朝シャワーって髪にはいいの?悪いの?

B-72
朝シャンっていつから流行り始めたんでしょうね。いつの間にやら「朝シャン派」という言葉がメジャーになっていました。私は朝寝坊してしまうので、朝シャワーを浴びる余裕なんてないのですが・・・。

そんな朝シャン、健康にもいいと言われていますが「髪」にとっては本当にいいことばかりなのでしょうか。実は最近「朝シャンプーしない方が髪にはいい」という声が大きくなっているのです。

どうして朝シャンは髪に悪いのか、夜しっかりシャンプーをするべき理由などなど、気になることを一気に解説しちゃいます。くせ毛・フケ・かゆみ、ヘアトラブルを抱えている方も、もしかしたら朝シャワーが原因だったのかもしれませんよ。

【朝シャン】朝シャワーをしない方がいい理由

ずばり、朝シャワーを浴びることは髪にとってあまりメリットがありません。ポイントとなるとは「汚れと皮脂とシャンプー」の関係です。汚れを落とすタイミング・頭皮から皮脂が出されるタイミング・シャンプーで洗い流すタイミング、これらが髪の成長や美しさを決めます。

夜にシャワーをせず、朝だけシャワーをすると健康な髪が育ちにくくなり、くせ毛も増えやすくなるでしょう。一日の汚れを残したまま寝るということは、髪が一番成長する時間帯を無駄にしているということでもあるのです。

g-47
ベストなシャワーのタイミングは「夜」です。また、夜の10時前にはシャワーを済ませてしっかり髪の汚れを落として、しっかり乾かせておくことがベストなのです。そして、朝にはシャワーを浴びず、そのままスタイリングを始めましょう。

→【デジタルパーマのもちが変わる】シャンプーでデジパは長持ちになる、詳しくはこちら。

g-48
就寝する時間帯は、体ではホルモンバランスを調整する「ゴールデンタイム」に突入します。このゴールデンタイムに頭皮に汚れが残っている状態では、髪の成長を邪魔する原因にもなります。髪は頭皮の下から押し上げられるように、新しい毛が生えてきます。その「押し上げられる」時に毛穴に汚れが残っていると、まっすぐに生えてくることができませんよね。すると、毛がうねって「くせ毛」になってしまうのです。

また、頭皮の潤いをキープするための皮脂も夜に分泌されるため、朝にシャワーをするとバランスが崩れてしまう恐れがあります。せっかく頭皮や髪を守るために皮脂を出したのにすぐに洗い流されてしまうと、頭皮の環境はかえって悪くなってしまうのです。

つまり、髪が成長する夜を清潔な状態で過ごして、朝は余計な手を加えないということが大切。だから、朝のシャワーは髪にとってあまりメリットが無いんですね。それなのに、朝にシャンプーするってどうしてこんなに広がったのでしょうね。

g-49
ちなみに、朝にシャワーを浴びるということが流行り出したのは、1980年代後半のCMがきっかけなのだそうです。朝シャンプーをして、いい香りの髪で出かけようというコンセプトのシャンプーが発売されて爆発的な人気が出たのです。更には洗面台にシャワーがついて、簡単にシャンプーできるようになったのも、影響してたんだとか。結局、メーカーのイメージ作りが、朝のシャンプーを流行らせたということになりますね。

g-50
そして、朝シャワーをする方の多くは「寝汗をかくから、シャンプーしないと気持ち悪い」という理由があるでしょう。確かに、汗びっしょりの状態で出かけるのは嫌ですよね。汗臭くなるのではないかという心配もあります。

寝汗を朝のシャワーで洗い流したいなら、シャンプーはいつもの半分の量にしてみてはいかがでしょう。そもそも、余分な皮脂や汗は40度程度の温かいお湯だけでも洗い流せると言われています。指の腹で頭皮をマッサージして、しっかりとお湯を頭全体に馴染ませれば、お湯だけでも十分な効果があるのです。

ですが、いつもシャンプーを使っているのにいきなりお湯だけで済ませるということはちょっと勇気がいりますよね。しかも、ロングヘアの場合ぜひトリートメントやコンディショナーもしたいので、その前にはシャンプーもしておきたいものです。なので、朝は夜に使うシャンプーの半分の量で行いましょう。

お湯で頭皮をしっかりと洗ったら軽くシャンプーをして、すぐにすすいでしまいましょう。次に、簡単にコンディショナーで髪の流れを整えたらすぐにすすぎお風呂を出ると、「髪にも良い朝シャン」を実践することができますよ。

朝も夜も!一日に回のシャンプーが髪に悪さをする!?

B-91
中には「朝も夜もしっかりシャンプー&トリートメントしている」「汗が気になって何度も洗髪してしまう」という方もいるかもしれませんね。ですが、一日複数回シャンプーをし続けていると、頭皮の環境が乱れてフケやかゆみを引き起こしてしまうことがあるので要注意です。頭皮は髪を育てる土台、土となる部分です。健康な頭皮を維持していないと、きれいな髪も維持できませんよね。

g-51
実は頭皮って、自分で自分を守るために皮脂の量を調節しているので、手を加えすぎる必要はあまりありません。過度に洗いすぎたり、必要のないケア商品を頭皮に塗ってしまうとまったくの逆効果になり、頭皮が荒れてしまうことがあるのです。

特に「洗いすぎ」は頭皮の大敵。せっかく紫外線や乾燥、雑菌から守るための皮脂を出したのに、洗い流されてしまうと、頭皮では「緊急事態」と判断されてしまいます。「もっともっと皮脂を出さないとまた洗い流されてしまう」と勘違いした頭皮が皮脂を出し過ぎて、フケやかゆみを引き起こしてしまいますよ。

g-52
ですから、一日一回、何度もシャンプーをしないことが髪にとってはベストなのです。そうすると、きちんと頭皮環境のバランスを取ることができます。

よく、頭皮にもオイルパックをするというケア方法を聞きますが、あまり万人向けな方法ではありません。余分な油を頭皮につけることでバランスを崩してしまうこともあるので、ちょっと注意が必要ですね。過度な乾燥肌の場合保湿がうまくいくこともありますが、まったく逆効果になってしまうこともあるでしょう。

シャンプーにもこだわって、きれいな髪を育てよう

f-66
そして、シャンプーのタイミングにこだわるなら、シャンプーの選び方もぜひこだわってみましょう。シャンプーをするときには「余分な汚れだけを洗い流す」という適度な洗浄力・洗い方が大切です。夜に一日の汚れを洗い流して、きれいな髪を育てる手助けをしてくれるようなシャンプーを選びたいですね。

あまりおすすめできないシャンプーは「洗いすぎてしまうシャンプー」です。夜に根こそぎ頭皮の皮脂を洗い流してしまうと、バランスが崩れてしまいますよね。しかも、洗浄力が強すぎると、トリートメントの効果を邪魔してしまうこともあるんですよ。

→【自分に合ったシャンプーが分からない・・・】見極めのポイント、詳しくはこちら。

シャンプーの洗浄力を見極めるポイントは「成分表」です。どんな界面活性剤が使用されているかで、シャンプーの特徴があらわれます。この界面活性剤のバランスってプロが一番気にしていることなんですって。

g-53
とはいえ、難しい界面活性剤の名前を覚えるのは至難の業。カタカナばかりで、すぐには覚えられませんよね。最初に覚えておきたい成分は「硫酸」「スルホン酸」です。成分表の一番最初に書かれているものが「硫酸」「スルホン酸」と書かれているものは、洗浄力が強すぎる傾向にあります。最初は「硫酸」「スルホン酸」という名前が先頭に書かれていないシャンプーをチョイスすることから始めてみましょう。

g-54
「オーガニック」「天然成分」「無添加」という名前についついひかれてしまいがちですよね。ですが、シャンプーはあくまでも「洗剤」です。洗剤の決め手はなんといっても洗浄力。ですから、界面活性剤でシャンプーを選ぶってすごく大切なんですよ。

より、髪が育ちやすい環境づくりができるシャンプーを夜使って、しっかり休む。そして、朝のスタイリングをスムーズにする。この流れを実践して、サラサラな髪を作っていきましょう。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・ずばり、朝シャワーを浴びることは髪にとってメリットが少ない。夜にシャンプーをしてから寝て、朝はシャワーをしないことがベスト。

・一日に二回以上シャンプーをするとフケやかゆみの原因になることがある。洗髪は必要最低限に抑え、頭皮のバランスを整えよう。

・洗浄力でシャンプーをチョイスすることも、髪の健康をキープするためには大切。成分のトップに「硫酸」「スルホン酸」と書かれているシャンプーは避けて選んでみて。



「髪を洗う」って毎日欠かせない習慣ですよね。何気ない習慣ですが、ヘアケアの基本こそシャンプーだと思います。タイミングとシャンプー選びを正しく実践していけば、更にヘアケアの効果が出やすくなること間違い無しですよ。