なんでもノンシリコン!洗い流さないトリートメントもノンシリコンがいいの?

f-69
ノンシリコンシャンプーが登場してからすっかり「ノンシリコンのヘアケアグッズ」が人気になりました。ノンシリコンシャンプー、ノンシリコントリートメント、ノンシリコン洗い流さないトリートメントなどなど。

ですがノンシリコンの洗い流さないトリートメントって色々な疑問があるかと思います。「せっかくノンシリコンシャンプーを使っているのに洗い流さないトリートメントにはシリコンが入っていていいのかな」と感じている方も多いでしょう。「ノンシリコンの洗い流さないトリートメントって効果的なのかな」と買おうか迷っている方もいるかもしれませんね。

「ノンシリコン」だけがヘアケア商品を選ぶ基準なのでしょうか。あなたがどんな効果を求めているのか、それによって洗い流さないトリートメントの選び方はがらりと変わるのです。あなたは洗い流さないトリートメントを使うことによってどんな髪になりたいですか。

【ノンシリコン】洗い流さないトリートメントの落とし穴


ついつい「ノンシリコン」という言葉にひかれてヘアケアグッズを選びがちですが、意外な落とし穴があるので注意が必要。特に洗い流さないトリートメントはノンシリコンの場合、効果が感じにくくなることがあります。

どうしてノンシリコンの洗い流さないトリートメントは効果が感じにくいのか、それは毛をコーティングする力が弱いからです。洗い流さないトリートメントには「髪の指通りが良くなる、さらさら髪になる」という効果を期待しますよね。

D-40
ですがノンシリコンの場合この「指通りが改善される」という効果がどうしても出にくくなってしまいます。シリコンって実は、効率的に・安全に毛をコーティングしてサラサラ・ツヤツヤな髪にしてくれる便利な成分だったのです。

→【パサパサがウルツヤに】洗い流さないトリートメントを使った方がいい理由&選び方、詳しくはこちら。

つまり「ノンシリコンな洗い流さないトリートメントは洗い流さないトリートメントらしからぬ洗い流さないトリートメント」だと言っても過言ではないのです。ちょっとややこしい言い方になってしまいましたね。洗い流さないトリートメントの本来の役割は「髪の傷みの元を軽減させて髪を守ること」です。ですが、ノンシリコンで洗い流さないトリートメントをつくると、どうしても本来の役割を果たしにくくなってしまうということだったんですね。

【ノンシリコンだと効果半減】洗い流さないトリートメントは髪をダメージから守ることが役目


さて、どうしてノンシリコンの洗い流さないトリートメントは効果が感じにくくなってしまうのか。それはシリコンの性質について分かるととても分かりやすくなります。ちょっと洗い流さないトリートメントの成分表を見てみましょう。

ちなみに、ヘアケアグッズに使用されているシリコンは製品の成分表を見ても「シリコン」とは書かれていません。「ジメチコン」「ジメチコノール」や「シクロペンタシロキサン」といったシリコン成分が洗い流さないトリートメントによく使われている種類です。
f-94
シリコンがヘアケアグッズに配合されているのは「毛をコーティングするため」です。一時、この「コーティングする力」によって髪が窒息する、髪や頭皮がふさがれて悪影響を及ぼすという知識が広がりました。

ですが、現在ヘアケアグッズに使用されているものは水に溶けやすく、通気性の良いシリコン成分がほとんどとなっています。なので、以前広がってしまったシリコンの「髪が窒息する」というような事態は起こりにくいのです。

そして、洗い流さないトリートメントの役目も「髪をコーティングして傷みの原因を軽減する」ということ。これってシリコンの成分の特徴とよく似ていますよね。毛をコーティングして熱や摩擦といった髪が傷む原因から守ることが洗い流さないトリートメントの効果なのです。

f-95
特にドライヤー前に洗い流さないトリートメントを髪につけることが効果的。ドライヤーの熱で髪を傷めること、髪同士がこすれて髪が傷むことを防いでくれるのです。

つまり、洗い流さないトリートメントとシリコンは非常に相性が良いということ。シリコン成分で毛をコーティングして摩擦を防いだり、熱が髪に伝わりにくくなるということです。

ノンシリコンだからって本当に安心?ノンシリコンの洗い流さないトリートメントはどんな効果があるの?

ここまでで、シリコンが洗い流さないトリートメントにどうして使用されているのかという目的・効果が少しご理解いただけたかと思います。とにかく、髪が傷む原因である摩擦や熱を髪に伝えないためにシリコンが髪を守ってくれていたんですね。

さて、それではノンシリコンの洗い流さないトリートメントって一体何が入っているのでしょう。「洗い流さないトリートメント」である以上、髪にツヤを出す、指通りを良くするという効果を出すためにシリコン以外の成分を使用しているはずですよね。

なんと、「ラウリル硫酸」というような界面活性剤が使用されているようなノンシリコンタイプの洗い流さないトリートメントもあるのです。ちょっとシャンプーに詳しい方だとピンとくるかもしれませんね。

→【安くて質のいいものを】ドラッグストアでシャンプーを上手に選ぼう、詳しくはこちら。

B-82
「ラウリル硫酸」はシャンプーによく使用されている界面活性の一種で、髪には強すぎる洗浄力を持っていることで有名。シリコン使わない代わりに、このような界面活性剤を使用して髪に馴染みやすくしようとする洗い流さないトリートメントがあるのです。

E-53
そういった界面活性剤やシリコンに頼らずに洗い流さないトリートメントを作ろうとすると、オイルを使用したタイプが多くなります。よくあるのはオーガニックタイプの洗い流さないトリートメントですね。ただ、オーガニックタイプのノンシリコンな洗い流さないトリートメントは、ドラッグストアで販売されているような洗い流さないトリートメントの2~3倍の値段のものが多くなてきます。

つまり、低価格でノンシリコンの洗い流さないトリートメントを探すとどうしても髪に刺激の強い成分が使われていることが多くなってしまうのです。もし、ノンシリコンの洗い流さないトリートメントを購入するのであれば一本2,000円以上出すつもりで探してみて下さい。そして、シリコンの代わりにどんな成分が使用されているかをチェックすることも大切です。

「別にそんなに高いならノンシリコンの洗い流さないトリートメントじゃなくてもいいや」って思いますよね。では、シリコンが入っていてもできるだけ髪に優しく、効果の高い洗い流さないトリートメントを選べるようにしましょう。

D-3
例えば、洗い流さないトリートメントの成分表を見て何が多く配合されているのかを見てみるのです。写真の成分表を見ると、この洗い流さないトリートメントは水が一番多く含まれているということが分かります。その次に書かれているのは「ジメチコン」というシリコン成分ですね。

D-62
水がたくさん入っているよりは、髪に効果的な成分がたくさん入っている洗い流さないトリートメントの方がいいですよね。次の洗い流さないトリートメントの成分表は一番多く含まれているのは「ソクロペンタシロキサン」というシリコン成分であることが分かります。これなら水で「かさまし」されているわけでも無いですから、より一層髪をサラサラにしてくれる効果が高そうです。

こんな風にちょっと洗い流さないトリートメントの裏面をチェックするだけで、効果が予想できるんですね。洗い流さないトリートメントの売り場で迷ったときには少し成分表を見てみるようにしましょう。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・ノンシリコンの洗い流さないトリートメントは効果が実感しにくい場合が多い。指通りを良くしたいというような目的でノンシリコンの洗い流さないトリートメントを買うと満足できないかも。

・洗い流さないトリートメントの役目も「髪をコーティングして傷みの原因を軽減する」ということ。シリコンの髪をコーティングする力が洗い流さないトリートメントの効果をより高めてくれる。

・ノンシリコンの洗い流さないトリートメントはシリコンの代わりに界面活性剤を使用している場合もある。刺激の強い界面活性剤である場合もあるため要注意。



ノンシリコン系のヘアケアグッズが売れ始めて以降、すっかり「シリコン=使用NG」というイメージが強くなってしまいました。ですが、化粧品にもよく使用されているほどシリコン成分は安全性の高い成分です。それどころか、シリコンの代わりに髪に刺激の高い界面活性剤が使用されていては本末転倒ですよね。洗い流さないトリートメントを使用する目的と、成分の効果を正しく知って商品を選びましょう。