずに、専門家に相談することも大切です。

何より「抜け毛が増えてきた」と考えすぎることもストレスですよね。ちなみに「ストレスを減らすこと」と「抜け毛を減らすこと」もとても深く関係しています。ストレスを感じると女性は男性よりもホルモンバランスが乱れやすいのです。

【プチまとめ】育毛剤を使おうか迷う前にお医者さんへ。専門家に相談することが近道になるかも。

知っておこう!女性の抜け毛サイクル

とはいえ、頭皮のサイクル、抜け毛のメカニズム、太い髪の育て方はまだまだ分かっていないことも多く研究の途中。一発で効果が出る特効薬のようなアイテムはまだありません。ですが、頭皮のターンオーバーについて知っていれば、抜け毛をヒントが得られるのです。髪こんな風に一定の周期・サイクルで新しい髪を作り続けています。

A-55

簡単に髪の構造を説明すると「ロケット鉛筆」みたいなものです。目に見えている毛はロケット鉛筆の「一番先頭の芯」にあたります。でも、目に見えない頭皮の奥「乳毛頭」では新しい髪を作って待機してるわけです。ロケット鉛筆でいうところの「予備の芯」です。

頭皮の奥で育った毛が成長すれば、伸びていた毛は押し出されて自然と抜けるのです。ロケット鉛筆のお尻から芯を差し込むと先頭に出ていた芯は抜け落ちてしまいますね。そんなイメージです。この周期は毛球によってバラつきがあるので、一気に全ての髪が抜けるということは無いようになっているのだそうです。一日でこのサイクルが回ることはなく、だいたい数カ月おきに回っています。

A-56

髪の周期についてはなんとなくイメージできましたか?通常、ブラシで髪をとかしてもブラシに残った抜け毛はせいぜい数十本でしょう。ですが、髪の周期が乱れていると数百本本以上ブラシについている抜け毛が確認できるそうです。

髪のサイクルが乱れているということは抜ける量も異常がみられますが、新しい毛を作るペースにも異常がみられてきます。ただ古い毛が抜けて新しい毛が成長してこないというように、サイクルが乱れていくのです。

もちろん、40代に入れば自然と髪の量が減ってきたり、出産後に一気に髪が抜けるというケースは女性にとって珍しいことではありません。ですが20代や30代前半でも、急に髪全体の量が減少する女性が増えているようです。専門的にはこの現象をFAGAといい「女性男性型脱毛症」とも呼ばれています。

A-57

【プチまとめ】頭皮のメカニズムはロケット鉛筆!加齢と共にサイクルも変化していく。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・抜け毛予防に効果的なシャンプーは「泡で包み込むように洗う」ということがポイント。シャンプーは手のひらでよく泡立ててから使い、強くこすらず泡で包むように洗おう。

・抜け毛が気になるようになって来たらできるだけ「手ぐし」を心がけよう。洗い流さないトリートメントを活用することも抜け毛予防に役立つ。

・ホルモンバランスを整えれば、女性ホルモンが正常に働き髪を元気に育ててくれる。三食バランスのとれた食事を取り、適度な運動や睡眠を取ることは、抜け毛を減らすためには欠かせないこと。


女性の抜け毛には、女性ならではの予防策があります。男性と同じような抜け毛を減らす方法を試してもあまり効果は期待できないのです。あまりストレスにならない程度に、ゆっくり無理なく抜け毛を減らしていきましょう。