さらさらロングヘアは女子の夢!早く髪を伸ばしたいなぁ

f-43

さらさらロングヘアはいつの時代も「美」の象徴です。七五三や卒業式、成人式には一生懸命髪を伸ばし、きれいにスタイリングしてもらっていたという方も多いでしょう。やっぱりここぞという時には女性はロングヘアで臨むものです。

ただ「なかなか髪が伸びないなぁ」と悩んだことも多いはず。私も子供のころ、親にショートカットにされてしまったときはロングヘアの友達がうらやましく、早くロングヘアにならないかなと悩んだものです。

ですが、どうして超ロングヘアになるタイプと、なかなか髪が伸びない人と別れてしまうのでしょう。そして、せっかくのロングヘアですから「キレイに伸ばす」ということも課題の一つですよね。

「早くキレイに髪を伸ばしたい」という場合、どんなことに気を付けるべきなのか。しっかりポイントを抑えてさらさらロングヘアを目指しましょう。

【残念】髪が劇的に早く伸びる方法は現在無い

f-51

いきなり残念なお知らせではありますが一気に数十センチも髪が伸びるような方法や食べ物は現在のところありません。意外にも髪、育毛はまだまだ分からないことだらけ。研究の途中なのです。

ですが、髪の伸びる平均的なスピードは分かっています。だいたい一日に0.3~0.4ミリ程度だそうです。つまり、一年間まったく髪を切らなかったとしても10センチ伸びるか伸びないかということ。しかも引っ張られたり、ダメージが加われば、髪が切れたり抜けたりしてしまいます。

f-45

つまり、じっくりと髪を育ててロングヘアを目指すしかないということになります。課題は切れ毛や抜け毛を最小限に抑えて髪の成長を促進させるということです。実は髪を伸ばすって地道な作業だったんですね。

ちなみに、髪を結んだ方が早く髪が伸びるという噂をよく聞きますがあれはウソ。毎日きつく髪を結ぶことを繰り返していては、早く髪が伸びるどころか髪が切れてしまいます。縛っているゴム、引っ張る力が髪にダメージを与えてしまうのです。

D-86

そして毎日60~70本、髪は自然と抜けてしまうとも言われています。常に髪は成長と抜け毛を繰り返していつのでこれは仕方ない量ですね。「せっかく髪を伸ばしているのに何十本も抜けた」とがっかりしないようにしましょう。だって頭には10万本以上の毛が生えているのですから、数十本抜けてもあまり焦る必要はありません。

良い食事と睡眠が髪を育てる

さて、髪をできるだけ早く伸ばすためには大切に髪を育てる必要があります。ずばり、よく食べ、良く寝ることが髪を伸ばす上で一番のポイントなのです。

f-46

更に詳しく説明すると、きちんとホルモンバランスを整えることでスムーズに髪を育てることができます。髪のコンディションはホルモンバランスと大きく関わってくるのです。キレイにスムーズに髪を伸ばすためにはホルモンバランスを整え、髪が育ちやすい環境を作りましょう。

ずばり、女性らしい髪は女性ホルモンの働きがあってこそ。実は、女性ホルモンは「髪を伸ばせ」「髪を増やせ」という指令を出すとても大切な役割を担っているのです。

ストレスを溜めすぎたり、無理なダイエットは女性ホルモンの働きを邪魔してしまいます。生理不順といった女性特有の悩みも女性ホルモンのバランスが崩れていることが原因。髪を早く伸ばしたいなら、ホルモンバランスを整えることから始めましょう。

f-47

例えば、食事はジャンクフードやコンビニ飯ばかりにしないことはとても大切。女性は大豆食品やビタミンが豊富な野菜、マグロやカツオなどの魚も積極的に食べるようにして下さい。あとは夜はしっかりお風呂で体を温めて、良質な睡眠を確保して。健康的な食事と良質な睡眠がホルモンバランスを整え、髪を伸ばす方法としては一番の近道なのです。

特に、無理なダイエットは髪を伸ばしたいなら絶対に避けましょう。体は栄養が不足するとまず「爪」と「髪」へ送る栄養を制限するのです。つまり、ダイエットし始めると髪は栄養不足になり髪が伸びにくくなるというわけ。もちろん、女性ホルモンの働きにも影響してくるので、無理なダイエットは「美」の大敵なのです。

髪を伸ばしたいならまずは食事と睡眠から見直してみましょう。ホルモンバランスも整えられて女性にとってはいいことづくめですよ。

→【抜け毛の原因はホルモンバランス】根本から抜け毛をストップ、詳しくはこちら。

美容院は2か月に1度程度、毛先をそろえる程度に切ってもらおう

f-48

さて、理想のロングヘアを手に入れるためには早く髪を伸ばすだけではだめ。キレイに髪を伸ばさなくては、意味がありません。

キレイに髪を伸ばすためにはやはり定期的に美容院へ行って毛先を揃えてもらいましょう。どうしても毛先ってダメージが出やすいですよね。キレイに髪を伸ばすには毛先をカットして「ダメージをリセット」する必要があるのです。

ただ、美容院へ行くペースは2か月に1度程度で充分。先ほどの髪が伸びるスピードの話に戻りますが、二か月に一回1センチずつカットしても1年で5センチは伸びますからね。

逆に毎月どんどん髪をカットしてもらっては、なかなか髪は伸びないでしょう。美容師さんには「今一生懸命髪を伸ばしているんです」とアピールしてからカットしてもらってくださいね。

美容院のハサミってすごい!自宅カットは髪を傷めるだけ

中には「美容院へ行くのはもったいないから自分で毛先を揃えればいいじゃん」と感じる方もいるかもしれません。確かに、たった1センチ程度なら自分で切れるかもしれませんね。

ですが、「美容院でカットする」ということに「キレイに髪を伸ばす」ためには欠かせません。自分で切ると、ただ髪を傷めて枝毛を生むことになるのです。

f-49

美容院のハサミは髪をキレイに切るために作られたハサミ。プロのハサミは髪を傷めずにカットできるのです。事務用のハサミ、紙を切るハサミとはまったくの別物と言っても過言ではありません。

どうして普通のハサミで髪を切ると傷めてしまうのでしょう。それは一般的なハサミで髪を切ると断面がつぶれたり、ギザギザしてしまうため。美容院のハサミは髪の断面もキレイに整えながら切ることができるのです。

意外にもこの「髪の断面」がどうなっているかということはとっても重要。野菜でも切れ味の悪い包丁で切ると、断面がぐちゃぐちゃになってしまうことがありますよね。特にトマトは切れ味の悪い包丁でカットすると潰れてしまいます。髪もこのトマトと包丁の関係によく似ているんです。

髪の切るときに断面をつぶしてしまったり、ギザギザにしてしまうと髪は傷み、枝毛や切れ毛を生んでしまいます。ですが断面をキレイにカットすることができれば毛先はキレイに見え、ダメージは出にくくなるのです。

枝毛はロングヘアの敵!キレイに伸ばそう

だから枝毛を発見しても、できれば事務用のハサミでは切るのを避けて美容院でカットするのがベスト。あまりにも枝毛の量が多い場合は自宅のハサミで切りたくなってしまいますが、1、2本であれば美容院へ行くまで枝毛は放置しておきましょう。

とはいえ、枝毛はできないのが一番。枝毛はキレイに髪を伸ばす上で一番の邪魔者ですよね。ロングヘアでも枝毛がたくさんあっては、サラサラヘアとは言えません。

ずばり、枝毛は一度できると修復できません。枝毛ができたときの対処はカットしてもらうしかないのです。枝毛ができてカットすることを繰り返していては髪を伸ばすのにますます時間がかかってしまいますね。

やっぱり枝毛を増やさないためには「定期的に美容院でカットしてもらうこと」と「ダメージから髪を守ること」が大切。特にコテやアイロンを毎日スタイリングに使っている方は枝毛ができやすいので超注意です。

→【人気記事】結局どっち?コテとパーマはどっちが傷む?詳しくはこちら。

D-23

まず、アイロンやコテの熱のダメージを軽減させるようなスタイリング剤は使っていますか?「ヒートプロテクト効果」「熱から髪を守る」と書かれているようなスタイリング剤を髪につけてからコテやアイロンを使うようにしましょう。

f-50

そして、毎晩のドライヤーも熱を使うため髪にダメージを与えてしまいます。ですが、髪を乾かしてから寝ることはサラサラロングヘアを作る上で欠かせません。

ぜひ「洗い流さないトリートメント」を使って髪をコーティングしてからドライヤーを使うようにしましょう。洗い流さないトリートメントをドライヤー前に髪につけることで、熱から髪を守り余計な摩擦も防ぐことができます。

枝毛は髪のダメージが蓄積しているよという髪からの信号です。枝毛を作らないように熱ダメージから髪を守るということを徹底しましょう。更に定期的に美容院で毛先を整えてもらえばキレイに髪を伸ばすことができるのです。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・髪は一年で10センチ程度しか伸びない。成長途中で切れることがないよう髪を守り、育てることがポイント。

・髪をできるだけ早く伸ばすためにはホルモンバランスを整えることが大切。スムーズに髪が伸びるようにバランスの良い食事と睡眠でホルモンバランスを整えよう。

・2か月に一回程度美容院で毛先を整えてもらえばキレイに髪を伸ばすことができる。枝毛はできないよう、髪のダメージを防ぐように工夫して。


「髪が伸びたらどんなスタイリングにしよう」と想像するとワクワクしますよね。ショートヘアならではのスタイリングもたくさんありますが、やっぱり髪を伸ばすとスタイリングの幅はぐっと広がります。ダメージを最小限にして、きれいに毛先を整えながらさらさらロングヘアを目指しましょう。