デジタルパーマかけたいけど、私の髪質で成功するのかな?

B-34
ある日、友達が「デジタルパーマかけたんだけど、めちゃくちゃいいよ」と私に勧めてきました。確かにキレイにカールがかかっているし、一気に雰囲気も華やかになったように見えます。だけど、私の髪質と彼女の髪質は違うし、デジタルパーマが成功するか不安。

そっかーゆか

こんな経験、一度はあるのではないでしょうか。髪質は体質や個性のように十人十色です。パーマのかかりやすさ、成功するか、失敗するかも髪質によってまったく変わってきますよね。

実は髪質に合わせたパーマのチョイスってとても大切なのです。パーマの種類が日に日に増えている今、髪質に合わせてパーマを選ぶことができます。ぜひ自分の髪質で成功しやすいパーマをチョイスし、憧れのスタイリングに近づきましょう。

もくじ


1.デジパは剛毛タイプ向き
2.猫毛に向いているパーマはこれ
3.まとめ

デジタルパーマ、成功しやすいのは剛毛タイプの天然パーマ

f-31
ずばり、デジタルパーマは髪質の硬い、毛の太さも太めな「頑固な天然パーマ」的髪質の方が成功しやすいです。デジタルパーマはパーマの中でもかなりパワーのある種類。硬くて頑固な髪には矯正力のあるパーマが合っているのです。

針金のように硬い髪質には強い矯正力のあるパーマじゃないと効かないということなのです。逆に、髪が柔らくて細い、猫っ毛にはデジタルパーマは強すぎる可能性があります。

そもそもデジタルパーマはちょっと縮毛矯正に似ています。薬液を髪つけて、アイロンの熱で髪をまっすぐに矯正するのが縮毛矯正のメカニズムです。硬くて頑固なくせ毛だと、縮毛矯正のように「薬液」と「熱」というダブルパンチを加えないと、サラサラストレートにできないんですね。

一方デジタルパーマは薬液をつけて、デジタルパーマ用の機械に髪を巻き付けて熱を加えていくのです。つまり、縮毛矯正にカールをつけたようなイメージですね。

更にデジタルパーマの嬉しいところは強いクセも一気に矯正してくれて、長くパーマが楽しめるというところ。弱めのパーマだとすぐにチリチリ、ウネウネとした頑固な天然パーマが出てきてしまいますからね。

私も経験がありますが、頑固な天然パーマに悩む方がまずチャレンジするのが縮毛矯正ですよね。長い場合には半年ほどストレートヘアが持続する矯正力の強さが縮毛矯正の魅力。

デジタルパーマもかなりのキープ力、矯正力があります。個人差はありますが短くて3か月、やはり長いと半年程度カールが持続することもあるようですからね。厄介なくせ毛を封印したいという天然パーマには嬉しい限り。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

要注意!しっかりヘアケアで長くパーマを楽しもう

f-32
ただし、いくらデジタルパーマがかかりやすいからといっても油断は大敵。デジタルパーマの大変なところはしっかりヘアケアをしないとすぐにパサパサになってしまうところなのですから。

私のような硬い頑固な髪質にはよくある悩みなのですが、強いパーマじゃないとかかりにくい分、髪がすぐに傷んでしまうのです。傷んだ髪を放っておくとすぐにパサパサ。これがデジタルパーマのデメリットだと言えるでしょう。

シャンプーの仕方、髪の乾かし方、スタイリングの仕方にはかなり気をつけなくてはならないのがデジタルパーマの面倒なところ。アフターケアはしっかり美容師さんに確認して、ヘアケアを怠らないぞという覚悟の元、デジタルパーマをかけるようにしましょう。

ビューティーヘアラボラトリでは最新のシャンプーランキングを公開しています。優しい成分のアミノ酸シャンプーがランキング上位を独占していますので、あなたのヘアケアシャンプー探しに役立ててみてくださいね。(記事終わりにもリンク貼っておきますね。)

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

猫っ毛さんにはふわっと仕上がるエアウェーブがぴったり

f-33
「髪質がしっかりしている人はいいなぁ」と猫っ毛の皆さんは思うかもしれませんね。ですが、そのフワフワとした髪質は剛毛には無い魅力でありチャームポイントです。

そんな細くて柔らかな髪質には、フワフワ感やボリューム感の出やすいパーマが合っています。デジタルパーマはちょっと強すぎますが、エアウェーブなら髪質も活かすことができるのでぴったりでしょう。

f-34
エアウェーブを簡単に説明すると、温風を髪に吹きかけていくというパーマです。だからこそデジタルパーマには出せないフワフワ感、ボリューム感が出せます。

デジタルパーマはカールがしっかりとかかるというメリットがあるのですが機械のメカニズム上、髪の根元への施術が難しいと言われています。頭皮にデジタルパーマの機械が当たると熱くて火傷してしまいますからね。

ですがエアウェーブであればそういった「火傷」の心配が少なく、髪の根元までしっかりカールをさせることができます。髪の根元をしっかり立ち上がらせることができるから、デジタルパーマには無いフワフワ感が出せるというわけ。

特に、猫っ毛にとっての大きな悩みは「ボリューム感が出ない」「髪がすぐぺしゃんこになる」ということですよね。エアウェーブはじっくりと髪に熱を加えるので、しっかり根元から髪を立ち上がらせることができるパーマなので、そんな悩みを持った髪には向いています。

つまり、髪の毛先をしっかりカールさせるのが得意なデジタルパーマ、ふわっとしたボリュームを出すのが得意なエアウェーブというイメージ。パーマのメカニズムによって得意なスタイリングがありんですね。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

【意外なヘアケアの落とし穴】エアウェーブを長持ちさせるために

そして、もちろん猫っ毛な髪質にもヘアケアは欠かせません。ただちょっと剛毛タイプのヘアケアとはちょっとポイントが違います。

f-30
ずばり、過度なトリートメントやヘアパックは避けて、摩擦を減らすことが猫っ毛にぴったりなヘアケアなのです。それがエアウェーブをキレイに保つコツでもあり、髪にボリュームを出すポイントでもあります。

「過度なトリートメントを避ける」ってちょっと意外かもしれませんね。ですが、猫っ毛な髪は湿気やトリートメントの成分を吸収しやすいという特徴があり、過度なトリートメントは髪が「ぺしゃんこ」になる原因になるのです。

猫っ毛さんはパーマをかけたからといって、たっぷりのトリートメントを髪につけ長時間パックするようなことはやめましょう。あくまでもトリートメントに書かれている使用方法通りのヘアケアをしてください。トリートメントの油分などを吸収しすぎて、せっかくのカールが取れやすくなってしまいますよ。

B-49
そして、摩擦によるダメージにも気をつけなくてはいけません。髪の絡まりに無理矢理ブラシを通したりしていませんか?お風呂上りにきつくゴシゴシとタオルドライしていませんか?摩擦は猫っ毛の大敵ですよ。

実は猫っ毛って、キューティクルが剛毛な人よりも少ない傾向にあるのです。キューティクルとは髪を守るマントのようなもの。例えるなら、剛毛で硬い髪質は何枚もマントを重ねて着ている状態なのですが、猫っ毛な髪はマントの数が少ないということです。

キューティクルが少ないとブラシや髪同士の摩擦でもすぐに髪が傷ついてしまいます。髪が傷つくと髪のコシも無くなっていきますし、水分も逃げやすくなります。それではせっかくパーマをかけてもダメージの方が強くなって元気の無いパサパサ髪になってしまうのです。

つまり、細く柔らかい猫っ毛は過度にトリートメントし過ぎないこと、摩擦を避けて髪を扱うことがパーマをキープするポイント。「パーマがすぐ取れちゃった」と度々パーマをかけ直してダメージを蓄積するようなことが無いように、ダメージレスなヘアケアで長くパーマを楽しみましょう。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

髪が傷まないパーマなんて無い!パーマをかける前に知っておきたいこと

時々「デジタルパーマなら長くパーマが楽しめそう」とか「エアウェーブの方がダメージが少ないと聞いた」というような理由でパーマをチョイスする方がいます。ですが、パーマが長くキープできるかどうかは髪質やヘアケアによって変わってきます。そして、ダメージが少ないパーマは存在しないと言っても過言ではないのです。

確かに「オーガニックパーマ」や「コスメパーマ」「水パーマ」というネーミングで「ダメージレスっぽい」パーマも多いですよね。それでも「パーマ」である以上、薬液を髪につけるということは避けられません。パーマとは薬の力で髪の成分に変化を加えるのですから、どうしても髪が傷むのです。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

【パーマ成功のポイント】髪質となりたいスタイリングをしっかり伝えよう

f-35
やっぱり、パーマが成功するかどうかはしっかりとしたカウンセリングがカギです。しっかり自分の髪質を理解してくれている美容師さんに、なりたいスタイリングを伝えるようにしましょう。

パーマの失敗談を聞いていると共通しているのは「初めて行った美容院でパーマをかけた」「パーマが安いという美容院へ行ってみた」ということ。つまり自分の髪質や施術遍歴を知らない美容師さんに任せてしまったというパターンにパーマの失敗は多いのです。

そして「デジタルパーマをかけてください」と漠然としたオーダーも失敗の元かも。例えば「毛先にこんなカールをかけてみたいからデジタルパーマを考えているんだけど、どうかな」と相談してみてはいかがでしょう。

なりたいスタイリングと検討しているパーマをしっかり伝えれば、美容師さんも的確なアドバイスをくれますよ。もしかしたら、なりたいスタイリングが実現しやすい別のパーマを提案してくれるかもしれません。

だからこそ、美容師さんとのカウンセリングってパーマをかける上で意外と重要なんですよ。例えば風邪をひいた時でも、初めて行く病院より、かかりつけのお医者さんに診てほしいですよね。自分の病歴をよく知ってくれているお医者さんの方が安心して治療を任せられます。

パーマの種類が多いからこそ、より長くキレイなパーマを選びたい。ぜひ、髪質となりたいスタイリングとマッチしたパーマで、ウルツヤパーマヘアを楽しみましょう。

→最新ヘアケアシャンプーランキングはこちら。

まとめ

いかがでしょうか。

いえーいゆか

・デジタルパーマは硬くて頑固な天然パーマにぴったり。しっかりヘアケアして長くパーマを楽しもう。

・細くて柔らかい猫っ毛にはエアウェーブがぴったり。髪の根元からしっかりカールさせてふわふわパーマヘアができる。

・自分の髪質や施術遍歴を知ってくれている美容師さんに、なりたいスタイリングを伝えてパーマの種類を決めよう。「安いから」というような理由で安易にパーマをかける美容院を決めると失敗に繋がる。

パーマって雰囲気が一気に華やかになってイメチェンにはもってこいですよね。ただ失敗してしまっては、まったくの逆効果。パサパサなパーマヘアになる前に、髪質とパーマの相性をしっかり考えてパーマを成功させることが大切なのです。