【女子なのに】自分の頭皮が臭くてショック!どうしよう

仕事終わり、家でくつろいでいるとおっさんのような加齢臭がしてきてビックリしたこと、ありませんか。色々嗅いでみたけれど驚くことに臭いの根源は自分の頭皮だった、なんて超ショックですよね。

毎日ちゃんと頭を洗っているのに、しっかり汚れを落とせるシャンプーのはずなのに、どうして自分の頭皮はこんなに臭いんだろう。女子ならかなりショッキングな出来事でしょう。

えーんゆか

・頭をかいたら、かいた指が臭くなっていた。

・ドライヤーや風で自分の髪の香りが鼻まで届くと臭い。

・枕から加齢臭いがする。

意外にも、頭皮の臭い、頭の臭さに悩んでいる女性は増えています。ただし男性と同じような頭皮ケアをしていても臭いは改善されません。女性は女性の頭皮に合ったケアで臭いを消していきましょう。

→【頭の臭いの正体】原因を詳しく知りたい方はこちらも併せてどうぞ☆

自宅で今すぐできる簡単お手入れ!シャンプーの使い方を変えよう

まず、お手入れの超基本である髪の洗い方から変えることから考えてみましょう。頭が臭いなと感じたとき、あなたならどんな風に洗いますか。

女性の頭皮に臭いケアで大切なポイントは「ソフトに優しく洗いあげること」です。頭皮に傷がついてしまっては、臭いやフケが出てくる原因にもなります。シャンプーの泡はつけるだけでもちゃんと汚れを浮き上がらせてくれるためソフトにマッサージするだけでも十分なのです。

確かにゴシゴシと汚れや臭いを消し去るように洗いたくなるのですが、そこは我慢。指の先でも一番柔らかい部分で優しくソフトにシャンプーしてください。

→【朝シャン?夜シャン?】朝よりも夜の方が効果的だった!詳しくはこちら。

手順としてはまず頭皮をしっかりとぬるめのお湯で湿らせます。40度ではなくて37度くらいのぬるめな温度が理想的。続いて、シャンプーを頭につけるのですが、ここで一工夫していきます。

ずばり頭の臭いが気になるなら、先に手のひらでシャンプーを泡立てておくことが鉄則なのです。手にべちゃっとシャンプーを出して、そのまま頭皮につけずに、フワフワな泡を作ることが先。

ただ、手のひらで泡立てるってけっこう難しいんですよね。そんな不器用さんは泡立てネットを活用してみると簡単ですよ。私も体を洗うネットでシャンプーを泡立ててから使っています。ワンプッシュでもけっこう泡立ちます。

もちろん、洗顔用の泡立てネットでもGOOD。モチモチな泡で頭皮を包み込むイメージでシャンプーを頭に乗せてみましょう。あとは指でぐるぐると小さな丸を描くようにしながら洗って、流すだけ。

また、シャンプーを頭皮につけている時間は短め位がちょうどいいですよ。シャンプーを付けていた時間が1分半だとしたら、すすぐ時間は2分以上必要。シャンプーの時間よりもすすぐ時間を長めにとることも、頭皮の臭いを少なくするコツなのです。すすぎ残しは頭皮トラブルの元になってしまいますからね。

つまり、頭皮の臭いが気になるなら優しいシャンプーを心がけることがベストということ。シャンプーは泡立ててから、すすぎは長めに、お湯はぬるめに、徹底してソフトに洗いあげていきましょう。

ちなみに、洗浄力が強いシャンプーや石鹸系のシャンプーは臭いを強くさせてしまうことがあるため要注意。男性物のシャンプーを使ったり、石鹸で洗うという方法は女性の頭皮ケアにはおすすめできません。あくまでもソフトに洗いあげることが大切なのです。

簡単お手入れで臭いケア!ドライヤーの使い方を変えよう

次に頭皮ケアで大切なことはブローです。ブローをテキトーに済ませてしまうと臭いがひどくなることもあるんですよ。お風呂上りの寝る前は、必ずドライヤーを使ってばっちり湿気を取り除くようにしましょう。

例えば湿っている洗濯物ってイヤな臭いがしますよね。雑巾のような臭いをとることは一苦労です。これって髪も同じこと。湿気は雑菌を育てて臭いを発生させる元凶と心得ておいてください。

頭皮を臭くさせないドライヤーの使い方は二つ。「ゴシゴシタオルでこすらないこと」「根元の水分から乾かしていくこと」の二つです。

一つ目のポイントですが、お風呂上りにいきなりタオルで頭をこすって水分を取ることはNG。ポンポンポンと軽くタオルをあてて、水気を取ったらタオルを取り換えて肩にタオルをかけておくだけで良いのです。

次に、速やかにドライヤーで髪を乾かしていきます。髪が湿っている時間は短ければ短いほど良いです。早めに乾かすことが頭皮に臭いをつけさせないコツでもあります。

そしてドライヤーは必ず生え際からあてて、風の力で水分を毛先へ飛ばしていきましょう。熱風で乾かそうとすると熱のダメージが強くなり過ぎます。風の勢いで毛先へ水分を飛ばすようなイメージでブローすることがベストですね。

生え際の湿気が飛んで来たら、徐々に毛先へ風をずらしていきます。湿気を残さず、時間をかけてブローをすれば臭いは軽くなっていくでしょう。

つまり、シャンプーと同様に優しく頭皮を扱うことを心がけつつ、根元から水分を飛ばすことを意識してブローすることがポイントということ。とにかく湿気は頭皮にとって大敵。ブローは大切なヘアケアだと思って時間をかけて行ってください。

→【頭の臭いの正体】原因を詳しく知りたい方はこちらも併せてどうぞ☆

【簡単ヘッドスパ!?】臭いを防ぐ頭皮マッサージ

最後は頭皮をマッサージして臭いを防いでいくという改善方法です。といってもヘッドスパのような難しいテクニックは要りません。便利なお手入れアイテムを活用して簡単に頭皮の臭いを改善させていきましょう。

→【ヘッドスパって何がスゴイの?】今更聞けないヘッドスパの基本、詳しくはこちら。

一つ目のアイテムは「炭酸シャンプー」です。炭酸シャンプーとは、炭酸のシュワシュワとした泡で頭皮を刺激して血行促進、汚れも浮き上がらせて優しく、しかも効率的に洗いあげられるシャンプーのこと。

炭酸系のシャンプーは余計な手を加える必要はありません。炭酸の泡がちょうどよく頭皮を刺激してくれるため、自然と頭皮マッサージができちゃうんです。一番簡単な頭皮ケアグッズかもしれませんね。最近では美容院でもよく使われているので、いつも言っている美容院に取り扱いがあるか聞いてみても良いでしょう。

二つ目のアイテムは「頭皮クレンジング用オイル」です。化粧を落とすオイルを使うような感覚で使える、頭皮の汚れを落とすためのオイルがあります。

使い方は商品によって異なりますが、シャンプーの前にオイルを直接頭皮にもみ込み、洗い流すというシンプルな方法。油で脂を洗い流すという感じですね。特に、ベタベタとしてオイリーな頭皮にはぴったりかも。

そして、オイルのついた指を滑らするように頭皮を刺激すると、簡単ヘッドスパが体験できますよ。頭皮を上下左右にずらすような感覚でグリグリとマッサージすると血行も良くなり、顔色が良くなる、リフトアップされるといったことも期待できるのです。

中にはオイルでマッサージして洗い流さないという方法もあるのですが、個人的にはやっぱり洗い流すタイプを使用したいなと思いますね。なぜなら、オイルは頭皮に長くつけておくと酸化してきてしまう恐れもあるから。オイル初心者はかゆみやフケといったトラブルにつながることもあるため、オイルを使用したらしっかり洗い流す方が安心です。

とにかく、どの頭皮マッサージにも共通して言えることは「血行を良くする」「汚れを浮かび上がらせる」ということ。刺激を最小限にして頭皮を傷つけることなく、余計な汚れだけを洗い流すことが頭皮ケアのコツなのです。

→【頭の臭いの正体】原因を詳しく知りたい方はこちらも併せてどうぞ☆

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・頭皮の臭いが気になるなら優しいシャンプーを心がけることがベスト。シャンプーは泡立ててから、すすぎは長めに、お湯はぬるめに、徹底してソフトに洗いあげていこう。

・頭皮を臭くさせないドライヤーの使い方は「ゴシゴシタオルでこすらないこと」「根元の水分から乾かしていくこと」がポイント。

・頭皮マッサージにも共通して言えることは「血行を良くする」「汚れを浮かび上がらせる」ということ。刺激を最小限にして頭皮を傷つけることなく、余計な汚れだけを洗い流すことが頭皮ケアのコツ。

臭いのケアって本当に気を遣いますよね。知らない間に臭いと思われていたらどうしようと不安になってしまいます。お手入れを続けて、キレイで女性らしい香のする髪を手に入れましょう。