E-83

私を悩ませる癖毛!聞いてください青春時代の苦悩

私は生まれた時からひどい癖毛に悩んでいました。小さい頃から髪の毛がコンプレックで、常に縛っているか事が多かった幼少期。

中学に上がると、部活で汗をかき、夕方にはクルクル、チリチリです。本当にこの髪の毛が変わらないものか、坊主にしたら毛質が変わると聞いたことがあるので、本当に坊主にしようか悩んだこともありました。

スポンサーリンク


高校に入りアイロンデビューすると、もうアイロンを手放せず、日々アイロンを持ち歩きながら癖毛を直していました。そのせいか、ダメージにより毛先はチリチリになり、色も変わり、よく先生に怒られていたのを覚えています。

更に友達から「ストレートパーマ、縮毛矯正が効果的」と聞いたので、縮毛矯正をしました。ですが結局は、何だかツンツンした感じの仕上がりになってしまい、そんな髪型が嫌で嫌で。雑誌やテレビなどでゆるパーマが流行っているのを見て「なんで私だけこんな毛質なんだろう」と何回も涙したものです。

ゆるふわを目指してコテで巻いても、縮毛矯正をした髪が勝ってしまいます。ですが、どうしても毛先のみクルクルにパーマをしたくて、パーマをかけるもののパーマはかからず。ますます痛み出しました。

デジタルパーマ?そんなので本当にゆるふわパーマになるのかしら

そして私が高校を卒業した頃から、デジタルパーマというパーマが出始めてきました。デシパーデシパーと世間が騒ぎ出した時も、私はどんなパーマか知らずにいました。

社会人になり、働き出しお金も稼ぐようになり始めた辺りから、私は地元で人気の美容室に通うようになりました。いつもの様に、縮毛矯正をお願いした時、スタイリストさんから髪型について、とある提案をしていただいたのです。

提案とは「根元の癖は縮毛矯正で毛先はデジタルパーマでパーマをかけたらいいのでは?」という内容。デジタルパーマって聞いたことはあるけど実際どうなんだろう・・・私の頭の中はハテナ??がいっぱいだったのですが美容師さんはとても詳しく説明をして下さいました。

説明によると、縮毛矯正もデジタルパーマも一液二液と髪に塗布するという手順は一緒。なので「根元は縮毛矯正で癖を伸ばし、毛先はデジタルパーマでゆるい立体感のあるパーマにしましょう」とのこと。

そんな事ができるのかと私は目から鱗という気分でした。美容師さんのご提案にのっかることにした私は早速デジタルパーマに挑戦することになりました。今までずっと諦めていたゆるパーマにすごく胸が膨らみます。

アフターケアも完璧!もう私は癖毛で悩まない

そして施術が終わって、初デジタルパーマの仕上がりも大満足、天にも昇るような気持ちです。確かに説明通り、髪の癖は伸ばされ、毛先だけキレイにカールしているのですから。しかし、家に帰ってブローしてもうまくカールが出ないなど、意外とアフターケアに苦戦しました。

そんな日が2ヶ月過ぎ、根元がうねりだしたので、またいきつけの美容室へ。また、今回は乾かし方やカールの出し方を教わりながら縮毛矯正とデジタルパーマをかけてもらいました。

さすがプロのスタイリストさん。教え方も上手く、家に帰ってから真似てクルクルと乾かすと、きれいな縦ロールが出る様になりました。アフターケアもばっちりで、やっと憧れだった、ゆるパーマを手にした私。これはデジタルパーマ、長くリピートすることになりそうな予感です。

スポンサーリンク