縮毛矯正でハゲたらどうしよう!噂は本当?

g-93
天然パーマや頑固なくせ毛に悩む女子にとって、縮毛矯正は強い味方ですよね。学生時代にお母さんにねだって、美容院で縮毛矯正をかけてもらったという方も多いのではないでしょうか。私もそんな縮毛矯正に頼っていた一人です。

ただ、たまにこんな噂を耳にします。「縮毛矯正ってハゲの原因になるらしいよ」「縮毛矯正の薬がハゲにつながるらしい」などなど。

本当に縮毛矯正が原因でハゲるのであれば、大問題ですよね。「そういえば、縮毛矯正をキッカケにハゲてきたかも」という方、髪に元気が無いという方、正しい情報をぜひ知ってください。

→【人気記事】デジタルパーマでも縮毛矯正はできる?詳しくはこちら。

縮毛矯正だけが原因でハゲることは無いでしょう!

第一に、縮毛矯正が大きな原因となってハゲるということは考えにくいでしょう。美容院で使用されている薬品は人体に悪影響を及ぼさないものばかりです。また、縮毛矯正のメカニズム上、ハゲに関係している「頭皮」へのダメージも少ないんですよ。

確かに縮毛矯正はどんなパーマでも落とせる、強い薬液を使用します。加えて、アイロンで強く毛をひっぱることから髪には強いストレスがかかるのは事実です。

ただ、「育毛」に関わってくるのは「頭皮」の問題です。加齢はもちろん、頭皮に雑菌が繁殖して荒れたことが原因でハゲること、ストレスが原因で髪に栄養が補給されなくなりハゲるというようなことが、ハゲる原因のほとんどです。

B-69
一方、美容院で薬液をベタベタと頭皮に塗るなんてことは、無いでしょう。毛に薬液が浸透して抜けやすくなるというようなことも、考えにくいのです。おそらく「薬剤」と「引っ張る力」のストレスから「ハゲる」というイメージが広がったのだと思われます。

そもそも、美容院では薬事法に反さない、安全な薬液しか使っていません。美容院でも薬事法が関係してくるなんてびっくりですよね。縮毛矯正は妊婦さんにも使用できるくらい、人体には大きな害を及ぼさないのです。

→【縮毛矯正の前に知っておきたいこと】長持ちする秘訣や今更聞けないあれこれ!詳しくはこちら。

そして、縮毛矯正のメカニズムをよく考えてみると「ハゲ」とはあまり関連が無いということが分かってきます。縮毛矯正は半永久的にくせ毛をストレートにする効力があると思っている方も多いようですが、あくまで「かけ続けた場合には半永久的にストレートが楽しめる」程度のものでしかないからです。

根元近くから毛先にかけて薬を塗り、アイロンでストレートで矯正し、そのまま形状記憶させるのが縮毛矯正です。ですが、今生えている毛の下では既に毛がすくすくと成長しています。頭皮の下で育っている毛が、今生えている毛を押し出すため「抜け毛」ができるんですね。そんな頭皮の下で育っていた新しい毛には縮毛矯正の薬液は影響されていないため、くせ毛になってしまいます。だから縮毛矯正はかけ続けなくてはならないのです。

どうでしょう、こんなメカニズムの縮毛矯正、ハゲの原因にはあまり結びつきそうにありませんよね。まだまだハゲる原因は研究段階で科学的にはっきりしていないことが多いのは事実ですが、頭皮への影響が少ないということは、縮毛矯正がハゲの原因になることは考えにくいでしょう。

ハゲが気になってきたら「ホルモンバランス」を整えるべし

f-32
とはいえ「最近ハゲてきた気がする」という女性も、今増えています。その中には最近縮毛矯正したばかりだという方もいますよね。そんな方は、やっぱり縮毛矯正に原因があるのではないかと疑いたくなるでしょう。

ですが、女性はハゲが気になってきたら「ホルモンバランスの乱れ」のサインだと考えるのが正解。女性らしい髪は、女性ホルモンが正常に働いてくれているおかげなのですから。

ですから、髪の異常を感じたら、生理周期や体調・環境の変化が起きていないか考えてみて下さい。食生活と休養の取り方について考え直してみると、ホルモンバランスも髪のコンディションも改善されていきますよ。

g-94
例えば、最近コンビニ弁当ばかり食べていたり、ダイエットを始めてからハゲてきたなんていうこともあります。過激なダイエットや偏った食生活は女性ホルモンの働きを邪魔してしまい、髪の成長も妨げるのです。ちなみに、栄養不足になると人間は第一に、髪と爪への栄養補給をストップするともいわれているんですよ。

g-95
また、女性が会社のトップとして活躍することも、今や珍しいことではありませんよね。ですが、男性よりも女性はストレスに弱く、体調を崩しやすいのです。特にホルモンバランスを調整している器官とストレスを処理する器官が隣接しているため、ストレスによって女性ホルモンの働きを制御されてしまうこともあるんだとか。

生理不順や若年性更年期と共に、20代で薄毛に悩む女性も増えています。ストレスや食生活によって、女性らしさの象徴である髪にも影響が出てしまうんですね。

まずは簡単に取り組める食生活の改善からスタートしてみましょう。効果を実感するまでに数か月かかるかもしれませんが、少しずつ髪も体も元気になってきますよ。いつもコンビニ弁当やインスタントで済ませてしまう方も、大豆食品を一品足してみて下さい。

g-96
大豆食品は女性ホルモンの働きを手助けしてくれる、ということはよく聞く話ですよね。豆腐、納豆、油揚げ、大豆食品ってどれも手間いらずな食品ばかりなんですよね。これらを一品加えるだけなら、自炊する余裕が無くても実践できそう。

D-20
更に、湯船にお湯をはって入浴することがない、シャワーで済ませてしまう女子も改善の必要あり。夜はゆっくり湯船に浸かって体を温めましょう。女性はやっぱり冷えが大敵です。シャワーだけでは皮膚の表面しか温度が上がらないので、芯から温めるためには湯船につかることが大切ですよ。

休養と食事、このふたつから見直してみて、心も体も、そして髪も元気にさせたいですね。ちょっとでも髪の変化に気づいたなら、ぜひ実践してみましょう。

【ハゲより怖い】縮毛矯正で枝毛・切れ毛・縮れ毛が増えてきたら注意!

そして、ハゲよりも怖い「縮毛矯正後のヘアトラブル」についても知っておきましょう。縮毛矯正から一週間は注意深く髪の変化を観察してみて下さい。ハゲる心配は無くても、縮毛矯正が失敗する可能性は十分にあります。

g-97
また、縮毛矯正には保証期間を設けている美容院がほとんどかと思います。不安なこと、急激な髪の変化があれば、その保証期間内に美容院へ相談することがベストです。保証期間であれば、費用も最小限で済みますからね。

特に、縮毛矯正直後の切れ毛やチリチリな縮れ毛は、SOSの信号。薬液で髪の成分が崩れて、うまく修復できていない証拠ですよ。

さて、どうして「一週間」なのかというと、縮毛矯正は一週間程度かけてゆっくり完成されていくから。美容院で施術が終わったらといって、縮毛矯正が完成されたということではないんですね。薬液が馴染んで髪の成分が安定するまでには、一週間程時間がかかります。

だから、縮毛矯正から「一週間」はとても重要な期間。もし、切れ毛・枝毛が増えたり、しっかり髪を乾かしても毛が縮れるという変化を感じたならすぐに美容院へ駆け込みましょう。対処が遅いとカットするしか手段が無くなってしまいますよ。

d-56
ちなみに、縮毛矯正や過度なダメージによるチリチリヘアをケアするサロンもありますよね。そんな専門サロンへ相談してみたくなっちゃいますが、まずは縮毛矯正をかけた美容院へ相談するのがベターですね。使用した薬液や施術を一番知っているのはその美容師さん本人なのですから。もし、美容院の説明や対応に不満があるなら美容院やサロンを変えてみることを考えましょう。

ですが、美容院へ行く時間ってなかなか確保できませんよね。切れ毛や縮れ毛が気になってきたら、とりあえず「髪を濡らしている時間は短く」と「摩擦は最小限に」ということを心がけることが大切ですよ。

→【正しいヘアケアでチリチリ知らず】縮毛矯正のケアは、こちらで詳しく解説中!

とはいえできることなら、トリートメントやヘアマスクで元通りにしたいと思いますよね。ですが、自宅のトリートメントで完全に修復する可能性はかなり低いのです。なぜなら、薬剤で乱されてしまった髪の成分は、市販のトリートメントでは修復できないから。縮毛矯正から数日後に美容院でケアをしても「完全に元通り」は難しいのですが、自宅のケアでごまかすよりは、はるかにいいですね。

E-42
そもそも、傷んだ髪を元通りのサラサラヘアにするということは、どんなアイテムを使っても難しいです。チリチリパサパサになった毛先は、もうカットするしかないでしょう。ですが、できる限り早く対処すれば、切れ毛や縮れ毛も最小限に抑えることができ、カットする部分も最小限で済みます。

縮毛矯正のトラブルは自己判断のホームトリートメントより、美容院へ相談が何より大切。美容院でしかできないケアや施術を早めに受けて、スタイリングを楽しめるようにしたいですね。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・縮毛矯正は頭皮への影響が少ないことから、ハゲの直接的な原因になることは少ない。

・ハゲが気になってきたらホルモンバランスが乱れているサインかも。食生活を整える、休養をしっかりとることを、まずは心がけてみて。

・縮毛矯正から一週間は髪の変化に要注意。切れ毛や縮れ毛は髪からのSOS。早めの対処が大切。


女性にとって「自分がハゲる」なんて、絶対に考えたくないですよね。ましてや、サラサラヘアになるはずの施術でハゲるなんて、あり得ない。そこは安心してください、縮毛矯正とハゲは直接的に結びつきませんからね。ぜひ自分の髪質を理解してくれている美容師さんへ、大切な髪を任せて、縮毛矯正を楽しんでください。