ノンシリコンシャンプーってどう選ぶ?ドラッグストアで迷っちゃう!

ノンシリコンシャンプーが登場して以来、ノンシリコン系のアイテムは大人気。シャンプーは絶対ノンシリコンシャンプーを選んでいるという女子は多いですよね。

うーんゆか

ですがノンシリコンシャンプーが多くなり過ぎて、ドラッグストアで困ってしまった経験はないでしょうか。みんな何を基準にノンシリコンシャンプーを選んでいるの?正しいノンシリコンシャンプーの選び方ってあるの?そんな疑問を感じますよね。


中にはノンシリコンシャンプーでも髪に刺激の強いものもあるので要注意。ノンシリコンシャンプーの選び方に迷ったときには、見るべきポイントがあります。ドラッグストアで上手にノンシリコンシャンプーを選ぶ方法、まとめてみました。

【ノンシリコンシャンプー】ドラッグストアでの選び方!注目はアミノ酸系

ノンシリコンシャンプーの上手な選び方、それは「洗浄力」をチェックすることです。洗浄力の強すぎない、髪に低刺激な洗浄成分を使っているかを見ることがノンシリコンシャンプーの正しい選び方なのです。ドラッグストアでノンシリコンシャンプーを手に取ったら、まずは成分表を見てみて下さい。

すっかり有名になりましたが「ラウレス硫酸」「オレフィンスルホン酸」といった成分は、シャンプーによく配合されている洗浄成分です。ですが、少々洗浄力が強い傾向にあります。ノンシリコンシャンプーでも洗浄成分が強すぎると髪への刺激が強くなってしまいます。せっかくノンシリコンシャンプーを選んでいるのに、髪に刺激が強いなんて台無しですよね。

一方、最近増えてきている「ベタイン系」の洗浄成分は、それほど洗浄力が強すぎず髪を優しく洗いあげることができます。特にアミノ酸シャンプーなどに多く配合されている洗浄成分ですね。

いえーいゆか

つまり、ノンシリコンシャンプーの選び方に迷ったときは「アミノ酸シャンプー系のノンシリコンシャンプー」を選ぶということがポイントなのです。

他にもノンシリコンシャンプーってたくさん種類がありますよね。特に「オーガニック」「ボタニカル」といった言葉を基準にノンシリコンシャンプーを選ぶ方も多いでしょう。ですが、オーガニックを選ぶことが上手なノンシリコンシャンプーの選び方なのでしょうか。

実は、オーガニックだから安心ということではありません。オーガニック系のノンシリコンシャンプーでも、成分表を見てみると刺激の強い洗浄成分を使っていることは多々あります。中にはオーガニック成分なんてほんのちょこっとした使っておらず、ほとんどは洗浄成分や添加物であるということもあるのです。

やっぱり、ノンシリコンシャンプーを選ぶ時には洗浄成分をチェックすることが欠かせません。「何となく髪に良さそうなパッケージだから」「オーガニックと書いてあるから」というノンシリコンシャンプーの選び方ではなく、シャンプーの肝である「洗浄力」で選ぶようにしましょう。

ちなみに、ノンシリコンシャンプーの一種に「石鹼シャンプー」があります。ちょっと特殊なシャンプーの種類ですね。石鹼シャンプーには確かにシリコンが入っていないことがほとんど。では、ドラッグストアで石鹸シャンプーを選べば、ノンシリコンシャンプーのような効果が得られるのでしょうか。

答えは「NO」です。石鹼シャンプーは確かにシリコンが使用されていませんが、それ以前に洗浄力が強すぎます。石鹼シャンプーは皮脂が多いタイプの髪を洗うにはさっぱりと洗えるのですが、扱い方が難しくキシキシ感やパサパサ感が出やすくなってしまうのです。

ですから「石鹸って優しそうだし、ノンシリコンだから使ってみよう」と選ぶことのないよう気を付けましょう。石鹼シャンプーについては別の記事でも解説していますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

→【石鹸シャンプーって髪にいいの?】基本情報から使い方まで、詳しくはこちら。

【メリットとは】ノンシリコンシャンプーを選ぶ理由って何?

ところで、ノンシリコンシャンプーを選ぶ理由ってなんだと思いますか?なんとなくノンシリコンという響きは髪に良さそうなのですが、具体的なメリットって一体何なのでしょう。

ノンシリコンシャンプーを使うメリットは「髪をコーティングしすぎないこと」にあると私は思います。だから、ノンシリコンシャンプーを使うなら、髪がぺしゃんこになりやすい人、ボリュームの出しずらい髪質の方に向いています。髪の細いタイプは髪をコーティングしすぎてしまうと、余計にシナシナとした弱々しい髪の印象になってしまうのです。

そもそもシリコンをシャンプーに入れる理由は「髪をコーティングするため」「髪をコーティングして摩擦を少なくするため」です。シリコンで髪の表面に膜を貼って、余計な摩擦を髪に与えない様にすることで髪を傷みにくくさせることが、シリコン入りシャンプーの特徴。更にはシリコンで髪の表面を包むことでツヤツヤとして見せることもできます。

つまり、髪にハリのある、硬い髪質なら、シリコンがある程度入っている方がツヤツヤとした髪を作ることができるということですね。反対に、コシの弱くなってきた髪、ぺしゃんこになりやすい細い髪質の場合、あまりにも髪をコーティングしすぎてしまうと逆効果なのです。

いえーいゆか

髪が細くボリュームを出したいなら、できるだけ髪をコーティングさせずに髪の根元を立ち上がらせることが大切ですからね。だから、ノンシリコンシャンプーは「髪がすぐぺしゃんこになる」「髪が細くてコシがない」という悩みを持っている方が選ぶとGOOD。先ほども書いたような正しい選び方をして、理想のスタイリングをしやすい髪を作っていっていきましょう。


では、反対にノンシリコンシャンプーと相性の悪い髪質もあるということになりますよね。そうなんです、ノンシリコンシャンプーはどんな髪にも合うということではないのです。

例えば、髪がゴワゴワと硬い、頑固な天然パーマだという髪質の場合、あまりノンシリコンシャンプーを使うメリットは少ないと言えるでしょう。シャンプーを選ぶ時には、シリコン入りの方がかえって効果的ですね。ノンシリコンシャンプーを使ってしまうと、更にゴワゴワ感が増してしまうかもしれません。

また、絡まりやすい髪質の場合もノンシリコンシャンプーを選ぶと、より一層髪が絡まってしまうかもしれません。なぜなら、シリコンは摩擦を少なくして、ツヤを増すという役割を持っているから。ギシギシと絡まった髪は潤滑油といれて、スムーズにほどけるようにしなくてはいけません。ですが、ノンシリコンシャンプーは潤滑油の役割をしてくれる「シリコン」が入っていませんよね。だから、余計に髪が絡まったり、キシキシとした手触りになりやすいのです。

そう、ノンシリコンシャンプーを選べば美髪になるというものではないのです。髪質によってノンシリコンシャンプーとの相性は合う、合わないが分かれてきます。

【シャンプーの選び方ポイント】そもそもノンシリコンシャンプーって?シリコンだって使う理由がある

ここまで読んでいただいて、何となく分かっていただけたかと思いますが、シリコンって実は体に直接的な害を与える成分ではありません。シリコンは「髪にツヤを出す」「摩擦を減らす」という理由で使われる成分なのです。

シャンプーにシリコンを入れる理由はちゃんとあったんですね。だから「シャンプーの選び方はシリコンが入っているかどうかだ」と考えている方はちょっと間違い。選び方の基準を改めましょう。

そもそも、シャンプーにシリコンが入っている場合でも成分表には「シリコン」とは書かれていません。シャンプーを選ぶ時、ドラッグストアで「シリコンってどこにも書いてないな」と不思議に思った方も多いでしょう。「ジメチコン」や「ジメチコノール」という成分が、シリコンにあたるものです。

いえーいゆか

実は、シリコンはシャンプー以外にも化粧品や保湿クリームにも多く使われています。肌や髪をコーティングして保湿をしたりツヤを出すことがシリコンを使うメリットです。

しかもお風呂で簡単に洗い流すことができるという特徴もあり、化粧品やヘアケアアイテムに長年使い続けられてきた成分なんですよ。

どうしても「ノンシリコンシャンプーは質の良いシャンプーだ」という印象が強くなっていますが、シリコンの有無を見ることが正しいシャンプーの選び方ではありません。シャンプーは髪を洗う洗剤です。どの位の洗浄力なのか、自分の髪質はノンシリコンシャンプーと相性が良いのか、そんなことを考えながらドラッグストアでシャンプーを選べるようになりましょう。

まとめ

いかがでしょう。

いえーいゆか

・洗浄力の強すぎない、髪に低刺激な洗浄成分を使っているかを見ることがノンシリコンシャンプーの正しい選び方。特に、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーは要チェック。

・ノンシリコンシャンプーを使うなら、髪がぺしゃんこになりやすい人、ボリュームの出しずらい髪質の方に向いている。髪の細いタイプはシリコンでコーティングしすぎてしまうと、弱々しい髪の印象になってしまうから。

・シリコンは体に直接的な害を与える成分ではない。シリコンは「髪にツヤを出す」「摩擦を減らす」という理由で昔から使われている成分。


シャンプーの選び方って人それぞれですよね。パッケージで選ぶ人、口コミを見て選ぶという人、様々。ですが、シャンプーを選び方ひとつで髪質はガラリと変わります。シャンプーはパッケージ買いせずに、一度成分表に目を通すだけでも質の良いものをチョイスできますよ。