f-12

流行りの髪型が私にピッタリだと思う!

私は中学生の頃、よく自分で髪を切っていました。美容院に行きたいと親に言えば、安い美容院しか連れて行ってもらえないし、高い美容院に行く場合は自分のお小遣いで行くように言われて、いけませんでした。

しょっちゅう髪を切りたい衝動に駆られる私に、その都度美容院のお金をくれるほど優しい親ではありませんでした。贅沢な悩みですが、当時は「ケチな親だ」そう思っていました。

スポンサーリンク


そんなわけでよく自分で髪を切っていたのですが、その頃前髪が厚めで、ぱっつんとした髪型が流行っていて。私は額の形がМ字なので、横を向くと髪が流れてしまい、広いおでこが見えてしまいます。これも隠したくて。

自分にはその流行りの髪型があっているんじゃないかと思い、髪型が素敵なあるアイドルを見ながら鏡を机にセットして、はさみをもって切り始めました。切り始めはどうなることかと、期待半分、不安半分です。

なーんかうまくいかないな。

するとなかなかおでこをすべて覆うような前髪になってくれません。また、切っても整えると前髪の中に長い髪が混じって、それが気になってまた髪を切ることの繰り返しで、ずっと切り続けました。

後ろの髪を前にもってきて前髪にすると、何度もやり直しが効くような気がしてきてしまい、繰り返すうちにとんでもなく分厚い前髪になってしまいました。

ぱっつん前髪だけを作ろうと思っていたのに、自分で切ってできた髪型はマッシュルームみたいになってしまいました。サイドにはさみを入れすぎた髪型は耳も隠れていません。後ろ髪は長かったので、なんだかすごくおかしな髪型になっていました。

憧れから遠くかけ離れてしまいました。

前髪、正面の髪の量は多くて変なバランスです。自分でも切れば切るほどおかしくなっているのが分かり、焦ってなんとかしようとまた切るの繰り返しで。結局後ろ髪も切ってしまおうと思い、思いきって切ってしまいました。完全にはさみでロングヘアをショートヘアにしてしまった私。

翌朝、家族に髪を見られ、「なんて変な髪型にしちゃったの!どうすんの!」と怒られてしまいました。ザクザクに切ってしまった髪を直すために美容院に連れていかれ、なんとか普通のショートヘアになりました。

私の好きなアイドルはロングヘアでぱっつん厚めの前髪だったのに、全く違う髪型になってしまいました。ロングに憧れていたのに、いったいいつロングになれるのだろうかと思うほどの短い髪型になってしまい、がっくりとしました。親にも怒られるし、散々でした。やはり髪は自分で切るのではなく、美容院で切ってもらうのが確実だなと反省しました。

スポンサーリンク