E-69

みんなの憧れ、頼れる先輩にキュンキュンな私

学生時代の頃の話ですが、当時働いていた居酒屋のバイト先の2つ年上の先輩のことが好きでした。先輩は優しくて後輩思いで、先輩がいるだけで場が和むような私にとって完璧な先輩でした。

先輩のことを色々と知りたかったのですが、先輩の周りにはいつも人が集まるため近づくチャンスも中々ありませんでした。そんな時に、私にとって千載一遇となるチャンスが舞い降りたてきたのです。

スポンサーリンク


なんと、バイトメンバーで飲み会を開くということ。私はあまり飲み会には参加したことが無く、参加すべきか悩んでいたところ、先輩も行くと小耳に挟んだため私も行くことにしました。

先輩の好きなタイプを聞き出せた!でも・・・

そしてその飲み会では、皆酔いが回っていい感じに。楽しい時間を過ごしていると、バイト仲間が先輩に「ショートとロングだったらどっちがタイプ?」と私が最も気になっている質問をしました。

すると先輩は「ロングもいいけど、彼女にするなら断然ショートかな」と即答。この瞬間、私は泣きそうになったのです。

何故なら私はストレートのロングです。ずっとロングだったのですが、以前他の同僚から先輩はロング派だと聞いており、今までもそれからも自信を持ってロングを貫いていたのです。

飲み会が終わってから私はかなり悩みました。今まで一度たりともショートにしたことがなかったので似合うかどうかが分かりません。そして丸顔のため、ロングで誤魔化していた分ショートだと隠しきれないため、中々抵抗がありました。

しかし、、私は決断をしたのです。今までのロングを切り捨て、ショートにすることを。ただ普通にショートにするのも不安だったので、美容室にてショートとボブの中間程の長さにカットしてもらい、ふんわりパーマをかけてもらいました。

満を持したボブヘア、先輩の反応は?

そしてカットしてから初めてのバイトの日、先輩からは「えっ!ショートすっごい似合ってるよ別人みたい」と言われました。先輩の反応が良かったことに私はホッとしました。

そして、髪をカットしてからは私は何故かちょこちょこ先輩が絡んでくることが増えていきました。更に、たまたまバイト先の倉庫で先輩と2人きりになった時に先輩から「もし違ったら本当にごめん。もしかして、俺のこと好きなの?」と聞かれたのです。

私はパニック状態になりつつも、「はい!」と返事をしました。今思うと、飲み会の後すぐにショートにしたのでバレバレですよね。この突然の告白がきっかけでメアドを交換し、なんと付き合うことになったのです。

先輩と付き合えるようになったのは、まさしくショートにしたお陰ですよね。実際自分で言うのもなんですが、これまで何があってもロング一本だったのが馬鹿らしくなるくらい、ショートの方が自分には似合ってました。ショートが似合うことを気付かせてくれた先輩には色んな意味で感謝してます。

スポンサーリンク